視覚障害者

(社会)
しかくしょうがいしゃ

視覚障害者とは視力が全く無い、または視機能が弱く、日常生活や就労などの場で、不自由を強いられる人たちのことである。
また、視覚障害は、メガネやコンタクトレンズなどのいかなる手段で視力を矯正しても、視力視野狭窄の状態がある一定以上は復活しない状態のことです。

ですから、肉眼視力がいくら弱くても、メガネを掛ければよく見える人は、視覚障害者ではありません。

全く目の見えない人のことを全盲または全盲者と言います。
生まれつきの全盲の人は、生まれつきであることを強調するときには先天盲と自ら表現することがあります。
視力が弱い人のことを弱視または弱視者と呼びます。
ほんの少しでも見えれば弱視の範疇に入りますので、弱視はかなり幅が広くなります。
弱視の程度が弱い人、つまり視力が比較的良い人を軽度弱視と呼び、弱視の程度が重い人を強度弱視と呼びます。

視覚障害者の職業

医師

鍼灸マッサージ

音楽家
また少なく盲目の教師がいる。
などがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ