スマートフォン用の表示で見る

小室直樹

読書

小室直樹

こむろなおき

略歴

1932年9月9日、東京都世田谷区生まれ。

1951年福島県会津高等学校を卒業後、京都大学理学部数学科に入学。

1955年京都大学理学部数学科を卒業後、大阪大学大学院経済学研究科に進学。市村真一・高田保馬らのもとで理論経済学を研究する。

1959年大阪大学大学院経済学研究科博士課程を中退し、市村真一(現・国際東アジア研究センター長)教授の推薦で、第2回フルブライト留学生としてアメリカに渡る。

アメリカでは、ミシガン大学で理論経済学を、マサチューセッツ工科大学で理論経済学を、ハーバード大学社会学心理学を学ぶ。

1962年アメリカから帰国し、翌1963年東京大学大学院法学政治学研究科に進学する。丸山真男政治学を、川島武宜に法社会学を、大塚久雄経済史を学ぶ。

1972年東京大学法学博士号取得。
博士号取得の数年前から、所属・年齢・専攻を問わない自主ゼミナール(小室ゼミ)を開講する。小室ゼミ出身の研究者として、橋爪大三郎東京工業大学教授)、宮台真司東京都立大学助教授)がいる。

2010年9月4日、死去。