スマートフォン用の表示で見る

石油

石油とは、地中より採掘される、炭化水素の混合物。石油化学製品などの原料となる。石炭油。

2005年頃、石油生産量はピークを迎える(オイルピーク)。また、新たな油田が見つかる頻度のピークは既に迎え減少して久しい。可掘残量については諸説あり、一部には都市伝説化しているという指摘もある。

代替燃料の開発が急務だが、完全代替できるレベルにまで発達している代替エネルギーは残念ながら存在しない。

石油は炭化水素の複雑な混合物です。油田から採取されたままのものは「原油」と呼ばれ、それに含まれるさまざまな炭化水素の沸点の差を利用して原油を蒸留し、LPガス、ガソリン軽油などに分け、石油製品を精製しています。

現代社会では、石油は単にエネルギー源の一種というよりも、社会や生活を維持するためになくてはならない必需品となっています。自動車ガソリン、飛行機の燃料、家庭の灯油、火力発電の燃料などのエネルギー源としてだけでなく、化学繊維、プラスチック、合成洗剤化粧品などの原料としても幅広く使われ、石油がなければ私たちの生活は成り立ちません。

しかし、日本では石油資源が皆無に近く、そのほとんどを外国、特に中東地域から輸入しています