山口線

山口線

(地理)
やまぐちせん

山口線

(地理)
やまぐちせん

新山口駅(山口県山口市)−益田駅(島根県益田市)間 93.9km を結ぶJR西日本鉄道路線。全線単線非電化。
新山口駅山陽本線益田駅山陰本線と連絡する、いわゆる陰陽連絡線の一つである。途中駅には、小京都として名高い津和野町などがある。

歴史

1913年(大正2年)2月に小郡(現在の新山口)−山口間が開業。以後1917年7月に篠目、1918年(大正7年)4月に三谷、同年11月に徳佐、1922年8月に津和野まで延伸。1923年(大正12年)4月に益田まで全通した。
1979年(昭和54年)8月、小郡−津和野間にSL列車「やまぐち号」の運転が開始された。国鉄から蒸気機関車牽引の列車が消えてから3年後、初めて観光列車として蒸気機関車を復活させる舞台として、山口線が選ばれたもの。これにより山口線は一躍、有名路線となった。
2003年(平成15年)10月、「小郡駅」が「新山口駅」に改称された。
2014年(平成26年)4月1日、貨物列車の運行が廃止。

列車

駅名 よみ
“えき”は略
新山口駅 しんやまぐち
周防下郷駅 すおうしもごう
上郷駅 かみごう
仁保津駅 にほづ
大歳駅 おおとし
矢原駅 やばら
湯田温泉駅 ゆだおんせん
山口駅 やまぐち
上山口駅 かみやまぐち
宮野駅 みやの
仁保駅 にほ
篠目駅 しのめ
長門峡駅 ちょうもんきょう
渡川駅 わたりがわ
三谷駅 みたに
名草駅 なぐさ
地福駅 じふく
鍋倉駅 なべくら
徳佐駅 とくさ
船平山駅 ふなひらやま
津和野駅 つわの
青野山駅 あおのやま
日原駅 にちはら
青原駅 あおはら
東青原駅 ひがしあおはら
石見横田駅 いわみよこた
本俣賀駅 ほんまたが
益田駅 ますだ


リスト::鉄道路線

ネットの話題: 山口線

人気

新着