スマートフォン用の表示で見る

パラパラ

音楽

パラパラ

ぱらぱら

音楽にあわせて集団で同じ振り付けで踊るダンス。

基本的にはEUROBEATに合わせて踊るが、

TECHNOTRANCEで踊ったりJ-POPで踊ったりする場合もあり、

CLUBで踊る時に、

流れる曲に合わせて振り付けで踊るというが定義として妥当。

第一次パラパラブーム

常連客同士がパラパラを作り輪になって踊っていた。

初めて来た客や慣れてない客は、

常連客のパラパラを見て踊っていた。

当時はパラパラという言葉はなかった。

第二次パラパラブーム

ディスコで有名なMAHARAJAが発信源。

DJ黒服が盛り上げ時にEUROBEATに合わせて振り付け、

客がそれに合わせて踊っていた。

この時もまだパラパラという言葉はなかった。

第三次パラパラブーム

ディスコ衰退後CLUBへと流行は代わり、

パラパラブームを姿を変えた。

今度はavexTWINSTARが共同プロデュース、

avex発売のEUROBEATのCDをTWINSTARでパラパラとして発信する、

そんなスタイルが主流となった。

パラパラという言葉はこの時ついに登場となった。

常連単位や店単位ではなくレーベルという規模の単位なので、

今度はTV等の宣伝活動も成果もあってパラパラという名前は全国に広がり、

CLUBやディスコに無関係な人達にまで浸透していった。

パラパラのビデオ(パラビ?と略して言うのが通)も発売され、

又、PARAPARA ALLSTARS?というユニットがデビューする等、

第三次パラパラブームは大規模なブームとなった。