立浪和義

立浪和義

(スポーツ)
たつなみかずよし

プロ野球、中日ドラゴンズの選手。
右投左打、ポジションは内野手・外野手。背番号3。

1969年8月19日生まれ。大阪府摂津市出身。A型。
PL学園高校で春夏連覇の快挙を成し遂げる。
ドラフト1位で1988年中日に入団。

  • 2003年7月5日・巨人戦(東京ドーム)で2000本安打を達成。年齢では史上4番目の早さでの達成。
  • 2005年5月18日・日本ハム戦(札幌ドーム)で449本目の二塁打を放ち、福本豊の持つ記録に並ぶ。翌日の5月19日・日本ハム戦(札幌ドーム)の第2打席で二塁打を放ち、日本新記録達成。
  • プロ野球史上初の3つのポジションでのゴールデングラブ賞(88年・遊撃手、95年〜97年・二塁手、03年・三塁手)を受賞、高卒ルーキーのゴールデングラブ賞受賞は史上初の快挙。
  • 猛打賞の回数はセリーグで3番目の記録。
  • 2009年9月30日・巨人戦の試合が本拠地での最終戦となり、引退セレモニーが挙行された。最終打席で適時二塁打を放ち、自身の持つ通算二塁打の記録を487と伸ばした*1
  • 引退後は中日スポーツ東京中日スポーツの評論家に就任。

通算成績

打率.285、171本塁打、1037打点、2480安打、135盗塁
ゴールデングラブ賞5回(1988・1995〜1997・2003)
ベストナイン(1996、2004)
5回の1試合5安打を達成(プロ野球記録タイ)

*1:その後ポストシーズンにも出場、引退試合は2010年2月27日に行われる。

ネットの話題: 立浪和義

人気

新着

新着ブログ: 立浪和義