スマートフォン用の表示で見る

寺田寅彦

読書

寺田寅彦

てらだとらひこ

てらだ・とらひこ(1878-1935) 地球物理学者随筆家

明治時代物理学者であり、夏目漱石の門下生として交流があった。『吾輩は猫である』の登場人物・水島寒月や『三四郎』の野々宮宗八は寺田寅彦をモデルにしたものと言われている。

1878年(明治11年)11月28日〜1935年(昭和10年)12月31日 東京都出身。東大卒。五高在学中に夏目漱石と知己を得る。

文才もあり、随筆には今読んでも面白いものも多い。連句の創作、研究でも知られる。

天災は忘れた頃にやってくる』と言ったのが彼らしい。