スマートフォン用の表示で見る

辺見庸

読書

辺見庸

へんみよう

作家。

1944年、宮城県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。共同通信を経て作家に。

1991年、「自動起床装置」で第105回芥川賞受賞。

主な著作に「もの食う人びと」「ハノイ挽歌」「赤い橋の下のぬるい水」「不安の世紀から」など。