半減期

半減期

(サイエンス)
はんげんき

ある物質の量が半分になるのにかかる期間。


放射性元素の分解や医薬品の代謝にかかる時間(生物学的半減期)を表すのに用いることが多い。

放射性物質の場合

放射性物質が放射線を出す能力(放射能)が元の半分になるまでの期間のこと。時間が経つと放射能が弱まり、半減期で元の半分になる。さらに時間が経つと、半減期ごとに放射線の量が2分の1になっていく。放射性物質によって期間は大きく異なる。

  • ロジウム106:29.8秒
  • 放射性ヨウ素134:53分
  • キセノン133:5日
  • 放射性ヨウ素131:8日
  • バリウム:30日
  • ストロンチウム89:51日
  • コバルト56:77日
  • 放射性セシウム134:2年
  • プルトニウム241:14年
  • 放射性セシウム137:30年
  • プルトニウム238:87.7年
  • プルトニウム239:24390年
  • ウラン235:7億年
  • ウラン238:44億6000万年
  • ルビジウム:488億年

ネットの話題: 半減期

人気

新着

新着ブログ: 半減期