日向夏

(読書)
ひゅうがなつ

小説家。
小説投稿サイト「小説家になろう」で活動中。『薬屋のひとりごと』はヒーロー文庫(主婦の友社)にて書籍化されており、月刊ビッグガンガン及び月刊サンデーGXそれぞれで別々にコミカライズされている。

日向夏

()
ひゅうがなつ

宮崎県の名産となっている柑橘類の一つ。
1820年頃、宮崎市で発見。柚とぶんたんとの雑種と見られる。初夏が最も美味しい。
外観は黄色。果実は平均200gで外皮を剥いて食べる。果肉は甘酸っぱい。

高知県では「ニューサマーオレンジ」や「小夏」と呼ばれる。

種なしの「白鳥日向」や「室戸小夏」、オレンジ色の「オレンジ日向」もある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ