貞観政要

(読書)
じょうがんせいよう

唐の太宗・李世民の治世を記した書。
中国古典の一つ。唐の中宗が再び帝位に就くとき、史官の呉兢が献じた。李世民の時のような立派な政治を願って記した。
北条政子徳川家康が愛読した帝王学のテキストとしても知られる。「創業と守成いずれが難き」の出典。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ