ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Flying to Wake Island 岡和田晃公式サイト このページをアンテナに追加 RSSフィード

2050-01-01

『エクリプス・フェイズ』発売!

『エクリプス・フェイズ』発売!を含むブックマーク 『エクリプス・フェイズ』発売!のブックマークコメント

『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラとサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。「Role&Roll Station」秋葉原店さんでも『エクリプス・フェイズ』発売記念イベントを予定。お気軽にご参加ください。

f:id:Thorn:20160606000054j:image

『ウォーハンマーRPG』復活!

『ウォーハンマーRPG』復活!を含むブックマーク 『ウォーハンマーRPG』復活!のブックマークコメント

・紹介に携わっている『ウォーハンマーRPG』に重版がかかりました。エラッタも適用済です!

ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

※重版分がようやくAmazonにも並びました。

ミドンヘイムの灰燼 (ウォーハンマーRPG シナリオ)

ミドンヘイムの灰燼 (ウォーハンマーRPG シナリオ)

※基本ルールブックから連続して遊べるゲームシナリオ。詳細な都市設定はそれだけでも資料的価値あり!

※『ウォーハンマーRPG』がいっそう面白くなる多角的なソースブック。こちらで内容一部を無料で読むことができます。

※オールドワールドの多神教的な宗教事情を語ったサプリメント。中近世ヨーロッパの信仰に関心のある方も読んで損はしません。

※謎に包まれたスケイブンの秘密がここに公開。こちらで内容の一部を無料で読むことができます

献本について

献本についてを含むブックマーク 献本についてのブックマークコメント

 アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

単著&最新単行本or雑誌

単著&最新単行本or雑誌を含むブックマーク 単著&最新単行本or雑誌のブックマークコメント

※初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。

※これまでに書いた評論を精選した単著が出ました(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。

※第三単著が出ました。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。

※編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。

※統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。

※アイヌ近現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムとヘイトスピーチと歴史修正主義に反対する本を作りました。全国学校図書館協議会選定図書となりました。

※都甲幸治さん・阿部賢一さんとの鼎談で、J・R・R・トールキンから始まるファンタジーの面白さについて語っています。

※解説小説を寄稿いたしました。

※解説「アルス・コンビナトリアの復活」を寄稿いたしました。

※「アリス&クロード・アスキューと思弁的実在論(スペキュレイティヴ・リアリズム)――《幽霊狩人カーナッキ》の系譜から逸脱、パラノーマルなオカルト探偵」を寄稿いたしました。

※デイヴィッド・マドセン『グノーシスの薔薇』他のレビュー、ロック・ミュージックとRPG文化についてのコラムを寄稿しています。

すばる 2016年9月号[雑誌]

すばる 2016年9月号[雑誌]

※陣野俊史『テロルの伝説 桐山襲烈伝』の書評「文学に政治を持ち込む戦術(タクティクス)の実践」を寄稿しました。

SFマガジン 2016年 08 月号 [雑誌]

SFマガジン 2016年 08 月号 [雑誌]

※銀背総解説にC・M・コーンブルース『クリスマス・イヴ』、アルフレッド・ベスター『破壊された男』、サム・マーウィン・ジュニア『多元宇宙の家』、山野浩一『鳥はいまどこを飛ぶか』、荒巻義雄『白壁の文字は夕陽に映える』のレビューを寄せています。

Role&Roll Vol.142

Role&Roll Vol.142

※『エクリプス・フェイズ』サポート記事のチェックをしています。

f:id:Thorn:20160629220458j:image

「季報 唯物論研究」135号に批評「African American Agaginst the Bombと運動史の陥穽、〈核〉のイメージ批判について」を寄稿いたしました。

2016-08-22

日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」2016年7月20日号が公開されています。

| 日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」2016年7月20日号が公開されています。を含むブックマーク 日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」2016年7月20日号が公開されています。のブックマークコメント

 時間差告知。日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」2016年7月20日号が公開されています。ウェブマガジンの強み、バックナンバーが流れてはおりませんのでご安心を。

 私は仙田学さんの「鬼門コンパ」の第2回の編集と、『エクリプス・フェイズ』情報としまして「いよいよ『エクリプス・フェイズ』日本語版が発売!」の執筆を担当させていただきました。以下、片理誠さんの解説です。

 目次は以下。倉数茂さん、山口優さんの新作も!

【ショートショート】

・「アクアリウム」倉数茂

・「ここにいた」大梅健太郎


【中・短編】

・「マイ・デリバラー(10)」山口優

・「鬼門コンパ(2)」仙田学


【九十九神曼陀羅企画】 (九十九神曼陀羅についての説明は こちら)

・九十九神曼陀羅シリーズに新作が追加されました。

 (平谷美樹)


【Eclipse Phase企画】 (Eclipse Phaseについての説明は こちら )

・「いよいよ『エクリプス・フェイズ』基本ルールブック日本語版が発売!」


【宣伝(作者コメントつき)】

・『E・A・ポー』中里友香(翻訳)

 すべて無料で読めますので、お愉しみください!

『穴』

| 『穴』を含むブックマーク 『穴』のブックマークコメント

 解説を担当した笙野頼子さんから、小山田浩子『穴』(新潮文庫)をいただきました。私、この作品、時事通信で書評したので自信持って言えますが、解説のために買う価値あります。

f:id:Thorn:20160822210741j:image

穴 (新潮文庫)

穴 (新潮文庫)

2016-08-20

「すばる」2016年9月号に、陣野俊史『テロルの伝説 桐山襲烈伝』の書評を書きました。

| 「すばる」2016年9月号に、陣野俊史『テロルの伝説 桐山襲烈伝』の書評を書きました。を含むブックマーク 「すばる」2016年9月号に、陣野俊史『テロルの伝説 桐山襲烈伝』の書評を書きました。のブックマークコメント

 「すばる」2016年9月号に、陣野俊史『テロルの伝説 桐山襲烈伝』の書評「文学に政治を持ち込む戦術(タクティクス)の実践」を書きました。巧く書けたので校正で赤が入らず、一発OKでした! 初めてのことかもしれません。タイトルは、もちろんツイッター上でのハッシュタグ「#音楽に政治を持ち込むなよ」に由来しています。

すばる 2016年9月号[雑誌]

すばる 2016年9月号[雑誌]

テロルの伝説:桐山襲烈伝

テロルの伝説:桐山襲烈伝

『塔の中の部屋』

| 『塔の中の部屋』を含むブックマーク 『塔の中の部屋』のブックマークコメント

 アトリエサードさんから、ナイトランド叢書の最新刊、E・F・ベンスン『塔の中の部屋』(中野善夫ほか訳、アトリエサード/書苑新社)をご恵贈いただきました。いやあ、ベンスンが単行本で読めるとは感動です。

f:id:Thorn:20160820234237j:image

塔の中の部屋 (ナイトランド叢書)

塔の中の部屋 (ナイトランド叢書)

2016-08-16

「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」Vol.67「異・耽美〜トラウマティック・ヴィジョンズ」に寄稿しました。

| 「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」Vol.67「異・耽美〜トラウマティック・ヴィジョンズ」に寄稿しました。を含むブックマーク 「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」Vol.67「異・耽美〜トラウマティック・ヴィジョンズ」に寄稿しました。のブックマークコメント

 「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」Vol.67「異・耽美〜トラウマティック・ヴィジョンズ」に寄稿しました。

 特集レビューにて、アラン・ロブ=グリエ『快楽の漸進的横滑り』、サム・チャップ&アンドリュー・グリーンバーグ『ノド書』、生田耕作ほか『〈芸術〉なぜ悪い 「バイロス画集事件」顛末報告』、デイヴィッド・マドセン『グノーシスの薔薇』を取り上げました。『グノーシスの薔薇』は、文芸誌にピンボケ感あふれる批評が出ていましたので、そのオルタナティヴを目指しております。

 また、松本寛大さんが式貴士『虹のジプシー 完全版』、大瀧啓祐編『ヴァージル・フィンレイ幻想画集』のレビュー、田島淳さんがトーマス・アルフレッドソン監督『ぼくのエリ 200歳の少女』、スティーブ・ナイルズ&ベン・テンプルスミス『30デイズ・ナイト』を寄稿なさっていますが、こちらの監修もさせていただきました。なお、田島さんは特選街コーナーに『インセイン3 インセインSCP』レビューも書いておられます。

 加えて私は、連載枠「FLEA MARKET」にて、「ロック・ミュージックとRPG文化(2) ブラインド・ガーディアンと『ダンジョンズ&ドラゴンズ』」を寄稿しました。かなり意義のあるアプローチになったと自負しています。ぜひお読みになってください。

 そうそう、倉数茂さんの小説「少年果」も掲載。三五千波さんのイラストも含めて必見です。

快楽の漸進的横滑り (1977年)

快楽の漸進的横滑り (1977年)

グノーシスの薔薇

グノーシスの薔薇

Somewhere Far Beyond

Somewhere Far Beyond

『3・11後の叛乱 反原連・しばき隊・SEALS』

| 『3・11後の叛乱 反原連・しばき隊・SEALS』を含むブックマーク 『3・11後の叛乱 反原連・しばき隊・SEALS』のブックマークコメント

 笠井潔さんから、野間易通さんとの対談書『3・11後の叛乱 反原連・しばき隊・SEALS』(集英社)をご恵贈いただきました。

 これは面白いですね。現在進行形の「叛乱」にコミットしているがゆえに、どうしても近視眼的になりがちな当事者の語りに対し、笠井さんの絶妙なオーガナイズと歴史的なコンテクストとの関連づけによって、非常に立体的な構成になっていると思います。

f:id:Thorn:20160816183839j:image

2016-08-08

「図書新聞」2016年8月13日号に「〈世界内戦〉下の文芸時評」の第18回「優生学的な暴力に立ち向かうための声と論理」が掲載

| 「図書新聞」2016年8月13日号に「〈世界内戦〉下の文芸時評」の第18回「優生学的な暴力に立ち向かうための声と論理」が掲載を含むブックマーク 「図書新聞」2016年8月13日号に「〈世界内戦〉下の文芸時評」の第18回「優生学的な暴力に立ち向かうための声と論理」が掲載のブックマークコメント

 発売中の「図書新聞」2016年8月13日号に、連載〈世界内戦〉下の文芸時評、第18回「優生学的な暴力に立ち向かうための声と論理」が掲載されています。今回はフロリダの銃乱射事件と相模原市の障害者殺傷事件という二つのヘイトクライムに絡めつつ、以下の作品を取り上げました。電子版もアクセスできますので、ぜひどうぞ(コンビニから簡単にプリントアウト購入できます)。

・津島佑子「狩りの時代」(「文學界」)

・木村友祐「野良ビトたちの燃え上がる肖像」(「新潮」)

・黄英治「続・狂人日記」(「労働者文学」

・ニール・ゲイマン「死と蜂蜜」(牧原勝志訳、「ナイトランド・クォータリー」)

・笙野頼子「おばあちゃんのシラバス」(「文藝」)

・元木大地「ファイティングポーズ」(労働者文学賞受賞作

・仙田学「愛と愛と愛」(「文藝」)

・キルメン・ウリベ「「遠い」をつなぐ「小さきものたち」」(×今福龍太)(「現代詩手帖」)「サウサリートへの道」「大晦日の夕暮れ」(金子奈美訳、「現代詩手帖」)

・金子奈美「バスク人になる」(「すばる」)

 その他、生田武志『〈野宿者襲撃〉論』、木村友祐『聖地Cs』、コナン・ドイル「ライオンのたてがみ」、笙野頼子『未闘病記――膠原病、「混合性結合組織病」の』、仙田学「平均的駅員」「きみの中指の深爪の」「盗まれた遺書」、キルメン・ウリベ『ムシェ 小さな英雄の物語』(金子奈美訳)にも言及いたしました。

文學界2016年8月号

文學界2016年8月号

新潮 2016年 08 月号 [雑誌]

新潮 2016年 08 月号 [雑誌]

文芸 2016年 08 月号 [雑誌]

文芸 2016年 08 月号 [雑誌]

現代詩手帖 2016年 07 月号 [雑誌]

現代詩手帖 2016年 07 月号 [雑誌]

すばる 2016年8月号〔雑誌〕

すばる 2016年8月号〔雑誌〕

『ハイ・ライズ』

| 『ハイ・ライズ』を含むブックマーク 『ハイ・ライズ』のブックマークコメント

 東京創元社さんから、J・G・バラード『ハイ・ライズ』をご恵贈いただきました。映画が楽しみ! 読み直さねば。

f:id:Thorn:20160808122820j:image

f:id:Thorn:20160808122821j:image