小泉純一郎

小泉純一郎

(社会)
こいずみじゅんいちろう

1942年1月8日生まれ。神奈川出身の政治家。横須賀市出身。
元衆議院議員。自民党元総裁。元内閣総理大臣。シンクタンク国際公共政策研究センター」顧問。慶應義塾大学卒業。バツイチ独身
「親米保守」というようには見られているが、思想信条では郵政民営化を実現させたこともあり、「新自由主義者」として知られている。それを含めて、日本・台湾を含めた東アジア全体から非難の的となった靖国神社参拝を積極的に行ったことから「リベラル右派」と見受けられている。

概略

1969年、父・純也氏の死を受けて急遽留学先から帰国、立候補するも落選。
1972年以来、衆議院に12期連続当選。現在の選挙区は神奈川11区(横須賀市、三浦市) 。
2001年4月、第87代内閣総理大臣・第20代の自由民主党総裁に就任。
2003年11月、第88代内閣総理大臣に就任。
2005年9月、第89代内閣総理大臣に就任。
2006年9月、内閣総理大臣を退任。在任期間1,980日間は、第二次世界大戦後の総理大臣で第3位。
2007年3月12日、国際公共政策研究センターを設立*1
2009年7月、衆議院解散と同時に政界引退。

家系

祖父(小泉又次郎)、父(小泉純也)に続く政治家一族の3代目。
息子は長男で俳優の小泉孝太郎と、次男で政治家の小泉進次郎がいる。

ニックネーム

純ちゃん

「Dr.スランプアラレちゃん」に登場するDr.マシリトに似ているため、ごくまれに「マシリト」とも呼ばれることも

文化的宰相

エルビス・プレスリーの大ファン。好きな曲の一つにX Japanの「Forever Love」がある。また、オペラ・歌舞伎・映画観賞が趣味。
「似ている」と常日頃言われるリチャード・ギアと対面し、「Shall we ダンス?」(ギアはハリウッド版リメイク映画のPRの一環で来日していた)とばかりに、取材陣に踊るポーズを取ったことも。
首相任期終盤にはジョージ・W・ブッシュ大統領の案内で、アメリカ・メンフィスにある「エルヴィス・プレスリー記念館」を訪れたたが、そこでプレスリーの使用していた眼鏡を掛けさせてもらったり、ブッシュ氏の前で「エアギター」を披露するなどしてはしゃぐ姿がマスコミのカメラに捉えられ、一部の方面では物議をかもした。

ワイン通

政界随一のワイン通で、1998年に「ボルドーワイン振興に貢献した」として、世界のワイン名士・著名人に贈られるメドック・グラーヴ・ボンタン騎士団騎士に選ばれている。

発言集

「人を動かすのは計算ではない」(2回目となる総裁選で予想に反する惨敗をきした後の会見で涙を見せながら)
人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろです」(第159回国会衆議院決算行政監視委員会での答弁)
自民党をぶっ壊す!」(2001年自由民主党総裁選挙でのキャッチフレーズ)
「痛みに耐えて、よく頑張った!感動した!」(2001年夏場所で、ケガを押して出場し優勝した貴乃花に対して)
ほかにも「抵抗勢力」「改革なくして成長なし」「三位一体の改革」「聖域無き構造改革」「郵政民営化の是非を問う選挙(2005年9月)」といった、ワンフレーズで対象を捉え発言する事が多いイメージがある。

国民年金保険料納付についていまだ口を閉ざす。http://f40.aaacafe.ne.jp/~matome/

関連キーワード

  • 政治家
  • 国会議員

ネットの話題: 小泉純一郎

人気

新着

新着ブログ: 小泉純一郎