建武の新政

一般

建武の新政

けんむのしんせい

鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇専制君主として君臨し治めていた政権(1333〜1336)。西暦1333年成立と覚えやすい。

足利尊氏らの離反により3年足らずで滅びてしまう。

あまりにも武士を軽んじるため反発を買ったのが主な原因とされる。しかし後醍醐天皇大覚寺統でも中継ぎの存在として扱われており、その治世は大覚寺統の内部分裂を引き起こした。

「此の頃都に流行るもの…」から始まる有名な『二条河原落書』は建武の新政下の混乱を記したものである。