阿川弘之

阿川弘之

(読書)
あがわひろゆき

作家。
日本海軍提督三部作といわれる歴史評伝「山本五十六」「米内光政」「井上成美」以外に、鉄道ものの旅行記などがある。
1920年(大正9年)12月24日、生まれ。広島県出身。
1942年(昭和17年)、東京帝国大学文学部国文学科を繰り上げ卒業。海軍予備学生として入隊。
1945年(昭和20年)、中国で敗戦を迎え、捕虜となった。
1946年(昭和21年)、復員。
1952年(昭和27年)、「春の城」で読売文学賞を受賞。
1979年(昭和54年)、日本芸術院会員。
1994年(平成6年)、評伝「志賀直哉」で、野間文芸賞毎日出版文化賞を受賞。
1999年(平成11年)、文化勲章を受章。
2015年(平成27年)8月3 日、死去。
阿川尚之は息子、阿川佐和子は娘。

主な著作

  • 魔の遺産(1954)
  • 雲の墓標(1956)
  • 夜の波音(1957)
  • お早く御乗車ねがいます(1958)
  • なかよし特急(1959)
  • カリフォルニヤ(1959)
  • きかんしゃやえもん(1959)
  • 空旅・船旅・汽車の旅(1960)
  • ぽんこつ(1960)
  • 坂の多い町(1960)
  • 青葉の翳り(1961)
  • ぽんこつ・ぱとろうる(1961)

ネットの話題: 阿川弘之

人気

新着

新着ブログ: 阿川弘之