まいさんの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

Twitterやってます
東方イベント関連&東方キャラによる中国麻雀の紹介のページ
日記のタイトル一覧を表示

2016-06-08 「東方幻想紅魔祭」「アンダーグラウンドカーニバル」のサークル名入

[][][] 「東方幻想紅魔祭」「アンダーグラウンドカーニバル」のサークル名入り配置図 00:09  「東方幻想紅魔祭」「アンダーグラウンドカーニバル」のサークル名入り配置図を含むブックマーク  「東方幻想紅魔祭」「アンダーグラウンドカーニバル」のサークル名入り配置図のブックマークコメント

 6月26日名古屋名古屋国際会議場イベントホールで開催される、「東方幻想紅魔祭」と「アンダーグラウンドカーニバル」の合同カタログを購入してきましたのでの配置図を作成しました。

 興味のある方、参加される方はご利用下さい。
 配置図はいつもの通りに、まいさんのホームページDTI版に置いています。下の図をクリックするとそちらへ移動します。

http://www.green.dti.ne.jp/maisan/ 東方幻想紅魔祭アンダーグラウンドカーニバル

東方幻想紅魔祭は、たしか一昨年くらいに開催の告知があったイベントですね。あの頃は遠い未来のように感じていましたが、もう今月とは早いものです。アンダーグラウンドカーニバルは2年ぶりの開催かな?
 配置図的には、A〜H14までが「東方幻想紅魔祭」、H15〜Nが「アンダーグラウンドカーニバル」のようです。
 サークル数もけっこうありますし、ジャンル的にも同人人気の高い作品ですので、盛況になりそう。
 イベント開催の記念品的な頒布もあったりと、そのあたりもきちっと抑えているような。

 即売会は12時開始と少々遅め。最近地方イベントではよく見る開始時間ですよね。遠方からの遠征者などに配慮してなのかも知れません。

 カタログ見ますと、企業参では「Play,Doujin!」さんもいらっしゃるみたいですね。7月の「東方想七日4」でもブースがあるようで、活動盛んです。最近は同企画で発表・販売されるゲームも増えてきまた。携帯機のVitaを持っているので、Vitaの遊べる幅が広がると嬉しいですね。
 あともひとつの企業は「AKIBA HOBBY」さん。お店流通のグッズなどはこちら?

 そうそう、今回のカタログ紙面で気になった点を。配置図(14ページ)ですが、島のがサークル単位で分割されていなかったり、配置上に文字やトーンが被っていたりで、この図をコピーしたり、配置図上にメモやチェックの情報を書き込んだりするに向いてない印象だったかな。
 うちの配置図や他所様の作成の図を使う人だと問題ないかもだけど。
 一方、ページ上部の島の位置図などは使いやすそうという印象も。
 

 さて、カタログは入手してはいますが、今のところうちの参加は未定です。名古屋は近くて遠い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maisan/20160608

2016-05-28 新タブレット(ZenPad S 8.0)とデレステの使用感

[][] 新タブレット(ZenPad S 8.0)とデレステの使用感 18:23  新タブレット(ZenPad S 8.0)とデレステの使用感を含むブックマーク  新タブレット(ZenPad S 8.0)とデレステの使用感のブックマークコメント


 最近まではAndroidタブレット、Nexus7 (2012)という3〜4前の機種ででデレステ(アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ)やってましたが、どうもスペック不足等を感じてきましたので、新しい機種を買い直しました。(もちろんデレステだけの用途では無いのですが、スマホを別に持っていますので、自宅ではデレステメインです)

 そんなわけで、1年近く前の製品になりますが、ASUS ZenPad S 8.0 (Z580CA)という機種を購入しました。
 購入は2週間ほど前ですね。誕生日の直前なので、誕生日プレゼントでよいでしょう。通販で3万円ちょっと。基本的な使用感覚としてはおおむね満足です。画面はiPadMini系に対抗した2048x1536の4:3、メインメモリ4G(利用可能3.82G)、intel入ってます。ステレオのフロントスピーカー内蔵がウリみたいですが、うちはゲームイヤホン使用なので、そっちの音に比べると正直どうでもいいかなって印象です。まあ、動画とか見れば違うのかも。
 (sim挿せいないので)モバイル通信には非対応なので、通信専用格安simとかでの運用を考えている人はできません。Wifiルータや携帯のテザリングでの通信可能でしょうけど、モバイル通信Wifiでは動作が違うモバイルだと、アップデート等でどんどん通信を使う事がありますので、注意しないといけませんからねえ。

 なお、基本スペック普段使いの使い勝手などの普通めなレビューはその手のサイトがいっぱいありますので、ここではデレステに特化した使用感を書きたいと思います。
 旧機種、新機種のそれぞれのスペックはネットで調べて下さいな。



 結論から書くと、購入してよかったと思います。初期に動作が安定しなかった頃は失敗したかと思いましたが、設定や環境を見極めて動作も安定したら、かなり好印象になりました。

 デレステのプレイ時の動作や障害についてですが、うちのような現象が必ず起きるってわけではないと思います。使用環境に個体差もあるでしょうし、インストールしているソフト、常駐ソフト、システム設定はそれぞれ違うでしょうからね。
 なお、ネットで見た「ZenPad S 8.0」でデレステするなら、この機能はOFFにしろ、これを設定しときましょう…みたいなのはたいてい実施&設定済みです。

 早い話、旧機種に比べてロード時間がかなり短縮してます。画面と画面の移り変わりや、他のPの部屋訪問など、少々読み込みが必要な場面でもこれまでほど待たされません。お部屋訪問はデイリーミッションにもありますのでここが早くなるのはかなり助かります。

 まず最初に、デレステAndroidの一部の機種や低スペックの機種でプレイした際、リズムゲームにとって致命的な問題がけっこう見受けられます。
 Androidスマホタブレットでも高性能な機種やiPhone/iPadの最新機種などでは起きないと思いますが、タイミングずれや、押したりフリックが認識されなかったとか、ノートを押しているのに勝手に解除されたりとか、そういうのが起きたりします。

 なお、タイミング調整ですが、+24 にしています。タップ音フリック音はありです。

 実際に旧機種では「同時押しが認識されない」「普通に押しても認識されない」「タイミングがずれて認識される」「ゲーム自体の処理落ち、音飛び」が頻繁に発生しておりました。今回買い換えをしたのもそのあたりが理由のひとつです。
 新機種に変えたら、その値全て改善したかというとそうでもありません。以下、よく出る症状について改善しているのかどうか列挙してみます。頭のは状態の良い方から○△×で、旧機種→新機種という感じで。
 ○は問題なし、△はごくたまに、×は起きるときは起きる、て感じに。基本的にどれかが発生すると、他のトラブルも発生する感じです。

譜面音楽のズレ
△→○ 旧機種では処理落ちとセットで音ズレが多かったのです、今回のは処理落ちは若干あっても音ズレに影響するようには感じませんね。

・処理落ち
×→○ 旧機種では、譜面や音が一瞬〜コンマ数秒止まって、ワープしたりすることがたまにありました。この現象が起きると、音がずれていました。新機種では出ませんね。譜面の流がちょっとぎこちなくなることはありますが、ワープが発生したり、明らかな音ズレなどが発生するほどでは無いです。

 処理落ちはゲームの動作というより、裏(常駐)で動いているソフトウェアの影響もあると思いますので、タイミングが悪いと発生するものと思っています。

・タップ音ズレ、判定ズレ
△→△○ これについては、腕前の問題もあるから確証では無いけど、やっぱりズレがある気がする。新機種になって頻度は少なくなったと思います。具体的な症状は、タップして一瞬後に判定されてNICEやBAD等になるような現象ですね。そういえば、タップ音ズレに対しては「タップ音をOFF」って対処があるけど、動作が軽くなる効用&ずれたタイミングで音は出なくなるけど、判定ズレが直るわけじゃないんではと思うけどどうなんだろう。曲の難所でなく、同じようなリズムで流している部分でいきなり発生することもあり、そういう場合は精神的ダメージがでかいです。

・単ノート不認識
△→○ いわゆる単独のノートでタップが反応しないというもの。新機種ではほぼ感じません。

・同時押し不認識
×→○ 旧機種で多発していた同時押しノートで片方が反応しない現象はもほぼ無くなりました。新機種になってこれら不認識が改善された結果、フリックの少なめの譜面でMasterのフルコンボがいくつか取れました。

・ロングノーツ切れ
△→×〜△ 最初の頃かなり頻発していた困った現象です。現象としては、ロングノーツのタップをホールドしていても「離した」扱いになりMISSになるというものです。特に両手でロングノーツを押しているときに発生。うちの場合は「左手」側のノーツが切れます。そして発生しやすい曲、場所があります。今回のイベント曲「明日また会えるよね」だと中盤の長めの押しの『不安な顔を変えたいの』後半の左右同時長押しの左が同じタイミングでよく切れていましたね。

 この現象発生のためフルコンボになっていない曲が2曲あり、けっこう悩ましいです。 (追記)そのうち1つでフルコンボが取れました。
 判定ズレはキャラの能力「NICEをPERFECTにする」等で助けられる場合もありますが、MISSになるものはどうしようもありません。そんなわけで発生したら泣けて精神的ダメージがでかい現象です。

 ただしこの現象は、購入直後に多発していましたが、最近はほとんど発生しなくなりました。改善原因としては、環境設定が固まって快適になったこと。置き方を変えたことかなと思っています。(置き方を変えた頃から発生が少なくなったので) 画面の上側を高くして斜めにしたことで、指のあたりが変わってタップの認識がゲームにとっていい方向になったか、背面に空間ができて廃熱的な問題が解消されたかと。
 あと、ロングノーツ切れとセットで、誤タップ音現象もよく発生します。押した正常なクリック音と同時に空タップしたときの音も同時に発生。タップと関係ないタイミングでなることもあります。これ頻発しだしたら、だいたいロングノーツ切れやタップのズレ現象も起きます。

 この現象とは違いますが、旧機種では、押しっぱなしが連打で認識されることが希に発生していましたが、新機種では今のところそういうのは無いですね。

フリック抜け
○→○ 単発の短いフリック、片方向フリックについては旧機種・新機種とも問題なく認識されていると感じます。わりと起きると聞く現象ですが、このあたりは機種の差に寄るのかも。

・連続ジグザグフリック抜け
○→×〜△ 今回かなり発生頻度が高くなったと感じる現象。もともと曲の難所に入れられるものだから自然とMISSは増える部分&プレイ回数が少ないので、サンプル数的な偏りはあるかも。

 ただし、旧機種では「運が悪ければMISS」が、新機種は「運がよければMISSしない」という印象になっています。単に下手なだけ&画面が新機種でちょっとだけ大きくなり、動きの幅が足りてない可能性もあるけど(意識的フリック幅より大きめに動かすようにはしています)。
 (Masterフルコンが取れおらず、もちょっとで取れそうな気がするということで)最近プレイ回数の多かった「流れ星キセキ」あたりの後半、左右に流すスライドはそれほどMISSにならないけど、その後の右のジグザグはかなりの確率でMISSが入ります。対策として、ジグザグフリップに限り、二本指(人差し指と中指を揃えて)でスライドすると落ちが少なくなるような気がしています。ただその場だけの動作になるので、対処にあわててMISSになったりも。

  • MV観賞用として

 精細な液晶、高スペック恩恵を受けて、個人的には申し分ないです。旧機種では3Dは解像度が落ちてかなりジャギがありましたが、新機種では綺麗な画面で見られています。
 初期の頃(デレステ配信直後)などのレビューでは、3Dで高解像度の画面になっていない(ジャギが見られる)との情報もありますが、どこかのタイミングで解消しているようです。

  • 使用環境の変化

 機種では充電ケーブルを接続してのプレイでは不認識が多発していたのですが、現在では充電ケーブルの接続は影響ないという感じです。(ただ、若干の処理落ちの原因となってるような感じもあるため、基本的にプレイ中は外しています)

 全体的に、動作が軽くなり、発熱が抑えられて連続プレイができるようになったり、色々完璧ではありませんが、それなりによくなった感じです。
 前述しましたが、途中から傾斜をつけて置くようになり、画面が見やすくなったのもスコアやプレイ精度に大きく影響してくるのかもしれません。

 アクションゲームの反応はある程度快適でよく、価格や性能、他の用途デメリットがあればおすすめできる機種ではありますが、デレステはとにかく快適にというのであれば、この機種はお勧めにはならないかなと思います。
 ただ、この機種に変えてからMasterのフルコンボをいくつも達成できたので、全然駄目だというわけでは無いです。(購入意向の新機種でのMasterのフルコンボ達成曲は、メッセージ、Naked Romance、できたて Evo! Revo! Generation、流れ星キセキ、になります)
 旧機種に比べればかなり良くなっています。



 うちの現在のクリアとPRP状況(2016/05/28)。今日配信の「つぼみ」「2nd SIDE」は未プレイ。
 今の状況はこちら(5/30まで配信曲は全難易度プレイ済み)

f:id:maisan:20160530205146p:image

 Cuteにはポイントアップ系のSSRが2枚あること、うち1枚の杏は「ビジュアル」値を底上げする能力と言うこと、他の高アピール値のCuteのカードにもビジュアル値が高いキャラが多いという理由で、高スコアを狙うときは、Cuteのビジュアル特化の下記でユニットを構成しています。

 特訓済、レベルMAX、特技レベルは1〜5と低め。全タイプ曲を選択し、ゲストにSSR志希を迎えたときがアピール値最高になり、274,373。このユニットでのサポートメンバーのアピール値が88,472。(Cute曲を選択した場合、それぞれ 268,225 と 82324)
 楽曲ハイスコアはCute曲の「Naked Romance」の839,126 pt。次点は全タイプ曲の「できたて Evo! Revo! Generation!」で830,425 pt。できたて〜のはフルコンボのときのスコアでは無いです。(フルコンボ達成時は育成メンバー中心ユニットだった)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maisan/20160528

2016-03-21 第13回博麗神社例大祭 サークル名入り配置図

[][][] 第13回博麗神社例大祭 サークル名入り配置図 22:31  第13回博麗神社例大祭 サークル名入り配置図を含むブックマーク  第13回博麗神社例大祭 サークル名入り配置図のブックマークコメント

 5月8日に東京ビッグサイトで開催される東方イベント、「第13回博麗神社例大祭」 の公式サイトで、先日サークルリストが公開されましたのでサークル名入りの配置図とその案内ページを作成しました。

 配置図はいつもの通り、まいさんのホームページDTI版に置いています。図をクリックするとそちらへ移動します。
http://www.green.dti.ne.jp/maisan/ 「第13回博麗神社例大祭」

4/9 追記
 カタログの購入により、以下の情報の更新と修正を行いました。以前の配置図をお持ちの方は更新して頂けるとより正しく詳細な情報が確認できます。

  • 開催時刻を正しい時間(即売会 10:30〜15:30)に修正しました
  • 企業ブースの配置を追記しました
  • 東方ゲームショウおよび企画ブースの詳細を追記しました
  • 社務所事故スペース」の後ろに着いていた数字を外しました
  • その他、情報の追加、更新などを行いました

また、配置図を、セブンイレブンの店頭のマルチコピー機で印刷できる「ネットプリント」に登録しております。
詳細は、リンク先の案内ページにてご確認下さい。

 3月21日現在では、配置図の方はサイトでは公開されておりませんでしたので、サークル様に配布されている送付物に載っていた配置図を参考に作成しました。
 今回は、Twitterで見かけました、いな◆例大祭C45b様(@inamarisa)の画像を参考にさせていただきました。とても参考になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

 今後公式サイトでイベントの詳細な情報が追加発表されたり、配置情報が更新されたり、カタログが発売されたりしますと、配置図内に書き加えることが情報が増えていくと思います。これらの情報は、確認次第配置図は更新していく予定です。配置図の案内ページには、更新情報も記載しますので、たまに見ていただけると幸いです。(ミスなどの修正も順次しますので、できましたら最新版を見ていただければと思います)

 また、今回参考にした配置図はサークル参加者向けの情報であるため、その手の情報(宅配便集積所やゴミ収集場所など)が記載されておりましたが、配置などに関係ないと思われる情報については記載しておりません。ご了承下さい。

 毎回そうですが、作図は手入力によるコピペ作業にて作成しておりますので何かのミスを発見したりしましたら、Twitterでもメールでもよいのでお知らせ下さいませんでしょうか。特に同じサークルを連続してコピペするミスは毎回ありますので、変なところを見つけたらよろしくです。確認でき次第修正いたします。

 配置図の「東456ホール」側は、公式の配置図と上下を逆にしております。(ガレリア側が下、トラックヤード側を上にしております)
 理由はビッグサイトを使用するコミケ東地区の図はすべてガレリア側を下に、トラックヤード側を上にしており、それを踏襲しています。うちにとっては、コミケで使い慣れた配置(向き)の図の方が使いやすいので、この図もそうさせてもらっております。

 今回は、3連休の初日にサークルリストが発表されたため、次の2日の休みを使って作図するといった、かなり余裕を持ったスケジュールで作業できました。誕生日席や外周の「縦書き」のサークルも、いつもは空白を挿入しれて文字位置調整をやっていたのですが、今回は余白や字詰めを調整して、サークル名の途中に空白などを入れずに処理しております。
 見た目はさほど影響がないのですが、PDFリーダーで文字列を検索する場合は、サークル名の途中に空白など入っているとうまくいきません。(なお、PDFリーダの種類によっては、検索がうまくいかない場合もあります)

 さて、今年は、去年より少々サークル数は増えているみたいですね。参加者も若い人が多く、新規でどんどん入っているみたいですし、嬉しいことです。

 サークルスペース以外の企画では、企業スペース、東方ゲームショウ、縁日企画などは決っているみたい。このあたりの詳細情報(参加企業や団体など)を配置図に反映させるのはカタログ発売後などになるかなあ。

 使用するホール数は、これまでの東地区全館使用から1ホール減って5ホールでの開催になりますね。
 今回例大祭で使用していない「東3ホール」はSDFさんの別イベント[「http://maekawasdf.wix.com/kancolle:title=砲雷撃戦よーい!! 25戦目」]と、[「http://www.sdf-event.jp/mnk/:title=もう何も怖くない23」]が開催されるみたいです。お互のイベントでも、他方に興味のあるジャンルという参加者は多そうですね。

 時期はゴールデンウィークの連休直後、というかまだゴールデンウィーク中になるのかな?
 個人的にはお休み(有給休暇)がとりにくい時期なので、もちょっと別の日程が良かったのですが、これはあくまでも個人事。ただ遠方からの参加者が、ゴールデンウィークで旅行が不便(ホテルの予約とか、交通費とか)な時期とも聞きますが、どうなんでしょうかね。

 まあ、そんなわけで今年もよろしくお願いいたします。

ide_anide_an 2016/04/09 18:31 配置図のミスがいくつかあったので報告します。

* O56aのサークル名が「狐夢想屋」になっているが正しくは「石鹸屋」
* い15bの事故スペースが赤字になっていない

お手数ですが、修正よろしくお願いします。

maisanmaisan 2016/04/10 07:09 ご報告ありがとうございました。
確認しました。現在修正済みです。

2016-03-17 「東方合同祭事4」のサークル名入り配置図

[][][] 「東方合同祭事4」のサークル名入り配置図 00:05  「東方合同祭事4」のサークル名入り配置図を含むブックマーク  「東方合同祭事4」のサークル名入り配置図のブックマークコメント

 先日参加しました、東方名華祭で3月26日に蒲田大田区産業プラザPioで開催される、東方合同祭事のカタログを購入してきましたのでの配置図を作成しました。

 今回の合同祭事では以下のイベントが開催されるようです。

 興味のある方、参加される方はご利用下さい。
 配置図はいつもの通りに、まいさんのホームページDTI版に置いています。下の図をクリックするとそちらへ移動します。

http://www.green.dti.ne.jp/maisan/

 今回のカタログですが、文字とマークだけのシンプルな表紙である一方、おいもとじろうさんの諸注意漫画が8Pもあって一転?豪華。あと格イベントのチラシやイベントの扉絵はそれぞれ豪華でしたね。

 イベントの会場の配置図で目立ったのは、「例月祭餅つき会場」ですかねえ。ケータリングもあるみたいです。
 特設では、レイマリのれん、とお酒の販売。このへんは去年と似たような企画です。うち的には、のれんはちょっと気になります。前回のお箸はすぐに完売したし、今回は買えるかしら?

 今回は土曜日開催と言うこともありますが、春休みのいい時期なので、若い参加者が多めになるかな。
 うちも一般参加予定です。

 あと、すでにカタログで確認された方は知っていると思いますが、来年の合同祭事の予定が載っていますね。来年は秘封オンリーと阿求&小鈴のオンリーもあるようで。去年の合同祭事では秘封サークルが多くいましたので、来年はまたちょっと規模が大きくなると良いですね、と。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maisan/20160317

2016-01-23 第12回東方Project人気投票のポイント率の推移グラフ

[][] 第11回東方Project人気投票のポイント率の推移グラフ 21:23  第11回東方Project人気投票のポイント率の推移グラフを含むブックマーク  第11回東方Project人気投票のポイント率の推移グラフのブックマークコメント

 先週投票が行われた、第12回東方Projectの人気投票の結果から人妖部門について、いつものポイント率(全ポイントのうち該当キャラに投票されたポイント数の割合)についての推移をグラフを作成しました。(人妖部門以外はグラフは作ってません)

 総ポイント数は投票者数によって毎回変動しますが、ポイント率は全体が100%ですので、相対的な人気度が判ると行ったところでしょうか。また、順位だけの比較では判りにくい、他のキャラとの位置関係などや、相対的な人気の推移が判りやすいかなと思います。
 今回も、6回から今回(12回)の上位キャラをグラフにしました。前回のグラフに付け加え、今回の上位50キャラ推移を記載しました。(ここまでほぼ前回と一緒の説明

 けっこうゴチャゴチャなので、正確な順位やポイントを知りたい方は、上記のサイトを見て下さいね。

 前回グラフ圏外(51位以下)から50位以内に入ったキャラはいませんでした。
 新キャラは4キャラがランクイン。全て紺珠伝のキャラで、稀神サグメ(14位)、クラウンピース(23位)、純狐(31位)、ヘカーティア・ラピスラズリ(43位)となっております。
 その分50位以内から圏外に陥落したことになります。ミスティア・ローレライ(50→51位)、宇佐見菫子(47→53位)、霍青娥(49→54位)、二ッ岩マミゾウ(48→61位)となっています。
  
下記のグラフの画像をクリックすると拡大表示します。(3000x1500と、かなり画像がでかいので注意)
http://www.green.dti.ne.jp/maisan/img/ninki12.png

 線の色・傾きは、キャラ名称の色・傾きと合わせているので、線が折り重なっているような場所では参考にして下さい。
 色そのもの(赤とか青とか)には意味はありません。丸に数字は順位(5位ごと)。%を書いた横破線の上の数字は、各回のその破線に相当するポイントです。
 20位以下は混戦になっており、きれいに重なった線などもあり、見やすくありません。


 さて、今回の感想ですが、予想以上に参加者が増えていた印象です。サイトによると、人妖部門の参加者は42419票(=人)とのこと。前回が32,244票ということで、約1万人増えている計算です。
 アンケートでは、今回人気投票に初参加という人が34.6%と約1/3ほど。新規参加者多いですね。これだけの新規の参入を受け入れているジャンル(シリーズ)であることに感心します。


 それでは、順位についての感想です。
 全体的には大きな変動を感じなかった印象です。上の図を見ても、前回の線の交錯具合と、今回のそれを見比べると明らかに今回は交わりが少なめと感じます。次にキャラ順位。

    • 博麗霊夢(1):圧倒的な一位。2位に1.4倍の差を付けており大差です。順位だけ見たときは、今回7票制になったため、浮動票というか、あと一人の票を集めたかと思いましたが、「一押し」数も圧倒的です。一押し数は、前回の投票数からほぼ倍増しており、過去からの投票参加者の一押しはそれほど変更しないと考えると、新規投票者の一押しを集めたものと思われます。

    • 霧雨魔理沙(2):2位。霊夢とワンツーですが、実態はトップははるか先、下位の足音も聞こえる2位グループ。前回1位のこいしは反動があると見ていましたが、魔理沙は予想以上に下げてしまっているなといった印象。

    • 古明地こいし(3):魔理沙とは誤差範囲の僅差の3位。前回トップでしたが反動ですね。うち的には予想通り。反動のパターンとしては10回のアリスと似た感じなので、2〜3年後くらいには順位があまり動かなくなるのではないかなと思います。

    • 咲夜(4)、フラン(5)、妖夢(6)、レミリア(7):前回と同じ順位をキープ。このあたりの古い作品のキャラはもう固定されるのでしょうかね。とはいえ、詳しく見ると妖夢は去年とちょっと違う傾向で、若干ポイント率を上げていますし、一押しが伸びています。フランと妖夢は徐々に順位を上げてきているという長期的な傾向が類似していたのですが、何か最近妖夢に伸びるポイントがあったのかな?

    • 古明地さとり(8):登場時から、ポイント率2.7〜2.9%あたりで安定していますねえ。
    • アリス(9):順位も安定してきた印象です。
    • 射命丸文(10):割のキャラの変動はあっても、文はほとんど動いていない。しっかりと位置を固定した感じ。
    • 藤原妹紅(11):前回の心綺楼による反動でしょうか。ただ、前回の反動分をまだ戻せてないような印象ですので、特に何も無いと次回は順位は変わらずともポイント率は下落かも。

    • 東風谷早苗(12):下降が安定している。とはいえ、キャラ数が増え、票が分かれる仕組み上、ある程度仕方ないこと。次回は他の12〜20位あたりのキャラと同じような微減でしょうかね。

    • 希神サグメ(14):紺珠伝の新キャラではトップ位置。 初登場順位としては、かなり高い方だけど、ポイント率では従来の人気の出た新キャラと大きく変わらない感じかな。

    • こころ〜椛 あたり(15〜20位あたり):このあたり、うどんげの下落が緩やかな以外はほぼ同じ感じで下落。ずっと微増傾向だった天子も今回はまわりと同じ動きに。一時期順位が高かった幽香も同じく。ほぼ順位が固まった感じでしょうか。幽々子と紫は昔から仲が良い動きです。キャラ的に同じような人気の取り方をしているということかもね。パチュリーとかも近い。

 20位以下はほぼ混戦です。個々での順位の変動は、基本的に誤差的なものでしょうか。とはいえ、中には周りと違った上昇・下降をしているキャラもいますので、いくつか見てみます。

    • ルーミア:少々上昇。二次創作界では、一定の人気がありますが、他のキャラよりも人気が上昇するほどの印象ではないので、連続した上昇は謎ですね。固定ファンがいるとは思いますが、
    • 宇佐見蓮子:前回の反動かなあ。秘封も固定ファンがいる印象だけど、この動きは、増加した新規の取り込みができなかったとかそういう面もあるかも。
    • 鬼人正邪:前回の反動があると思ったがなかった。うち的な予想では、サグメとの関係性でいろいろ二次創作上の出現機会が増えたとかかなあ。輝針城黒幕で針妙丸とセットで二次創作は作りやすそうに思えるし。
    • 少名針妙丸:中位勢ではかなり下げている。このあたりのポイント率では、下落の絶対ポイント率が低くとも割合にすると高くなる。針妙丸は前回のポイント率の65%しかない。個人的には投票したくらい好きなキャラだけど、前回が高すぎたとも思えないし、ちょっと気になるところ。
    • 伊吹萃香:上がっている。この上昇もかなり謎に感じる。


これより下位は、考察はしないでおきましょう。誤差範囲のものも多いですしね。

次回はポイント率や一押し率に注目した別の考察をしようかなと思いますが、時間次第ですね。
それではまた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maisan/20160123