スマートフォン用の表示で見る

金色夜叉

読書

金色夜叉

こんじきやしゃ

尾崎紅葉作の明治ベストセラー小説。新派等で舞台化も度々されている。

小説。尾崎紅葉作。1897年明治30)から1902年まで「読売新聞」に連載、翌年新続編を「新小説」に発表、未完。金銭のため許婚の鴫沢(しぎさわ)宮を富山唯継に奪われた間(はざま)貫一が、高利貸しとなって宮や世間に対して復讐しようとする。

三省堂提供「大辞林 第二版」より