菊地成孔

(音楽)
きくちなるよし

日本の男性音楽家、文筆業、音楽講師。作家の菊地秀行は実兄。

略歴

1963年(昭和38年)6月14日千葉県銚子市生まれ。現在、東京都新宿区歌舞伎町在住。
ティポグラフィカ、山下洋輔デュオPLUS、グラウンドゼロを経て、スパンクハッピーDCPRGKQLDを主宰。
大友良英ニュージャズクインテット、ヴィンセント・アトミクスから2003年の夏を以って脱退。
現在は東京ザヴィヌルバッハにメンバーとして参加し、自身のアルバム『南米のエリザベス・テイラー』演奏のためのツアーバンド、菊地成孔とpepe tormento azucarar(ペペ・トルメント・アズカラール)でも活動中。
オフィシャルサイト(2003年9月10日、新サイト"fontaine/degustation"公開開始)で日々増産される韜晦溢れる散文と独特の美文調日記"renouvellement&nouvelles"(http://park10.wakwak.com/%7Ekikuchic/cgi-bin/ezjoho.cgi)が人気沸騰したが、多くの声に惜しまれつつ、2005年7月27日の投稿を以って更新が終了した。と、思われたが2005年12月6日、突如"renouvellement&nouvelles"を再開し、同月22日まで更新。2006年4月4日新サイト"PLISSE"公開。
2013年12月、ソニー・ミュージックアーティスツ/ヴィレッジミュージック・レーベル内に自身のレーベル「TABOO」を立ち上げることを発表。

アルバム

シングル

著書

  • 『スペインの宇宙食』(2003年9月、ISBN:4093874654
  • 『歌舞伎町のミッドナイト・フットボール 世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間』(2004年7月、ISBN:4093875189
  • 『憂鬱と官能を教えた学校 【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史』(共著・大谷能生)(2004年9月、ISBN:4309267807
  • 『サイコロジカル・ボディ・ブルース解凍 僕は生まれてから5年間だけ格闘技を見なかった』(2005年5月、ISBN:4861910307
  • 『東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編』(共著・大谷能生)(2005年5月、ISBN:4944124198
  • 『CDは株券ではない』(2005年8月、ISBN:4835615638

リスト::格闘技関係者

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ