スマートフォン用の表示で見る

内村鑑三

読書

内村鑑三

うちむらかんぞう

(1861〜1930)

キリスト教思想家文学者・伝道者・聖書学者。

高崎藩士内村宜之の長男として江戸小石川生まれる。

札幌農学校キリスト教に出会う。

教会を重要視する欧米のキリスト教に反旗を翻し、「無教会主義」を唱えた。

代表作

『余は如何にして基督教信徒となりし乎』

基督信徒のなぐさめ』

『代表的日本人』

『後世への最大遺物』

『デンマルク国の話』

など


関係者(弟子・教育者・伝道者・宗教家・キリスト教)

畔上賢造?、粟屋仙吉?、井口喜源治?、奥田昌道?、坂田祐?、斎藤宗次郎?、関根正雄?、鈴木弼美?、鈴木範久?、高橋三郎?、塚本虎二?月本昭男、中村勝己?南原繁矢内原忠雄天池治彦、鈴木範久?、金井美彦?、廣石望?、田中健三?、川島重成?、鷲見誠一?、黒川知文?、加藤久美子?、森田外雄?、吉田忍?、鈴木浩?、小舘美彦?、鷲見誠一?、荒井克浩?、高橋三郎?