鎌ヶ谷大仏

(一般)
かまがやだいぶつ

鎌ケ谷市の墓地内にある、
鎌ヶ谷市指定工芸に登録されている、
銅造の釈迦如来の仏像。
六尺(1.8m)の坐像であり、
本来の「大仏」の定義の一つである、
「丈六」*1以上の大きさに達していない。
安永五年(1776)、
鎌ヶ谷の大国屋という豪商で名主の福田文右衛門が、
先祖供養の為に、神田の鋳物師・多川主膳に造らせた。
福田文右衛門は開眼会に自宅前からこの墓地の大仏までの約三町(約327m)に、
琉球表のゴザをひきつめ、50名以上の僧侶を集め音楽に合わせてねり歩かせたといわれている。

*1:一丈六尺(約4.8m)以上の立像か八尺(約2.4)以上の坐像。

鎌ヶ谷大仏

(地理)
かまがやだいぶつ

鎌ヶ谷大仏駅 新京成電鉄(新京成線)

千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷に存在する、新京成電鉄の駅。→ 鎌ヶ谷大仏駅
駅の近くに「鎌ヶ谷大仏」があるため、この名前が付けられた。
新京成電鉄の系列会社「船橋新京成バス」の営業所が駅の前にある。

リスト駅キーワード

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ