浪花節

(アート)
なにわぶし

語り物の一。江戸末期、大坂で説経節・祭文(さいもん)から出たもの。三下りの三味線を伴奏に、節と啖呵(たんか)の部分よりなる。講釈・人情噺・歌舞伎小説などから取材し、明治以後隆盛をみた。古くは、ちょんがれ節・ちょぼくれ・うかれ節などとも呼ばれた。浪曲

三省堂「大辞林 第二版」より

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ