スマートフォン用の表示で見る

蟹工船

読書

蟹工船

かにこうせん

日本のプロレタリア文学の代表的な作家の小林多喜二が書いた小説。1929年に発表した。カムチャツカの沖で操業する蟹工船経営者に酷使される貧しい労働者達が描かれている。