スマートフォン用の表示で見る

論語

読書

論語

ろんご

中国古代、春秋時代の人・孔子とその弟子たちの言行録。

四書五経四書*1の一つであり、経書として中国のみならず日本や朝鮮半島でも広く読まれた。

二十篇からなるが、伊藤仁齋はこれを上論・下論に二分割する説を唱えた。成立時期については、同時期と思しき文献が他にないことから詳らかでないが、前5世紀末には成立していたと考えられる。

孔子と弟子達に関する書物では『論語』が最古であり、その次に『禮記』壇弓篇などがある。『史記』仲尼弟子列傳はこれらを整理したもの。残念ながら現在伝えられる『孔子家語』は偽作。

戦国武将の事績や『孫子』などと同様に、現代日本的サラリーマン処世術や経営術に応用できるらしい。ちょっと俄には信じがたいがそういう本は沢山あります。

因みに、初めて読むという方には、

版本や注釈などのややこしい歴史を詳しく知りたいという方には、

  • 武内義雄『論語之研究』岩波書店→現在は著作集に入っているはずです

が良いかと思われます。

*1:「論語」を含む「大学」「中庸」「孟子」の四書