ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Flying to Wake Island 岡和田晃公式サイト このページをアンテナに追加 RSSフィード

2050-01-01

『エクリプス・フェイズ』発売!

『エクリプス・フェイズ』発売!を含むブックマーク 『エクリプス・フェイズ』発売!のブックマークコメント

『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラとサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます

f:id:Thorn:20160606000054j:image

献本について

献本についてを含むブックマーク 献本についてのブックマークコメント

 アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

単著&最新単行本or雑誌

単著&最新単行本or雑誌を含むブックマーク 単著&最新単行本or雑誌のブックマークコメント

※初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。

※これまでに書いた評論を精選した単著が出ました(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。

※第三単著が出ました。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。

※編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。

※統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。

※アイヌ近現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムとヘイトスピーチと歴史修正主義に反対する本を作りました。全国学校図書館協議会選定図書となりました。

北の文学2016

北の文学2016

※北海道新聞文学賞に入賞した『破滅(カタストロフィー)の先に立つ』より、第4部の一部が収録されています。

※第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。特にRPG論を入れられたのは、苦労しただけに感慨深いものがあります。

現代詩手帖 2017年 08 月号 [雑誌]

現代詩手帖 2017年 08 月号 [雑誌]

※批評「江原光太と〈詩人のデモ行進〉――『北海道=ヴェトナム詩集』再考」を寄稿しました。

現代詩手帖 2017年 09 月号 [雑誌]

現代詩手帖 2017年 09 月号 [雑誌]

※批評「江原光太と〈詩人的身体〉――郡山弘史、米山将治、砂澤ビッキ、戸塚美波子らを受け止めた器」を寄稿しました。

※ジョイ・ディヴィジョン、『J・G・バラード短編全集3』、漫画雑誌「架空」私漫画特集、ブラックメタルとクトゥルフメタルなどについて論じています。

トンネル・ザ・トロールマガジン vol.4

トンネル・ザ・トロールマガジン vol.4

※「T&Tによる遊戯史学のススメ」と題し、「ディファレント・ワールズ」や「ペガサス」といった、アメリカの未訳RPG雑誌の話を書きました。

Role&Roll Vol.155

Role&Roll Vol.155

※『エクリプス・フェイズ』シナリオ監修と中世“非”幻想事典の執筆をしています。

ナイトランド・クォータリーvol.10 逢魔が刻の狩人

ナイトランド・クォータリーvol.10 逢魔が刻の狩人

※「〈ゴーストハンター〉シリーズのあゆみ」と、「《超常探偵ジュール・ド・グランダン》と叛逆への道筋」を寄稿しました。

松尾多英松尾多英 2017/09/24 16:34 日本画家の松尾多英です。お送りした個展案内状がもどってきてしまいました。もし私の知る先生で、人違いでなければ、新住所を教えてください。

松尾多英松尾多英 2017/09/24 16:34 日本画家の松尾多英です。お送りした個展案内状がもどってきてしまいました。もし私の知る先生で、人違いでなければ、新住所を教えてください。

ThornThorn 2017/09/26 07:53 わざわざお手数をおかけして申し訳ありません。メールアドレスをお教えいただくか、akiraokawada@gmail.comにまでご一報いただけますでしょうか。よろしくお願い致します。

2017-10-19

「現代詩手帖」2017年8月号・9月号に江原光太論が掲載。

| 「現代詩手帖」2017年8月号・9月号に江原光太論が掲載。を含むブックマーク 「現代詩手帖」2017年8月号・9月号に江原光太論が掲載。のブックマークコメント

 「現代詩手帖」2017年8月号に、批評「江原光太と〈詩人のデモ行進〉――『北海道=ヴェトナム詩集』再考」が掲載されています。誌面で8ページの長編論考です。 翌2017年9月号には、批評「江原光太と〈詩人的身体〉――郡山弘史、米山将治、砂澤ビッキ、戸塚美波子らを受け止めた器」が掲載。どちらも単体でも読めるように工夫しております。

現代詩手帖 2017年 08 月号 [雑誌]

現代詩手帖 2017年 08 月号 [雑誌]

現代詩手帖 2017年 09 月号 [雑誌]

現代詩手帖 2017年 09 月号 [雑誌]

2017-10-18

「SFマガジン」2017年10月号の「オールタイム・べストSF映画総解説」および「ニューウェーヴは終わらない」を寄稿

| 「SFマガジン」2017年10月号の「オールタイム・べストSF映画総解説」および「ニューウェーヴは終わらない」を寄稿を含むブックマーク 「SFマガジン」2017年10月号の「オールタイム・べストSF映画総解説」および「ニューウェーヴは終わらない」を寄稿のブックマークコメント

 「SFマガジン」2017年10月号「オールタイム・ベストSF映画総解説 PART1」に寄稿しました。アラン・レネ監督『去年マリエンバートで』、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督『あやつり糸の世界』、ジム・シャーマン監督『ロッキー・ホラー・ショー』、ジョン・ミリアス監督『コナン・ザ・グレート』、リチャード・フライシャー監督『キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2』以上5本のレビューを書いております。面白い取り合わせになりました! 可能な限り調べて熱く書きました。

 SFマガジン」2017年10月号には「ニューウェーヴは終わらない――山野浩一を追悼する」も寄稿。晩年と初期の活動、未収録&未発表作品の紹介も。かつて山野さんと対立状態にあった「SFマガジン」から追悼評論依頼が来るのは意義あることと思い、SF界の保守性に対しても問題提起しました。

SFマガジン 2017年 10 月号

SFマガジン 2017年 10 月号

2017-10-17

「図書新聞」10月21日号「〈世界内戦〉下の文芸時評 第三二回 極右二大政党を前に、待ち構える「捕獲装置」の「あはれ」」が掲載。

| 「図書新聞」10月21日号「〈世界内戦〉下の文芸時評 第三二回 極右二大政党を前に、待ち構える「捕獲装置」の「あはれ」」が掲載。を含むブックマーク 「図書新聞」10月21日号「〈世界内戦〉下の文芸時評 第三二回 極右二大政党を前に、待ち構える「捕獲装置」の「あはれ」」が掲載。のブックマークコメント

 発売中の「図書新聞」10月21日号「〈世界内戦〉下の文芸時評 第三二回 極右二大政党を前に、待ち構える「捕獲装置」の「あはれ」」が掲載。今回は民進党の分裂騒動と、棄権を呼びかける東浩紀を批判しつつ、以下の作品を取り上げました。

・上田岳弘「キュー」(「新潮」)

・中村太郎「慎ましく世界を破壊すること」(「群像」)

・三浦佑之「出雲神話論」(「群像」)

・山下澄人「を待ちながら」(「新潮」)

・金石範「消された孤独」(「すばる」)

・春見朔子「きみはコラージュ」(「すばる」)

・「文學界」の特集「死ぬまでに絶対読みたい大長篇」および柳原孝敦による『ドン・キホーテ』解説

・トーマス・マン×渡辺一夫『五つの証言』(中公文庫)およびアンドレ・ジッドの序文、中野重治との書簡、山城むつみの解説

・柳下毅一郎監修『J・G・バラード短編全集4』(東京創元社)また、収録作のうち野口幸夫訳

・ポール・ウィリアムズ『フィリップ・K・ディックの世界』(小川隆訳、河出書房新社)

・室井光広×多和田葉子「言葉そのものがつくる世界」(「現代詩手帖」)

・吉田広行『記憶する生×九千の日と夜』(七月堂)

・吉田正代『る』(まどえふの会)

・橋場仁奈『空と鉄骨』(荊冠舎)

・『大室ゆらぎ歌集 夏野』(青磁社)

・勺禰子『歌集 月に射されたままのからだで』(六花書林)

 その他、笙野頼子『だいにっほん、おんたこめいわく史』、ドゥルーズ&ガタリ『千のプラトー』、林美脉子『緋のシャンバラへ』、林浩治「愚銀のブログ」、ジュリアン・グラック『シルトの岸辺』、フリオ・コルタサル『石蹴り遊び』、ホセ・ドノソ『夜のみだらな鳥』、J・G・バラード『死亡した宇宙飛行士』、ベンヤミン「翻訳者の使命」にも触れました。

 また、一点訂正があります。

三段目、×「純文学作家」としてデビューした→○「純文学作家」としてさせた

 申し訳ありません。

2017-10-10

「時事通信」2017年10月10日配信記事に笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう』書評を書きました。

| 「時事通信」2017年10月10日配信記事に笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう』書評を書きました。を含むブックマーク 「時事通信」2017年10月10日配信記事に笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう』書評を書きました。のブックマークコメント

 2017年10月10日付けで、時事通信より笙野頼子『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』(講談社)の書評「文学による「報道」」が配信されました。週末あたりから、日本全国の地方紙に掲載されていくでしょう。新聞書評としては、かなり尖った内容になったものと思います。