ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Flying to Wake Island 岡和田晃公式サイト このページをアンテナに追加 RSSフィード

2050-01-01

『エクリプス・フェイズ』発売!

『エクリプス・フェイズ』発売!を含むブックマーク 『エクリプス・フェイズ』発売!のブックマークコメント

『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラとサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。入門用シナリオ&運用ガイドとしては、「Role&Roll」Vol.143掲載の「スパイダー・ローズの孤独」をどうぞ。

Role&Roll Vol.143

Role&Roll Vol.143

f:id:Thorn:20160606000054j:image

『ウォーハンマーRPG』復活!

『ウォーハンマーRPG』復活!を含むブックマーク 『ウォーハンマーRPG』復活!のブックマークコメント

・紹介に携わっている『ウォーハンマーRPG』に重版がかかりました。エラッタも適用済です!

ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

※重版分がようやくAmazonにも並びました。

ミドンヘイムの灰燼 (ウォーハンマーRPG シナリオ)

ミドンヘイムの灰燼 (ウォーハンマーRPG シナリオ)

※基本ルールブックから連続して遊べるゲームシナリオ。詳細な都市設定はそれだけでも資料的価値あり!

※『ウォーハンマーRPG』がいっそう面白くなる多角的なソースブック。こちらで内容一部を無料で読むことができます。

※オールドワールドの多神教的な宗教事情を語ったサプリメント。中近世ヨーロッパの信仰に関心のある方も読んで損はしません。

※謎に包まれたスケイブンの秘密がここに公開。こちらで内容の一部を無料で読むことができます

献本について

献本についてを含むブックマーク 献本についてのブックマークコメント

 アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

単著&最新単行本or雑誌

単著&最新単行本or雑誌を含むブックマーク 単著&最新単行本or雑誌のブックマークコメント

※初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。

※これまでに書いた評論を精選した単著が出ました(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。

※第三単著が出ました。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。

※編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。

※統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。

※アイヌ近現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムとヘイトスピーチと歴史修正主義に反対する本を作りました。全国学校図書館協議会選定図書となりました。

※解説小説を寄稿いたしました。

※解説「アルス・コンビナトリアの復活」を寄稿いたしました。

※講演「アイヌ民族否定論を駁する 差別に抗した作家たち」およびパネルの全文採録が掲載されています。

※長編評論「「世界内戦」下、「伊藤計劃以後」のSFに何ができるか―仁木稔、樺山三英、宮内悠介、岡田剛、長谷敏司、八杉将司、山野浩一を貫く軸」を寄稿しました。

※批評「〈奇妙な味〉の構成原理」、ケン・リュウ「しろたえの袖(スリーヴ)――拝啓、紀貫之どの」監修、解説「トランスヒューマン時代の太陽系――『エクリプス・フェイズ』とシェアードワールド」を執筆、「ケン・リュウ書誌」の協力をしています。

※作者不詳『ペピの体験』他のレビュー、ロック・ミュージックとRPG文化についてのコラムを寄稿しています。

SFマガジン 2016年 12 月号 [雑誌]

SFマガジン 2016年 12 月号 [雑誌]

※中川大地『現代ゲーム全史』の書評を寄稿しました。

Role&Roll Vol.145

Role&Roll Vol.145

※『エクリプス・フェイズ』のソロ・アドベンチャー「女博士エヴァ・イオネスコの受難」のチェックをしました。

f:id:Thorn:20160629220458j:image

「季報 唯物論研究」135号に批評「African American Agaginst the Bombと運動史の陥穽、〈核〉のイメージ批判について」を寄稿いたしました。

※校正協力をさせていただきました。

2016-11-18

第50回北海道新聞文学賞の佳作になりました。

| 第50回北海道新聞文学賞の佳作になりました。を含むブックマーク 第50回北海道新聞文学賞の佳作になりました。のブックマークコメント

 2016年11月11日の「北海道新聞」朝刊に出たのですけど、第50回北海道新聞文学賞創作・評論部門に入賞しました。正賞は出ず、残念ながら私も佳作でしたが、そもそも評論での入賞は1994年が最後だったので光栄です。ご支援いただいた方々に感謝いたします。対象作品『破滅(カタストロフィー)の先に立つ ポストコロニアル現代/北方文学論』(幻視社)は、北海道立文学館で読むことができます。

 入賞に際して、とりわけ地元の方々から沢山のお祝いメッセージを頂戴しました。この場を借りて御礼申し上げます。「北海道新聞」に出たインタビューをWebで読むことができます。

f:id:Thorn:20161118091926j:image

f:id:Thorn:20161111073505j:image

f:id:Thorn:20161111073132j:image

 日本SF作家クラブからお祝いのメッセージとお花を頂戴しました。破滅派のニュース筑波大学大学院のニュースにも出ましたね。

「図書新聞」2016年11月19日号に、計良光範『ごまめの歯ぎしり』の書評を書きました。

| 「図書新聞」2016年11月19日号に、計良光範『ごまめの歯ぎしり』の書評を書きました。を含むブックマーク 「図書新聞」2016年11月19日号に、計良光範『ごまめの歯ぎしり』の書評を書きました。のブックマークコメント

 発売中の「図書新聞」2016年11月19日号に、計良光範『ごまめの歯ぎしり』(寿郎社)の書評「「文化振興」に矮小化される「アイヌ政策」を批判  表象と政治のねじれた関係を解きほぐす」を書きました。自分では、かなりうまく書けたと思います。

ごまめの歯ぎしり

ごまめの歯ぎしり

 版元の寿郎社が紹介してくれましたが、全文を読みたい方はぜひご購読を。コンビニからでも有償ダウンロードできます。

『星野智幸コレクションI スクエア』、『星野智幸コレクションII サークル』

| 『星野智幸コレクションI スクエア』、『星野智幸コレクションII サークル』を含むブックマーク 『星野智幸コレクションI スクエア』、『星野智幸コレクションII サークル』のブックマークコメント

 人文書院さんから、『星野智幸コレクションI スクエア』、『星野智幸コレクションII サークル』をご恵贈いただきました。ほとんどを初出で読んでいたと思いきや、知らなかった作品も。何より、素晴らしい造本です。

f:id:Thorn:20161118091930j:image

星野智幸コレクションI スクエア

星野智幸コレクションI スクエア

星野智幸コレクションII サークル

星野智幸コレクションII サークル

2016-11-10

日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」2016年10月20日号が公開されています。

| 日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」2016年10月20日号が公開されています。を含むブックマーク 日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」2016年10月20日号が公開されています。のブックマークコメント

 日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」2016年10月20日号が更新されました。すべて無料で読めます。目次は以下のとおり。私は『エクリプス・フェイズ』関連情報について書きました。

【ショートショート】

・「こうして僕はここにいる。」伊野隆之

・「鏡の街」片理誠(作・絵)

・「人類の進化」高橋桐矢


【中・短編】

・「マイ・デリバラー(13)」山口優


【九十九神曼陀羅企画】 (九十九神曼陀羅についての説明は こちら)

・九十九神曼陀羅シリーズに新作が追加されました。

 (青木和/平谷美樹)


【Eclipse Phase企画】 (Eclipse Phaseについての説明は こちら )

・『月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.144「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ スカイ・アーク・クライシス」』


【宣伝(作者コメントつき)】

・「ミューズ叢書<3> 町井登志夫インタビュー 特集:『爆撃聖徳太子』」町井登志夫、上田早夕里

「Role&Roll」Vol.144に「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ スカイ・アーク・クライシス」が掲載されています。

| 「Role&Roll」Vol.144に「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ スカイ・アーク・クライシス」が掲載されています。を含むブックマーク 「Role&Roll」Vol.144に「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ スカイ・アーク・クライシス」が掲載されています。のブックマークコメント

 「Role & Roll」(アークライト/新紀元社)は、会話型ロールプレイングゲーム(テーブルトークRPG、TRPG)や、ボードゲーム、カードゲーム等のアナログゲーム(電源を使わないゲーム)を扱う月刊総合情報書籍です(2003年 Vol.1発売)。

 毎号、プロとして活躍中のゲームデザイナーやライターにより、様々なゲームの紹介やサポートがなされています。

 「SF Prologue Wave」でも、「Role&Roll」掲載の『エクリプス・フェイズ』関連記事は、継続的に紹介して参りました。


 今回ご紹介する「Role&Roll」Vol.144では、『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ「スカイ・アーク・クライシス」が掲載されています。

 「Role&Roll」にはこれまで、Vol.92からの体験版や、「エントリー・ミッション」という有名SF作品へのオマージュを含んだシナリオが掲載されてきました。

 その流れを汲み、Vol.143掲載の「スパイダー・ローズの孤独」はブルース・スターリングの『蝉の女王』をイメージしたものですが、今回の「スカイ・アーク・クライシス」は、マイクル・クライトン原作の映画『ジュラシック・パーク』のオマージュです。


 今回の記事はゲームのシナリオだけではなく、未訳サプリメント『Gatecrashing』から舞台となる惑星スカイ・アークの設定が、同じく未訳サプリメントの『X-Risks』からは、「輝く聖者の教会」の背景が訳出されています(いずれも抄訳)。


 惑星スカイ・アークは地球型。太陽系外にあるので、パンドラ・ゲートを抜けて向かうことになります。この惑星が面白いのは、地球由来の生物を保護し、あるいは絶滅した動物を復活させたりするところです。もちろん、環境保護主義者らは反対していますので、そうした対立構造はシナリオのネタにピッタリだと思います。


 輝く聖者の教会は、キリスト教系の終末論カルト。『エクリプス・フェイズ』の重要な設定である“大破壊(ザ・フォール)”や、ティターンズの設定とも絡んできますし、木星共和国など既存の勢力と同居させれば、シナリオにいっそうの奥行きが生まれます。噂では、新たなエクスサージェント・ウイルスもあるとか!?


 シナリオそのものは、わかりやすい3部構成。豊富なアクションと場面転換で飽きさせない内容になっています。ラスボスは強敵、あなたのセンティネルは無事に生還できるでしょうか?

 JGC(ジャパンゲームコンベンション)2016のR-CONの『エクリプス・フェイズ』卓では、好評をいただいた次第です。


 そうそう、「スカイ・アーク・クライシス」は、「SF Prologue Wave」に掲載された小説「スカイ・アーク・マーダーズ」ともリンクした内容になっています。あわせて読めば、楽しさは何倍にもなるでしょう。 

Role&Roll Vol.144

Role&Roll Vol.144

『翼のジェニー』

| 『翼のジェニー』を含むブックマーク 『翼のジェニー』のブックマークコメント

 アトリエサードさんから、ケイト・ウィルヘルム『翼のジェニー』をご恵贈いただきました。まさにスペキュレイティヴ・フィクション!

 ジーン・ウルフの問題作『ケルベロス第五の首』を読み解くためには、出たばかりのケイト・ウィルヘルム『翼のジェニー』に入っている「一マイルもある宇宙船」を読んでおいた方がいいですよ。理解が広がります、いや本当に。

f:id:Thorn:20161110132919j:image

2016-11-09

「図書新聞」2016年11月12日号に、連載「〈世界内戦〉下の文芸時評 第二一回 世界劇場のイメージに呑まれず、その風景を活写すること」を寄稿しました。

| 「図書新聞」2016年11月12日号に、連載「〈世界内戦〉下の文芸時評 第二一回 世界劇場のイメージに呑まれず、その風景を活写すること」を寄稿しました。を含むブックマーク 「図書新聞」2016年11月12日号に、連載「〈世界内戦〉下の文芸時評 第二一回 世界劇場のイメージに呑まれず、その風景を活写すること」を寄稿しました。のブックマークコメント

 ツィッターの方で告知はしていますが、公式サイトへの転載が追いついておりません。少しずつやっていきます。

 「図書新聞」2016年11月12日号に、連載「〈世界内戦〉下の文芸時評 第二一回 世界劇場のイメージに呑まれず、その風景を活写すること」を寄稿しました。今回は小池百合子の豊洲新市場問題、沖縄での機動隊の「土人」発言などをマクラとしつつ、以下の作品を取上げています。

・安藤礼二「田中弥生さんを追悼する」( 「群像」 )

・目取真俊「露」 ( 「三田文學」 )

・古川真人 「縫わんばならん」(新潮新人賞受賞作)

・砂川文次「熊狩り」 ( 「文學界」 )

・藤井光訳「ドラガン・トドロヴィッチに語られた移住者の物語」 ( 「早稲田文学」 )

・杉本裕孝 「弔い」 ( 「文學界」 )

・岡本学「再起動」 ( 「群像」 )

・古川日出男 「「鳥の王」日誌」(「三田文學」)

・室井光広「世界劇場のサーヴァント〈シェイクスピアとセルバンテス〉のための序」 ( 「三田文學」 )

・本田誠二「 『テラ・ノストラ』―『ドン・キホーテ』の《パランプセスト》 」( 「三田文學」 )

・榎本櫻湖「スポーツと気晴らし」( 「三田文學」 )

・春見朔子「そういう生き物」 (すばる文学賞受賞作)

・川勝徳重「水木しげるの「劇性」と風景について」( 「貸本マンガ史研究」 )

群像 2016年 11 月号 [雑誌]

群像 2016年 11 月号 [雑誌]

三田文学 2016年 11 月号 [雑誌]

三田文学 2016年 11 月号 [雑誌]

新潮 2016年 11 月号 [雑誌]

新潮 2016年 11 月号 [雑誌]

早稲田文学 2016年秋号 (単行本)

早稲田文学 2016年秋号 (単行本)

文學界2016年11月号

文學界2016年11月号

すばる 2016年11月号[雑誌]

すばる 2016年11月号[雑誌]

f:id:Thorn:20161110065608j:image

 今週は、いちにち早く発売された模様です。コンビニでも購入できますので、ぜひどうぞ。

『異文化理解とパフォーマンス』

| 『異文化理解とパフォーマンス』を含むブックマーク 『異文化理解とパフォーマンス』のブックマークコメント

 執筆者の齋藤一先生から、ご恵贈をいただきました。

f:id:Thorn:20161109223520j:image

姫君誕生

| 姫君誕生を含むブックマーク 姫君誕生のブックマークコメント

 2016年11月1日、娘が生まれました。パートナーが11時間、がんばってくれました。

f:id:Thorn:20161101134413j:image

2016-10-12

Analog Game Studies2016年1〜9月活動報告

| Analog Game Studies2016年1〜9月活動報告を含むブックマーク Analog Game Studies2016年1〜9月活動報告のブックマークコメント

 しばらく更新できずにおりましたが、Analog Game Studiesの2016年1月から9月の活動報告が更新されています。

・Analog Game Studies2016年1月〜9月の活動報告

http://analoggamestudies.com/?p=1329

『ハーフリアル――虚実のあいだのビデオゲーム』が出ています。

| 『ハーフリアル――虚実のあいだのビデオゲーム』が出ています。を含むブックマーク 『ハーフリアル――虚実のあいだのビデオゲーム』が出ています。のブックマークコメント

 Analog Game Studiesの活動報告にも出ていますが、高田馬場のボードゲーム読書会ではイェスパー・ユール『ハーフリアル――虚実のあいだのビデオゲーム』(ニューゲームズオーダー)の購読をしてきました。編集の沢田大樹さんのご厚意によるものです。訳者の松永伸司さんが来てくださった回もあって充実した内容になったのですけど、それは出版前のことでした。つまり校正協力も兼ねていたわけで、クレジットに名前を入れていただいています。『ハーフリアル』はゲームを扱った博士論文、少なくともゲーム/メディア論/表象文化論では、日本で紹介されていないのが不思議な必読レベルでの基本書ですね。文芸批評においても読んでおかねばなりません。というのも既存の文芸批評や映画批評では不可能だった方法論が提示されているから、というのに尽きます。充分な公共性があり、本当ならば学術出版社が出しておかなければならなかった日本語版ですね。連載時評でも一言言及しましたが、それはこの本が現在の文芸状況において「必要」なものにほかならないからです。

『J・G・バラード短編全集1 時の声』

| 『J・G・バラード短編全集1 時の声』を含むブックマーク 『J・G・バラード短編全集1 時の声』のブックマークコメント

 東京創元社さんから、『J・G・バラード短編全集1 時の声』(柳下毅一郎監修、浅倉久志他訳)をご恵贈いただきました。これはすごい! 興奮しています。

f:id:Thorn:20161012154640j:image