スマートフォン用の表示で見る

山本直純

音楽

山本直純

やまもとなおずみ

作曲家指揮者

誕生日:1932年(昭和7年)12月16日

出身地:東京都

東京芸術大学作曲科で入学後指揮科に転科し卒業

父は作曲家指揮者の山本直忠?。息子は作曲家の山本純ノ介?


  • 黒メガネとヒゲの指揮者でお馴染み。
  • 日本船舶振興会の「戸締り用心火の用心」のCMで、持っている纏を元気良くにこやかに振り上げていた姿でもお馴染み。

 東京芸術大学作曲科に入学、のちに指揮科に転じる。在学中よりラジオ、テレビ、レコード、映画など各分野で才能を発揮し、『男はつらいよ』テーマ音楽、『一年生になったら』など、広く親しまれる作品を多数生み出す。72年、小沢征爾とともに新日本フィルハーモニー交響楽団設立指揮者団幹事となる。73年より10年間テレビ番組『オーケストラがやって来た』の音楽監督を務め、またテレビCM等に出演して広く知られる。74年、国連委嘱作品『人』を作曲、ボストン・ポップスを指揮した。82年より98年まで毎年大阪城ホールで「一万人の第九」を構成・指揮。クラシックの大衆化に力を注ぎ、その功績は大きい。2002年6月18日、急性心不全のため死去。享年69。