ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Flying to Wake Island 岡和田晃公式サイト このページをアンテナに追加 RSSフィード

2050-01-01

『エクリプス・フェイズ』予約開始!

『エクリプス・フェイズ』予約開始!を含むブックマーク 『エクリプス・フェイズ』予約開始!のブックマークコメント

『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、Amazonで予約開始となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラとサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。体験会でお世話になってきた「Role&Roll Station」秋葉原店さんでも『エクリプス・フェイズ』の予約が開始されていますね。Webのみならず店頭やお電話でも予約ができるということです。

f:id:Thorn:20160606000054j:image

『ウォーハンマーRPG』復活!

『ウォーハンマーRPG』復活!を含むブックマーク 『ウォーハンマーRPG』復活!のブックマークコメント

・紹介に携わっている『ウォーハンマーRPG』に重版がかかりました。エラッタも適用済です!

ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

※重版分がようやくAmazonにも並びました。

ミドンヘイムの灰燼 (ウォーハンマーRPG シナリオ)

ミドンヘイムの灰燼 (ウォーハンマーRPG シナリオ)

※基本ルールブックから連続して遊べるゲームシナリオ。詳細な都市設定はそれだけでも資料的価値あり!

※『ウォーハンマーRPG』がいっそう面白くなる多角的なソースブック。こちらで内容一部を無料で読むことができます。

※オールドワールドの多神教的な宗教事情を語ったサプリメント。中近世ヨーロッパの信仰に関心のある方も読んで損はしません。

※謎に包まれたスケイブンの秘密がここに公開。こちらで内容の一部を無料で読むことができます

献本について

献本についてを含むブックマーク 献本についてのブックマークコメント

 アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

単著&最新単行本or雑誌

単著&最新単行本or雑誌を含むブックマーク 単著&最新単行本or雑誌のブックマークコメント

※初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。

※これまでに書いた評論を精選した単著が出ました(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。

※第三単著が出ました。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。

※編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。

※統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。

※アイヌ近現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムとヘイトスピーチと歴史修正主義に反対する本を作りました。全国学校図書館協議会選定図書となりました。

※都甲幸治さん・阿部賢一さんとの鼎談で、J・R・R・トールキンから始まるファンタジーの面白さについて語っています。

※解説小説を寄稿いたしました。

※解説「アルス・コンビナトリアの復活」を寄稿いたしました。

新潮 2016年 06 月号 [雑誌]

新潮 2016年 06 月号 [雑誌]

※「「がんばれニッポンっ!」という空白を埋める――木村友祐『イサの氾濫』書評」を寄稿しています。

※「アリス&クロード・アスキューと思弁的実在論(スペキュレイティヴ・リアリズム)――《幽霊狩人カーナッキ》の系譜から逸脱、パラノーマルなオカルト探偵」を寄稿いたしました。

※サーカス特集のレビューにフェリーニ『道』等のレビュー、ロックとRPG文化についてのコラム、ボードゲーム『ゾンビタワー3D』評を寄稿しています。

ハヤカワ文庫SF総解説2000

ハヤカワ文庫SF総解説2000

※《スペース・オペラ名作選》、『プリズナー』、『虎よ、虎よ!』、『終りなき戦い』、『母なる夜』、『ヒーザーン』(と『テラプレーン』)、『軍犬と世界の痛み』(と『秋の星々の都』)、『ジェイクをさがして』、以上のレビューを寄稿いたしました。

Role&Roll Vol.140

Role&Roll Vol.140

※『エクリプス・フェイズ』特集に協力し、コミック『スピタのコピタの!』に出演しています。

すばる 2016年7月号[雑誌]

すばる 2016年7月号[雑誌]

「歴史修正主義に抗する、先住民族の「生存の歴史」――津島佑子『ジャッカ・ドフ二』書評」を寄稿しています。

2016-06-20

「北海道新聞」2016年5月27日号に横道仁志「桜庭一樹――流氷の海の漂流者たち」が掲載されました。

| 「北海道新聞」2016年5月27日号に横道仁志「桜庭一樹――流氷の海の漂流者たち」が掲載されました。を含むブックマーク 「北海道新聞」2016年5月27日号に横道仁志「桜庭一樹――流氷の海の漂流者たち」が掲載されました。のブックマークコメント

 日本SF大賞最終候補作となり、星雲賞参考候補作にもなった『北の想像力』ですが、そのコンセプトを受け継いだ連載を「北海道新聞」夕刊で月1回のリレー連載という形にて展開開始しています(2015年4月21日の「北海道新聞」夕刊より)。「現代北海道文学論 「北の想像力」の可能性」と題し、「北海道文学」の特質や可能性を新たな視点で捉え直すという連載です。

 第14回は横道仁志さんが「桜庭一樹――流氷の海の漂流者たち」と題し、桜庭一樹の『私の男』を熊切和嘉監督による映画版との比較で論じています(2015年5月27日夕刊)。タブーを正面から扱った問題作に切り込む、分析の深度にご注目ください。寿郎社のTwitterやFacebookでも紹介されていますよ。「北海道新聞」のデジタル版でも読むことができます。

私の男 (文春文庫)

私の男 (文春文庫)

私の男 [DVD]

私の男 [DVD]

岡和田が『虐殺器官』読書会で参加者の声を無視した、というデマについて

| 岡和田が『虐殺器官』読書会で参加者の声を無視した、というデマについてを含むブックマーク 岡和田が『虐殺器官』読書会で参加者の声を無視した、というデマについてのブックマークコメント

 Twitter上にて“岡和田が自分の主催した『虐殺器官』読書会で参加者の声を圧殺し、「自分なりの伊藤計劃論を書きたかったから無視した」との開き直った理由づけをしていた”という趣旨の発言が流れていると、心配した友人が私に教えてくれました。

 しかしながら、そもそもの話、岡和田はこれまで『虐殺器官』の読書会を主催したことはなく、むろん、流布されているような行為や発言を行った事実もありません。

 批評に携わる者としてデマゴギーの拡散には強く抗議するとともに、その旨を文章として書き記しておきます。

 (2016年6月20日 岡和田晃)

2016-06-15

「すばる」2016年7月号に「歴史修正主義に抗する、先住民族の「生存の歴史」 津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』」を寄稿しました。

| 「すばる」2016年7月号に「歴史修正主義に抗する、先住民族の「生存の歴史」 津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』」を寄稿しました。を含むブックマーク 「すばる」2016年7月号に「歴史修正主義に抗する、先住民族の「生存の歴史」 津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』」を寄稿しました。のブックマークコメント

 集英社の文芸誌「すばる」2016年7月号に、「歴史修正主義に抗する、先住民族の「生存の歴史」 津島佑子『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』」を寄稿しました。通常、「すばる」に書く書評の2倍以上の紙幅で『ジャッカ・ドフニ』の意義を、アイヌ民族否定論へのカウンターの視点から論じてみた次第です。

f:id:Thorn:20160615065023j:image

 雑誌に掲載されるのとほぼ同時に、ウェブでも公開されました。ぜひお読みいただけましたら幸いです。

 こちらで告知いただいておりました。

 なお、ウィルタについて調べ直しましたが、北川アイ子さんについては、こちらの資料がアップデートされた研究として参考になります。PDFのp.8の注釈6に衝撃。今となにも変わりませんね……。

すばる 2016年7月号[雑誌]

すばる 2016年7月号[雑誌]

ジャッカ・ドフニ  海の記憶の物語

ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語

『旋舞の千年都市』

| 『旋舞の千年都市』を含むブックマーク 『旋舞の千年都市』のブックマークコメント

 東京創元社さんから、イアン・マクドナルド『旋舞の千年都市』(下楠昌哉訳)上下巻をご恵贈いただきました。

f:id:Thorn:20160615065022j:image

2016-06-10

「ナイトランド・クォータリーvol.05 闇の探索者たち」に「アリス&クロード・アスキューと思弁的実在論(スペキュレイティヴ・リアリズム)――《幽霊狩人カーナッキ》の系譜から逸脱、パラノーマルなオカルト探偵」を寄稿しました。

| 「ナイトランド・クォータリーvol.05 闇の探索者たち」に「アリス&クロード・アスキューと思弁的実在論(スペキュレイティヴ・リアリズム)――《幽霊狩人カーナッキ》の系譜から逸脱、パラノーマルなオカルト探偵」を寄稿しました。を含むブックマーク 「ナイトランド・クォータリーvol.05 闇の探索者たち」に「アリス&クロード・アスキューと思弁的実在論(スペキュレイティヴ・リアリズム)――《幽霊狩人カーナッキ》の系譜から逸脱、パラノーマルなオカルト探偵」を寄稿しました。のブックマークコメント

 「ナイトランド・クォータリーvol.05 闇の探索者たち」に批評文「アリス&クロード・アスキューと思弁的実在論(スペキュレイティヴ・リアリズム)――《幽霊狩人カーナッキ》の系譜から逸脱、パラノーマルなオカルト探偵」を寄稿しました。ニール・ゲイマン、キム・ニューマンと驚異的な顔ぶれで、RPG関係者でもある安田均さんや小林正親さんの寄稿もあります。

 拙稿は前号の「ウィリアム・ホープ・ホジスンと思弁的実在論」の問題意識を引き継いだ論考ですが、単体でも十分にお読みいただくことが可能です。このために限定500部の『エイルマー・ヴァンスの心霊事件簿』原書を入手し、研究した成果を反映させました。具体的には、哲学的な文脈のみならず、評伝的な要素やミステリ論の視座を並立させることで、問題を深く掘り下げられるように試みた次第です。

 以下はお読みいただいた方から寄せられたコメント。ありがたい限りです。

f:id:Thorn:20160610124303j:image

 書泉グランデ3階では平積み。

『ドン・キホーテの消息』

| 『ドン・キホーテの消息』を含むブックマーク 『ドン・キホーテの消息』のブックマークコメント

 樺山三英さんから、『ドン・キホーテの消息』(幻戯書房)をご恵贈いただきました。出版が実現したとは感無量!

f:id:Thorn:20160610124718j:image

ドン・キホーテの消息

ドン・キホーテの消息

2016-06-05

「図書新聞」2016年6月11日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第16回 ヒストリオグラフィーからメロドラマ性を剥ぎ取る、直喩としての建築」を寄稿しました。

| 「図書新聞」2016年6月11日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第16回 ヒストリオグラフィーからメロドラマ性を剥ぎ取る、直喩としての建築」を寄稿しました。を含むブックマーク 「図書新聞」2016年6月11日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評 第16回 ヒストリオグラフィーからメロドラマ性を剥ぎ取る、直喩としての建築」を寄稿しました。のブックマークコメント

 「図書新聞」2016年6月11日号に、「〈世界内戦〉下の文芸時評」の第16回「ヒストリオグラフィーからメロドラマ性を剥ぎ取る、直喩としての建築」を寄稿しております。前回に続く形で、ヘイトスピーチ解消法の成立から切り込んでおります。電子版もアクセスできますので、ぜひどうぞ(コンビニから簡単にプリントアウト購入できます)。

 取り上げた作品は以下の通り。

・長濱一眞「「戦後70年」の国民――シングル・イシュー運動を越えるための覚え書」(「子午線」)

・崔実(チェシル)「ジニのパズル」(群像新人文学賞受賞作)

・宮本陽一郎『アトミック・メロドラマ――冷戦アメリカのドラマトゥルギー』(彩流社)

・石川義正『錯乱の日本文学 建築/小説をめざして』(航思社)

・市原佐都子「虫」(「すばる」)

・内村薫風「鏡」(「新潮」)

・古川日出男「ミライミライ」(「新潮」)

 その他、向井豊昭「御料牧場」に言及いたしました。

群像 2016年 06 月号 [雑誌]

群像 2016年 06 月号 [雑誌]

錯乱の日本文学: 建築/小説をめざして

錯乱の日本文学: 建築/小説をめざして

すばる2016年6月号[雑誌]

すばる2016年6月号[雑誌]

新潮 2016年 06 月号 [雑誌]

新潮 2016年 06 月号 [雑誌]

『JUST IN SF』

| 『JUST IN SF』を含むブックマーク 『JUST IN SF』のブックマークコメント

 牧眞司さんから、『JUST IN SF』(本の雑誌社)をご恵贈いただきました。

f:id:Thorn:20160605162024j:image

JUST IN SF

JUST IN SF