スマートフォン用の表示で見る

松本城

地理

松本城

まつもとじょう

長野県松本市に位置する平城。現存十二天守の一にして、国宝。現地では烏城(からす-)とも呼ばるる。

もともとは小笠原氏の城、深志城?であった。

信玄信濃経略後は馬場信房が城代としておかれ、武田氏信濃経営の拠点とされた。武田氏が滅ぼされると、小笠原貞慶が城主に復活する。貞慶は城名を松本城と改めた。

現在の松本城(と松本市)は、家康の関東移封後、秀吉の後援の下に城主となった石川数正・康長親子が造営。合わせて城下町も整備した。