国後島

地理

国後島

くなしりとう

国後島は、北方領土4島のうち北から2番目に位置するもの。ロシア名 Остров Кунашир(クナシル島)。面積1,489.27km²*1、人口約3,900人(1997年*2

地形

島は北東から南西方向に細長い形をしており、長さおよそ110km。四大島を除けば択捉島に次いで日本で2番目に大きな島であり、沖縄本島よりも大きい。択捉島との距離は近いところで22.5km。北海道野付半島とは16.0km。

千島火山帯に属する火山島であり、主な火山として以下のものがある。

行政区画

北海道根室支庁の管内であり、以下の1郡2村が置かれている。ただし、境界は未定であり、いずれの村にも日本の施政権は及んでおらず、法律上のみ存在する村となっている。

ロシアによる実効支配

ソ連軍1945年9月1日に上陸して以来、ロシアが占領を続けている。

国後島ロシア行政区画ではサハリン州に属する。行政の中心は泊村古釜布(ロシア名「ユジノ・クリリスク」、人口3,800(2000年))に置かれている。

国後島色丹島歯舞諸島をもって「南クリル地区」と称する。

交通

古釜布の南西約20kmの泊村東沸に飛行場(ユジノ・クリリスク空港、別名メンデレーエフ空港)があり、ユジノサハリンスクからサハリン航空の定期便が就航している。

その他、いくつかの航路が通じている。