Hatena Blog Tags

寄生虫

(マンガ)
よりうむし

漫画家。
別ペンネームに増田晴彦
魅せられた狩人 (MMコミックス)
R姉弟(あーるしてい) 上 (シーズコミック)

R姉弟(あーるしてい) 下 (シーズコミック)

R姉弟(あーるしてい) 下 (シーズコミック)

リスト::漫画家リスト::エロ漫画家

寄生虫

(サイエンス)
きせいちゅう

寄生生活をする動物。

  • 宿主の体の内部に寄生するもの(カイチュウ・サナダムシなど)と外部に寄生するもの(ナンキンムシ・ダニなど)とに分ける。寄生動物。
  • 他人の財産を食い物にし、また他人の労力などに頼って生活する者。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

◎私にしつこく付きまとい、ストーカーしてくる全く知らない、全く面識もなく、誰なのかも分からない、ものすごく汚い身なりで、縁も縁もない乞食みたいに汚らしい清掃員の寄生虫馬鹿おじさんは何者なの? 私に清掃関係者に知り合いはいない。 以前、寄生虫の関係会社だった健康食品会社で働いていた時、入社する前に全く面識がなく、入社後も個人的な付き合いのない女性上司より、清掃員からゴミ箱の中に缶が入っていたと言われた。否定したが、私は絶対にゴミ箱に缶を入れていないのに冤罪を着せられそうになった。寄生虫は本当の卑怯者だから

◎私にしつこく付きまとい、ストーカーしてくる全く知らない、全く面識もなく、誰なのかも分からない、ものすごく汚い身なりで、縁も縁もない乞食みたいに汚らしい清掃員の寄生虫馬鹿おじさんは何者なの? 私に清掃関係者に知り合いはいない。以前、寄生虫の関係会社だった健康食品会社で働いていた時、入社する前に全く面識がなく、入社後も個人的な付き合いのない女性上司より、清掃員からゴミ箱の中に缶が入っていたと言われた。否定したが、私は絶対にゴミ箱に缶を入れていないのに冤罪を着せられそうになった。寄生虫は本当の卑怯者だから、寄生虫の仲間である清掃員が嘘をついて、私を陥れようとしたということが、この見ず知らずの寄生虫…

◎私にしつこく付きまとい、ストーカーしてくる全く知らない、全く面識もなく、誰なのかも分からない、ものすごく汚い身なりで、縁も縁もない乞食みたいに汚らしい清掃員の寄生虫馬鹿おじさんは何者なの? 私に清掃関係者に知り合いはいない。 以前、寄生虫の関係会社だった健康食品会社で働いていた時、入社する前に全く面識がなく、入社後も個人的な付き合いのない女性上司より、清掃員からゴミ箱の中に缶が入っていたと言われた。否定したが、私は絶対にゴミ箱に缶を入れていないのに冤罪を着せられそうになった。寄生虫は本当の卑怯者だから

◎私にしつこく付きまとい、ストーカーしてくる全く知らない、全く面識もなく、誰なのかも分からない、ものすごく汚い身なりで、縁も縁もない乞食みたいに汚らしい清掃員の寄生虫馬鹿おじさんは何者なの? 私に清掃関係者に知り合いはいない。以前、寄生虫の関係会社だった健康食品会社で働いていた時、入社する前に全く面識がなく、入社後も個人的な付き合いのない女性上司より、清掃員からゴミ箱の中に缶が入っていたと言われた。否定したが、私は絶対にゴミ箱に缶を入れていないのに冤罪を着せられそうになった。寄生虫は本当の卑怯者だから、寄生虫の仲間である清掃員が嘘をついて、私を陥れようとしたということが、この見ず知らずの寄生虫…

◎私にしつこく付きまとい、ストーカーしてくる全く知らない、全く面識もなく、誰なのかも分からない、ものすごく汚い身なりで、縁も縁もない乞食みたいに汚らしい清掃員の寄生虫馬鹿おじさんは何者なの? 私に清掃関係者に知り合いはいない。 以前、寄生虫の関係会社だった健康食品会社で働いていた時、入社する前に全く面識がなく、入社後も個人的な付き合いのない女性上司より、清掃員からゴミ箱の中に缶が入っていたと言われた。否定したが、私は絶対にゴミ箱に缶を入れていないのに冤罪を着せられそうになった。寄生虫は本当の卑怯者だから

◎私にしつこく付きまとい、ストーカーしてくる全く知らない、全く面識もなく、誰なのかも分からない、ものすごく汚い身なりで、縁も縁もない乞食みたいに汚らしい清掃員の寄生虫馬鹿おじさんは何者なの? 私に清掃関係者に知り合いはいない。以前、寄生虫の関係会社だった健康食品会社で働いていた時、入社する前に全く面識がなく、入社後も個人的な付き合いのない女性上司より、清掃員からゴミ箱の中に缶が入っていたと言われた。否定したが、私は絶対にゴミ箱に缶を入れていないのに冤罪を着せられそうになった。寄生虫は本当の卑怯者だから、寄生虫の仲間である清掃員が嘘をついて、私を陥れようとしたということが、この見ず知らずの寄生虫…