スマートフォン用の表示で見る

伊勢崎線

地理

伊勢崎線

いせさきせん

東武鉄道鉄道路線

浅草駅・押上〜伊勢崎間で、浅草・押上〜東武動物公園駅間は「東武スカイツリーライン」の愛称が与えられている。

狭義には東武スカイツリーラインとなっていない、東武動物公園〜伊勢崎間をさす。

有料特急

有料特急として「りょうもう」がある。主に浅草〜太田・赤城間の運行だが、伊勢崎発着と佐野線直通葛生発着も1往復ずつある。

年表

1899年8月 北千住久喜間開通

1902年4月 北千住吾妻橋(現・とうきょうスカイツリー)間開通

1902年9月 久喜加須間開通

1903年4月 加須−川俣(利根川南岸)間開通

1904年4月 亀戸線開通、曳舟吾妻橋間廃止

1907年8月 川俣−足利町(現・足利市)間開通

1908年3月 曳舟吾妻橋間再開通(貨物専用)

1909年2月 足利町−太田間開通

1910年3月 曳舟浅草(旧・吾妻橋、現・とうきょうスカイツリー)間旅客営業再開、太田−新伊勢崎間開通

1910年7月 新伊勢崎伊勢崎間開通

1924年10月 浅草(現・とうきょうスカイツリー)−西新井間電化

1925年8月 西新井−越谷間電化

1926年10月 越谷−粕壁(現・春日部)間電化

1926年12月 粕壁−久喜間電化

1927年10月 久喜館林間電化

1927年10月 館林伊勢崎間電化

1931年5月 浅草雷門(現・浅草)−業平橋間開通

1962年5月 北千住営団(現・東京メトロ日比谷線との相互直通運転開始

1969年9月 急行りょうもう」に1800系車両使用開始

1999年3月 「りょうもう」を特急とする

2003年3月 業平橋押上)−曳舟間線増、押上営団(現・東京メトロ半蔵門線との相互直通運転開始

2012年3月 業平橋駅をとうきょうスカイツリー駅に改称、浅草押上 - 東武動物公園間に「東武スカイツリーライン」の愛称を付与、駅ナンバリング導入

曳舟駅〜東武動物公園駅間は急行停車駅のみ掲載。他の駅は「東武スカイツリーライン」参照

駅番号駅名よみ
“えき”は略
乗換
TS-01浅草駅あさくさ東京メトロ銀座線都営浅草線
TS-02とうきょうスカイツリー駅とうきょうスカイツリー-
TS-03押上駅
(スカイツリー前)
おしあげ東京メトロ半蔵門線
京成押上線都営浅草線
TS-04曳舟駅ひきふね亀戸線
TS-09北千住駅きたせんじゅ東京メトロ日比谷線千代田線(JR常磐緩行線)
JR常磐快速線つくばエクスプレス
TS-13西新井駅にしあらい東武大師線
TS-16草加駅そうか-
TS-20新越谷駅しんこしがやJR武蔵野線
TS-21越谷駅こしがや-
TS-24せんげん台駅せんげんだい-
TS-27春日部駅かすかべ野田線
TS-30東武動物公園駅とうぶどうぶつこうえん東武日光線
TI-01和戸駅わど-
TI-02久喜駅くきJR宇都宮線
TI-03鷲宮駅わしのみや-
TI-04花崎駅はなさき-
TI-05加須駅かぞ-
TI-06南羽生駅みなみはにゅう-
TI-07羽生駅はにゅう秩父鉄道
TI-08川俣駅かわまた-
TI-09茂林寺前駅もりんじまえ-
TI-10館林駅たてばやし佐野線小泉線
TI-11多々良駅たたら-
TI-12県駅あがた-
TI-13福居駅ふくい-
TI-14東武和泉駅とうぶいずみ-
TI-15足利市駅あしかがし-
TI-16野州山辺駅やしゅうやまべ-
TI-17韮川駅にらがわ-
TI-18太田駅おおた桐生線小泉線
TI-19細谷駅ほそや-
TI-20木崎駅きざき-
TI-21世良田駅せらだ-
TI-22境町駅さかいまち-
TI-23剛志駅ごうし-
TI-24新伊勢崎駅しんいせさき-
TI-25伊勢崎駅いせさきJR両毛線

運行形態

運行系統は久喜館林で分かれており、日中は久喜で乗り換えとなるが、朝夕は区間急行区間準急が一部直通で運行する。館林〜太田間は一部、太田〜伊勢崎間は全列車(特急除く)がワンマン運行を行っている。

車両

準急急行には50050系東京メトロ8000系東京メトロ08系東急8500系東急5000系日比谷線直通普通列車には20000系・20050系・20070系・東京メトロ03系、区間急行区間準急および久喜〜太田間の普通列車8000系・10000系・10030系・30000系、館林伊勢崎間のワンマンカーは800系・850系が使用される。


リスト::鉄道路線