四諦

四諦

(一般)
したい

仏教用語の1つ。
釈迦が悟りに至る道筋を説明するために、現実の様相とそれを解決する方法論である。仏教の根幹と言ってよく、その重要さから四聖諦とも言う。
苦諦、集諦、滅諦、道諦の4つ(あるいは単に苦、集、滅、道とも)があり、苦諦と集諦は流転の因果を示し、滅諦と道諦は悟りの因果を示している。

4つについて各々分かりやすく説明すると、以下の様になる。
苦: 苦しみ一つ一つ
集: 苦しみの源となっている根本原因(苦の集)
滅: 苦しみの消滅(集の滅尽)
道: 苦しみの消滅に至るまでの道・方法(滅に至るまでの道)

ネットの話題: 四諦

人気

新着

新着ブログ: 四諦