Hatena Blog Tags

ゴルバチョフ

(社会)
ごるばちょふ

ミハイル・セルゲイビッチ・ゴルバチョフ
1931年3月2日生まれ。
最後のソ連共産党書記長、最初で最後のソヴィエト連邦大統領。
前任者チェルネンコの死去後、1985(昭和60年)年3月11日、50代の若さで書記長に就任、大胆なグラスノスチ(情報公開)とペレストロイカ運動を進める。レイキャビクでレーガンと会談し、その後のマルタ会談で半世紀近くにわたった冷戦を終結させる。
本質的には改革者(リフォーマー)であってソ連の解体などは考えておらず、あくまでも連邦維持に拘っていた点に限界を指摘する声もある。ために、バルト三国の独立問題などをめぐって(何度目かの)保守旋回を行って評価を落とした。1991年、その後の保守派による8月クーデターでは軟禁状態に置かれる。クーデターの失敗後は、事実上権力(とカリスマ)を失い、何もできないまま、1991年12月独立国家共同体:CIS成立。エリツィンらの思惑通りに連邦は解体された。
1990年ノーベル平和賞受賞。著書に『ペレストロイカ』など。

旧ソ連を崩壊し生活を悪化させた犯人としてロシア国内での評価を落としていたが、ドイツ滞在中ライサ夫人が急性白血病に倒れ、付きっ切りで妻を懸命に看病する様子が報じられると、ロシア各地から励ましの声が寄せられた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

ドイツ連邦首相  オラフ・ショルツ へ  ドイツは「ミンスク合意」を勝手に「破棄」して戦争する「ゼレンスキー」を支援する。ドイツには「正義」がない。ドイツは、ロシアからの「天然ガス、原油、石油、石炭」の輸入によって産業の競争力を優位にしてきた。ドイツがロシアに経済制裁に参加する理由が、私には理解できない。ショルツ首相は「ゼレンスキー大統領」の「演技」に、「熱中」しすぎる。 ショルツ首相は冷静になるべきだ。「ミンスク合意」はウクライナの内戦をとめるために、フランスとドイツが仲介したものだ。

ドイツ連邦首相 オラフ・ショルツ へ 2022-05-18:拝啓、ドイツは「無戦争」でドイツの東西統一を可能にした「ゴルバチョフ」への感謝を忘れた。ドイツは、ロシアのウクライナ侵攻後、ガスの調達先の見直しを進め、ロシアへの依存度を侵攻前の55%から35%(4月中旬)まで引き下げた。2024年夏までに対露依存度を10%程度に下げる戦略を描く。ドイツ人は「経済」が「不得意」のようだ。 「身勝手」な欧州を救う神はいない。カタールは欧州へのLNGの主要供給国になる可能性がある。ところが、カタールのエネルギー大臣のサアド・アル=カアビーは先週の会議で、世界のエネルギーミックスにおけるロシアの役割はかけが…