スマートフォン用の表示で見る

島バナナ

島バナナ

しまばなな

沖縄県鹿児島県奄美地方、東京都小笠原諸島で栽培、自生しているバナナ

元々、この地方に野生のバナナが生えていた訳ではなく、1830年頃に食料用としてマレー半島から欧米系の住民により小笠原諸島に持ち込まれ、1888年に更に栽培用として沖縄奄美地方に持ち込まれた。現在では栽培用でなく自生している樹木も多い。

 品種的には小笠原亜種と呼ばれ、台湾バナナより少し小さく、モンキーバナナより大きい。繊維質が多く味が濃厚なのが特徴。

 流通量は多くなく、本土で販売されるケースは少ない。