スマートフォン用の表示で見る

エッセンシャルオイル

一般

エッセンシャルオイル

えっせんしゃるおいる

日本語では精油アロマセラピーで使用する植物から抽出したオイル。濃縮された効能エキスが含まれており、アロマセラピーではごく少量を使用する。

精油は通常キャリアオイルと呼ばれる植物油などと混ぜてトリートメントに使用したり、精製水やグリセリン、無水エタノールなどと混ぜて、ルームフレグランス化粧水などに使用する。

原液のまま使えるのはラベンダーとティートゥリーのみとされているが、この2つに関しても純度の高いオイルをごく少量、やけど等の治療に使う場合のみ許される。

肌に付ける物を作る場合は、図書などを利用して必ず分量を守って使うこと。


使用期限について:瓶の開封後、柑橘系は数ヶ月〜半年以内。その他のオイルも1〜2年以内には使いきりたい。それを過ぎてしまった場合は、アロマポットなどで室内での芳香浴に利用することを推奨する。

※雑貨店や100円ショップなどで売られている安価なオイルの中には単なる香りをつけただけのアロマエッセンスが多く、それは芳香を楽しむものとして使用するため、肌に使用してはならない。