東京メトロ東西線

東京メトロ東西線

(地理)
とうきょうめとろろうざいせん

東京地下鉄東京メトロ)の地下鉄路線。 中野西船橋間30.8km。ラインカラーは水色。

路線の特徴

東京メトロでは最長の路線であり、路線の約半分近くが千葉県に位置していることや、東陽町以東では大部分が地上区間になっており、快速も通過運転を行っていることから、東陽町〜西船橋間は東京メトロの地下鉄路線でありながら郊外電車色が強い。また、東京メトロでは最も混雑する路線となっており、混雑率は私鉄でもワーストクラスである。このためワイドドア車が18編成在籍している。

相互直通運転

JR総武緩行線(西船橋−津田沼間、平日朝夕のみ)・JR中央緩行線(中野−三鷹間)・東葉高速線(西船橋−東葉勝田台間)と相互乗り入れを行っている。
3社にわたって直通できるのは東京メトロの車両のみで、JRの車両は東葉高速線に、東葉高速の車両はJR線に直通できない。

快速

東京メトロの路線でも数少ない、自社線内にも通過駅のある「快速」があり、昼間時は15分間隔で運転されている。快速の停車駅は中野−東陽町間の各駅と、浦安・西船橋である。
平日朝ラッシュ時には通勤快速もあり、こちらは中野−浦安間の各駅と西船橋に停まる。

年表

1964年12月23日 高田馬場−九段下間開業
1966年3月16日 中野−高田馬場間、九段下−竹橋間開業
1966年4月28日 中央線(中野−荻窪間)への直通運転を開始
1966年10月1日 竹橋−大手町間開業、中央線からの乗り入れも開始
1967年9月14日 大手町−東陽町間開業
1969年3月29日 東陽町−西船橋間開業
1969年4月8日 総武線(西船橋−津田沼間)へ直通運転を開始、同時に中央線との相互直通運転は三鷹まで拡大
1972年10月2日 国鉄車の津田沼直通を開始
1978年2月28日 荒川鉄橋上で突風による電車横転事故発生
1996年4月27日 東葉高速線開業、相互直通運転開始
2000年1月22日 妙典駅開業

駅番号 駅名 よみ
“えき”は略
所在地 接続路線
T-01 中野駅 なかの 東京都中野区中野 JR中央・総武緩行線(相互直通運転)
中央快速線
T-02 落合駅 おちあい 東京都新宿区上落合
T-03 高田馬場駅 たかだのばば 東京都新宿区高田馬場 JR山手線
西武新宿線
T-04 早稲田駅 わせだ 東京都新宿区早稲田南町
T-05 神楽坂駅 かぐらざか 東京都新宿区矢来町
T-06 飯田橋駅 いいだばし 東京都千代田区飯田橋 有楽町線・南北線
都営大江戸線
JR中央・総武緩行線
T-07 九段下駅 くだんした 東京都千代田区九段南 半蔵門線
都営新宿線
T-08 竹橋駅 たけばし 東京都千代田区一ツ橋
T-09 大手町駅 おおてまち 東京都千代田区大手町 丸ノ内線・千代田線・半蔵門線、都営三田線
(以下 東京駅)東海道新幹線、東北新幹線、上越新幹線、長野新幹線
JR山手線、京浜東北線、中央快速線、京葉線
東海道線、総武快速線、横須賀線
T-10 日本橋駅 にほんばし 東京都中央区日本橋 銀座線
都営浅草線
T-11 茅場町駅 かやばちょう 東京都中央区日本橋茅場町 日比谷線
T-12 門前仲町駅 もんぜんなかちょう 東京都江東区門前仲町 都営大江戸線
T-13 木場駅 きば 東京都江東区木場
T-14 東陽町駅 とうようちょう 東京都江東区東陽
T-15 南砂町駅 みなみすなまち 東京都江東区南砂
T-16 西葛西駅 にしかさい 東京都江戸川区西葛西
T-17 葛西駅 かさい 東京都江戸川区中葛西
T-18 浦安駅 うらやす 千葉県浦安市北栄
T-19 南行徳駅 みなみぎょうとく 千葉県市川市相之川
T-20 行徳駅 ぎょうとく 千葉県市川市行徳駅前
T-21 妙典駅 みょうでん 千葉県市川市妙典
T-22 原木中山駅 ばらきなかやま 千葉県船橋市本中山
T-23 西船橋駅 にしふなばし 千葉県船橋市西船 JR中央・総武緩行線(相互直通運転)
武蔵野線・京葉線
東葉高速鉄道(相互直通運転)

東西線が持つ地下鉄ナンバーワン

車両

05系、07系と15000系が使用されている。05系は製造が長期にわたったため、大きく前期車と後期車の2タイプに分かれ、さらにその中でも細かい仕様の違いがある。05系の一部と15000系はワイドドア車となっており、平日は固定運用についている。JRからはE231系800番台、東葉高速線からは05系13次車と共同開発された2000系が乗り入れてくる。全列車10両編成。

リスト::鉄道路線

ネットの話題: 東京メトロ東西線

人気

新着

新着ブログ: 東京メトロ東西線