ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Flying to Wake Island 岡和田晃公式サイト このページをアンテナに追加 RSSフィード

2050-01-01

『エクリプス・フェイズ』発売!

『エクリプス・フェイズ』発売!を含むブックマーク 『エクリプス・フェイズ』発売!のブックマークコメント

『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラとサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。入門用シナリオ&運用ガイドとしては、「Role&Roll」Vol.143掲載の「スパイダー・ローズの孤独」をどうぞ。

Role&Roll Vol.143

Role&Roll Vol.143

f:id:Thorn:20160606000054j:image

『ウォーハンマーRPG』復活!

『ウォーハンマーRPG』復活!を含むブックマーク 『ウォーハンマーRPG』復活!のブックマークコメント

・紹介に携わっている『ウォーハンマーRPG』に重版がかかりました。エラッタも適用済です!

ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

※重版分がようやくAmazonにも並びました。

ミドンヘイムの灰燼 (ウォーハンマーRPG シナリオ)

ミドンヘイムの灰燼 (ウォーハンマーRPG シナリオ)

※基本ルールブックから連続して遊べるゲームシナリオ。詳細な都市設定はそれだけでも資料的価値あり!

※『ウォーハンマーRPG』がいっそう面白くなる多角的なソースブック。こちらで内容一部を無料で読むことができます。

※オールドワールドの多神教的な宗教事情を語ったサプリメント。中近世ヨーロッパの信仰に関心のある方も読んで損はしません。

※謎に包まれたスケイブンの秘密がここに公開。こちらで内容の一部を無料で読むことができます

献本について

献本についてを含むブックマーク 献本についてのブックマークコメント

 アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

単著&最新単行本or雑誌

単著&最新単行本or雑誌を含むブックマーク 単著&最新単行本or雑誌のブックマークコメント

※初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。

※これまでに書いた評論を精選した単著が出ました(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。

※第三単著が出ました。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。

※編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。

※統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。

※アイヌ近現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムとヘイトスピーチと歴史修正主義に反対する本を作りました。全国学校図書館協議会選定図書となりました。

※都甲幸治さん・阿部賢一さんとの鼎談で、J・R・R・トールキンから始まるファンタジーの面白さについて語っています。

※解説小説を寄稿いたしました。

※解説「アルス・コンビナトリアの復活」を寄稿いたしました。

※講演「アイヌ民族否定論を駁する 差別に抗した作家たち」およびパネルの全文採録が掲載されています。

※批評「〈奇妙な味〉の構成原理」、ケン・リュウ「しろたえの袖(スリーヴ)――拝啓、紀貫之どの」監修、解説「トランスヒューマン時代の太陽系――『エクリプス・フェイズ』とシェアードワールド」を執筆、「ケン・リュウ書誌」の協力をしています。

※デイヴィッド・マドセン『グノーシスの薔薇』他のレビュー、ロック・ミュージックとRPG文化についてのコラムを寄稿しています。

すばる 2016年9月号[雑誌]

すばる 2016年9月号[雑誌]

※陣野俊史『テロルの伝説 桐山襲烈伝』の書評「文学に政治を持ち込む戦術(タクティクス)の実践」を寄稿しました。

SFマガジン 2016年 08 月号 [雑誌]

SFマガジン 2016年 08 月号 [雑誌]

※銀背総解説にC・M・コーンブルース『クリスマス・イヴ』、アルフレッド・ベスター『破壊された男』、サム・マーウィン・ジュニア『多元宇宙の家』、山野浩一『鳥はいまどこを飛ぶか』、荒巻義雄『白壁の文字は夕陽に映える』のレビューを寄せています。

Role&Roll Vol.143

Role&Roll Vol.143

※『エクリプス・フェイズ』の入門シナリオ「スパイダー・ローズの孤独」と、戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典の第34回「魔王は巨人? ただの人間?」を寄稿しています。

f:id:Thorn:20160629220458j:image

「季報 唯物論研究」135号に批評「African American Agaginst the Bombと運動史の陥穽、〈核〉のイメージ批判について」を寄稿いたしました。

2016-09-23

「新潮」掲載の「イサの氾濫」評が、書評サイト「Book Bang」に再掲されました。

| 「新潮」掲載の「イサの氾濫」評が、書評サイト「Book Bang」に再掲されました。を含むブックマーク 「新潮」掲載の「イサの氾濫」評が、書評サイト「Book Bang」に再掲されました。のブックマークコメント

 読書家のための書評サイト「Book Bang」に、岡和田晃が「新潮」2016年6月号に寄稿した、木村友祐『イサの氾濫』書評「がんばれニッポンっ!」という空白を埋める」が採録されています。

 無料で読めますので、どうぞご笑覧ください。

イサの氾濫

イサの氾濫

新潮 2016年 06 月号 [雑誌]

新潮 2016年 06 月号 [雑誌]

『夢見る葦笛』

| 『夢見る葦笛』を含むブックマーク 『夢見る葦笛』のブックマークコメント

 上田早夕里さんから、新刊『夢見る葦笛』(光文社)をご恵贈いただきました。造本が立派。初出で読んだ作品も少なくないのですが、この状況で一貫して高水準を維持しているのには、ただ敬服します。

f:id:Thorn:20160923213352j:image

夢みる葦笛

夢みる葦笛

2016-09-21

「ナイトランド・クォータリーVol.06 奇妙な味の物語」に批評「〈奇妙な味〉の構成原理」、監修「しろたえの袖(スリーヴ)――拝啓、紀貫之どの」、解説「トランスヒューマン時代の太陽系――『エクリプス・フェイズ』とシェアード・ワールド』」を寄稿、「ケン・リュウ書誌」のお手伝いをしました。

| 「ナイトランド・クォータリーVol.06 奇妙な味の物語」に批評「〈奇妙な味〉の構成原理」、監修「しろたえの袖(スリーヴ)――拝啓、紀貫之どの」、解説「トランスヒューマン時代の太陽系――『エクリプス・フェイズ』とシェアード・ワールド』」を寄稿、「ケン・リュウ書誌」のお手伝いをしました。を含むブックマーク 「ナイトランド・クォータリーVol.06 奇妙な味の物語」に批評「〈奇妙な味〉の構成原理」、監修「しろたえの袖(スリーヴ)――拝啓、紀貫之どの」、解説「トランスヒューマン時代の太陽系――『エクリプス・フェイズ』とシェアード・ワールド』」を寄稿、「ケン・リュウ書誌」のお手伝いをしました。のブックマークコメント

 「ナイトランド・クォータリー」(アトリエサード/書苑新社)は、幻視者のためのホラー&ダークファンタジー専門誌と銘打っており、前身たる「ナイトランド誌」(トライデントハウス)のコンセプトを引き継ぎ、海外の優れた幻想文学やSFを精力的に日本へ翻訳・紹介しています。最新Vol.06は「奇妙な味」特集。私は批評「〈奇妙な味〉の構成原理」を寄稿しています。とかく収集がつかなくなる〈奇妙な味〉というカテゴリータームの言説史を整理し、その特徴を抽出するという試みにチャレンジしてみました。

 版元のアトリエサード社は、『ヴァンパイア:ザ・マスカレード』や『ヒーローウォーズ』等、海外の会話型RPGを手がけていたこともあり、「SF Prologue Wave」の「『エクリプス・フェイズ』の英語版アンソロジー小説が発売開始!」という告知が編集者の目にとまったことから、このたび、アンソロジー「Eclipse Phase: After the Fall: The Anthology of Transhuman Survival & Horror」から、巻頭に収められたケン・リュウの『エクリプス・フェイズ』小説「White Hempen Sleeves」の翻訳紹介が実現しました。原書はこちら;

 題して「しろたえの袖(スリーヴ)――拝啓、紀貫之どの」。翻訳は待兼音二郎さんで、私は監修を担当いたしました。編集の方の理解もあってレイアウトに凝ることができました。ケン・リュウはヒューゴー賞、ネビュラ賞、世界幻想文学大賞をはじめ、名だたるSF賞を総ナメにしている実力派作家。ベストセラー『紙の動物園』所収の「よい狩りを」が、第47回星雲賞海外短編部門に輝いたことでも記憶に新しいですね。詳しくは「ナイトランド・クォータリー」Vol.6に掲載された詳細をきわめる「ケン・リュウ書誌」をご参照ください。こちらもお手伝いをしたのですが、Twitter小説アンソロジーへのほんのちょっとした寄稿も含んだ完全版で、これだけ網羅的なものはちょっと海外にもないかもしれません。

紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

 また、関連して「トランスヒューマン時代の太陽系――『エクリプス・フェイズ』とシェアードワールド」も寄稿しました。タイトルはスコット・ブカートマン「ポストヒューマン時代の太陽系」へのオマージュとなります。ブルース・スターリング流のサイバーパンクの系譜、そしてRPGシェアードワールド小説の概観。『トンネルズ&トロールズ』のアンソロジーにも触れています。

Mage's Blood & Old Bones: A Tunnels & Trolls Anthology

Mage's Blood & Old Bones: A Tunnels & Trolls Anthology

『抄訳アフリカの印象』

| 『抄訳アフリカの印象』を含むブックマーク 『抄訳アフリカの印象』のブックマークコメント

 伽鹿舎さんから、『抄訳アフリカの印象』をご恵贈いただきました。抄訳と言うよりかは「新訳」、本としてのこだわりに満ちた逸品です。

f:id:Thorn:20160921103943j:image

「イマジニア」10号

| 「イマジニア」10号を含むブックマーク 「イマジニア」10号のブックマークコメント

 天瀬裕康さんから、広島のSFファンジン「イマジニア」10号をご恵贈いただきました。

f:id:Thorn:20160921103942j:image:large]

2016-09-15

「北海道新聞」2016年8月25日夕刊に岡和田晃×藤元登四郎「今日泊亜蘭――アナキスト講釈師が語るSF」が掲載されました。

| 「北海道新聞」2016年8月25日夕刊に岡和田晃×藤元登四郎「今日泊亜蘭――アナキスト講釈師が語るSF」が掲載されました。を含むブックマーク 「北海道新聞」2016年8月25日夕刊に岡和田晃×藤元登四郎「今日泊亜蘭――アナキスト講釈師が語るSF」が掲載されました。のブックマークコメント

 日本SF大賞最終候補作となり、星雲賞参考候補作にもなった『北の想像力』ですが、そのコンセプトを受け継いだ連載を「北海道新聞」夕刊で月1回のリレー連載という形にて展開開始しています(2015年4月21日の「北海道新聞」夕刊より)。「現代北海道文学論 「北の想像力」の可能性」と題し、「北海道文学」の特質や可能性を新たな視点で捉え直すという連載です。私は監修をしております。

 第17回は岡和田晃と藤元登四郎さんの共著で「今日泊亜蘭――アナキスト講釈師が語るSF」と題し、今日泊亜蘭の「深森譚(しむしむたむ)」を論じました(2015年7月29日夕刊)。北海道文学で完全に黙殺されてきた作品のためか、反響の大きかった原稿です。寿郎社のTwitterやFacebookでも紹介されていますよ。「北海道新聞」のデジタル版でも読むことができます

縹渺譚 (1977年) (ハヤカワ文庫―JA)

縹渺譚 (1977年) (ハヤカワ文庫―JA)

 『アイヌ民族抵抗史』は新装版の解題が優れているので、こちらでお読みください。

アイヌ民族抵抗史

アイヌ民族抵抗史

 本文で言及した「北海へそ祭り」はこういうイベントです。

D

『不機嫌な姫とブルックナー団』

| 『不機嫌な姫とブルックナー団』を含むブックマーク 『不機嫌な姫とブルックナー団』のブックマークコメント

 高原英理さんから、新刊『不機嫌な姫とブルックナー団』(講談社)をご恵贈いただきました。

f:id:Thorn:20160915145824j:image

f:id:Thorn:20160915143459j:image

f:id:Thorn:20160915143459j:image

不機嫌な姫とブルックナー団

不機嫌な姫とブルックナー団

2016-09-13

「Role&Roll」Vol.143に『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ&運用ガイド「スパイダー・ローズの孤独」が掲載されています。

| 「Role&Roll」Vol.143に『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ&運用ガイド「スパイダー・ローズの孤独」が掲載されています。を含むブックマーク 「Role&Roll」Vol.143に『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ&運用ガイド「スパイダー・ローズの孤独」が掲載されています。のブックマークコメント

 「Role & Roll」(アークライト/新紀元社)は、会話型ロールプレイングゲーム(テーブルトークRPG、TRPG)や、ボードゲーム、カードゲーム等のアナログゲーム(電源を使わないゲーム)を扱う月刊総合情報書籍です(2003年創刊)。

 毎号、プロとして活躍中のゲームデザイナーやライターにより、様々なゲームの紹介やサポートがなされています。「Role&Roll」Vol.143では、私の筆になる『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ&運用ガイド「スパイダー・ローズの孤独」が掲載されています。監修は朱鷺田祐介さんです。

Role&Roll Vol.143

Role&Roll Vol.143

 「Role&Roll」にはこれまで、Vol.92からの体験版や、「エントリー・ミッション」という有名SF作品へのオマージュを含んだシナリオが掲載されてきました。今回の「スパイダー・ローズの孤独」もその流れをくんだもので、イメージ・ソースはブルース・スターリングの『蝉の女王』。

 SNSでシナリオ・タイトルを告知した際、「工作者/機械主義者?」と訊かれることがあり、おお伝わった、と思ったのでした。

蝉の女王 (ハヤカワ文庫SF)

蝉の女王 (ハヤカワ文庫SF)

スキズマトリックス (ハヤカワ文庫SF)

スキズマトリックス (ハヤカワ文庫SF)

 ルールブック発売後というメリットを活かして、専門用語には逐一、ルールブックの参照ページを明記してあります。また、私が『エクリプス・フェイズ』体験会やR.CONといったイベントでゲームマスターをしてきた際の経験を反映し、ゲームマスターをする際のアドバイスを随所に書き込んであります。

 全体は明快な三部構成からなり、第一部はルールに慣れるためのチュートリアル。第二部は情報収集がメインとなっています。

 一部につき、対面のゲーム・セッションで1時間をかける、とすればうまく回ると思います(オンライン・セッションの場合は3倍を見ていただけましたら安心です)。

 2016年7月25日にスイッチゲームズ主催でRole&Roll Stationにて開催された「エクリプス・フェイズ」体験会でも、本シナリオ「スパイダー・ローズの孤独」の短縮版をお披露目し、好評を得ました。

 岡和田晃が「Role&Roll」に寄稿するRPGシナリオは、Vol.42の「黒の過程」、Vol.67の「ミッション:ルインズ・アンド・イデオロギー」に続く三本目。これらのシナリオとも異なる趣向になっていると思います。

Role&Roll Vol.42

Role&Roll Vol.42

Role&Roll Vol.67

Role&Roll Vol.67

 『エクリプス・フェイズ』のルールブックには残念ながらゲーム・シナリオは付属しておりませんが、この「スパイダー・ローズの孤独」で遊んでみてください。ゲームをしない方でも、『エクリプス・フェイズ』ルールブックの読解ガイドとしても活用できると思います。

「Role&Roll」Vol.143に「戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」第34回が掲載されています。

| 「Role&Roll」Vol.143に「戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」第34回が掲載されています。を含むブックマーク 「Role&Roll」Vol.143に「戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」第34回が掲載されています。のブックマークコメント

 アナログゲームを扱う専門書籍「Role&Roll」Vol.135に、連載「戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」第34回が掲載されています。ファンタジー小説やゲームに出てくる中世ヨーロッパの背景を、蛮人オドアケルと司祭のアマリア、あるいはダークエルフのフィンディとドワーフのガリーのコンビによる掛け合い、そして見田航介さんの美麗なイラストでわかりやすく紹介する、というものです。

 第34回のお題は「魔王は巨人? ただの人間?――中世の巨人・妖精伝承」。ライティングは岡和田晃。いちどはやってみたかった妖精や巨人のルーツをたどる試み。民俗学に踏み込み、トマス・カイトリーやヴィル=エーリヒ・ポイカートらの学説を噛み砕いて紹介しております。馬場綾香さんの論文「『中世末期ドイツの民間信仰』における「エルベ」: ヴィル=エーリッヒ・ポイカートの「エルベ」概念」も役に立ちました。見田航介さんのキュクロプスのイラストも最高ですね!

Role&Roll Vol.143

Role&Roll Vol.143

『スペース金融道』

| 『スペース金融道』を含むブックマーク 『スペース金融道』のブックマークコメント

 宮内悠介さんから、新刊『スペース金融道』(河出書房新社)をご恵贈いただきました。

f:id:Thorn:20160913103333j:image

スペース金融道

スペース金融道