サケ

()
さけ

 サケ科。
 一般にサケと呼ばれるのは、「シロザケ(白鮭)」であり、紅鮭とは異なる。
 (「白鮭」の別名が「サケ」)
  学術的には、「サケ」は「シロザケ」、「マス」は「サクラマス」のことを言う。しかし、「ベニザケ」を「ベニマス」、「ギンザケ」を「ギンマス」と呼ぶように、「サケ・マス」に明確な区分はないそうだ。

 雄と雌でからだの色が異なる。雄は白から銀色をしおり、さわやかな印象を与えるのに対し、雌は全体的に黒っぽく深い色合いで、腹から背にかけて斑のように入った赤色が目を引く。
 また、雌のほうが口が大きいが、これは紅鮭とも共通しているようだ。
 沖合いで漁獲されるもののほうが油がのっていて美味しく、河川に遡上したものはどちらかというと淡白な味わいらしい。
 
 「鮭」で登録できないし、「シロザケ」とするとキーワードにかかる率が低くなりそうので、「サケ」としました。「鮭」のほうが繋がりそうですけれど。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ