掌蹠膿疱症

(サイエンス)
しょうせきのうほうしょう

ウミが溜まった膿疱と呼ばれる皮疹が手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)に数多くみられる病気。
周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返す。ときに、足と手のほかにスネや膝にも皮疹が出ることがあり、皮疹は小さな水ぶくれ(水疱)が生じ、次第に膿疱に変化じる。その後、かさぶた(痂皮)となり、角層(皮膚の最表層にある薄い層)がはげ落ちた後、これらの皮疹が混じった状態になる。出始めに、かゆくなる。
また、鎖骨や胸の中央(胸鎖肋関節症)やその他の関節が痛くなることがある。
足の皮疹は水虫によく似ているため、診断をはっきりさせるために皮膚表面の角層を一部取り、顕微鏡で調べて、水虫を起こすカビ(白癬菌)がいるかどうか調べる必要がある。その他、間違いやすい皮膚病としてかぶれ(接触皮膚炎)や乾癬、アトピー性皮膚炎などがある。なお、膿疱は無菌性。
女優の奈美悦子は、2004年年、この病気のため芸能活動を休業した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ