田中陽造

(映画)
たなかようぞう

脚本家。1939年生まれ。初期の鈴木清順の脚本を手がけ、にっかつロマンポルノで「花と蛇」や「生贄夫人」、さらに復活・鈴木清順の「ツィゴイネルワイゼン」や「陽炎座」や、「セーラー服と機関銃」などの脚本を担当。


早稲田大学卒。大学時代のシナリオ研究会で大和屋竺と知り合う。日活入社後に、鈴木清順を中心とする脚本家グループ『具流八郎』を大和屋竺、木村威夫曾根中生、岡田裕、山口清一郎、榛谷泰明とともに結成。
のち、曽根中生、神代辰巳、大和屋竺、小沼勝監督らとにっかつロマンポルノの全盛期をつくる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ