ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Flying to Wake Island 岡和田晃公式サイト このページをアンテナに追加 RSSフィード

2050-01-01

『エクリプス・フェイズ』発売!

『エクリプス・フェイズ』発売!を含むブックマーク 『エクリプス・フェイズ』発売!のブックマークコメント

『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラとサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。日本語版の公式サイトで、サマリー形式の簡易ルール&シナリオ「ヘリオンズ・エッグ」、サンプルキャラクター等を無料でダウンロードできます

f:id:Thorn:20160606000054j:image

献本について

献本についてを含むブックマーク 献本についてのブックマークコメント

 アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

単著&最新単行本or雑誌

単著&最新単行本or雑誌を含むブックマーク 単著&最新単行本or雑誌のブックマークコメント

※初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。

※これまでに書いた評論を精選した単著が出ました(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。

※第三単著が出ました。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。

※編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。

※統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。

※アイヌ近現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムとヘイトスピーチと歴史修正主義に反対する本を作りました。全国学校図書館協議会選定図書となりました。

※第四単著です。2013年から2017年に書いた批評を集成しています。特にRPG論を入れられたのは、苦労しただけに感慨深いものがあります。

※J・ピーターズ『ベア・カルトの地下墓地』レベル1を全訳し、レベル2を杉本=ヨハネさんと共同制作しました。自信作です。

※安田均さんのインタビューをさせていただきました(沢田大樹さん、山本拓さんと共同です)。

※「幻想文学批評と「宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)――自らの姿を反映する言語」を掲載いただきました。

Role&Roll Vol.162

Role&Roll Vol.162

※『エクリプス・フェイズ』シナリオ「老いたる霊長類の星への挽歌」を寄稿しています。

松尾多英松尾多英 2017/09/24 16:34 日本画家の松尾多英です。お送りした個展案内状がもどってきてしまいました。もし私の知る先生で、人違いでなければ、新住所を教えてください。

松尾多英松尾多英 2017/09/24 16:34 日本画家の松尾多英です。お送りした個展案内状がもどってきてしまいました。もし私の知る先生で、人違いでなければ、新住所を教えてください。

ThornThorn 2017/09/26 07:53 わざわざお手数をおかけして申し訳ありません。メールアドレスをお教えいただくか、akiraokawada@gmail.comにまでご一報いただけますでしょうか。よろしくお願い致します。

2018-04-06

2018年3月の仕事

| 2018年3月の仕事を含むブックマーク 2018年3月の仕事のブックマークコメント

・【翻訳】【創作】“熊の”J・ピーターズ&ケン・セント・アンドレ著、安田均、清松みゆき、高山浩、岡和田晃、杉本=ヨハネ、笠井道子訳・創作『ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判』(グループSNE)

・【批評】「〈世界内戦〉下の文芸時評 第三七回 「制度」を強化させるための批評とは異なる道筋」(「図書新聞」2018年3月17日号)

・【イベント】「『トンネルズ&トロールズ』完全版のゲームマスター」(グループSNEコンベンション、2018年3月17日)

・【創作】岡和田晃著、朱鷺田祐介、待兼音二郎監修「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ&運用ガイド 老いたる霊長類の星への挽歌」(「Role&Roll」Vol.162、新紀元社)

・【監修】山野浩一「丘の上の白い大きな家」(「SF Prologue Wave」2018年3月20日号)

・【創作】藤田莉+岡和田晃「キュイジニエの旅」(「SF Prologue Wave」2018年3月20日号)

・【紹介】「月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.161「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ 宇宙要塞『神龍(シェンロン)』の悪夢」」(「SF Prologue Wave」2018年3月20日号)

・【イベント】萩原朔美×岡和田晃「地域から始まる文学再生(ルネッサンス)」(前橋文学館、2018年3月24日)

 その他、「層 映像と表現 vol.10」(北海道大学大学院/ゆまに書房)の藤元登四郎・石和義之・忍澤勉の各氏の論文を査読いたしました。

2018-04-05

2018年2月の仕事

| 2018年2月の仕事を含むブックマーク 2018年2月の仕事のブックマークコメント

・【イベント】「北海道文学集中ゼミ 第2回 釧路文学というトポス」(於:双子のライオン堂書店、2018年2月1日)

・【イベント】「北海道文学集中ゼミ 第3回 アイヌ“による/を描いた”文学」(於:双子のライオン堂書店、2018年2月8日)

・【レポート】古家昌伸、久才秀樹「北海道文学の可能性 岡和田晃×川村湊」レポート(「北海道新聞」2018年2月9日夕刊)

・【批評】「〈世界内戦〉下の文芸時評 第三六回 「敵」としての文芸時評宣言」(「図書新聞」2018年2月17日号)

・【イベント】「『エクリプス・フェイズ』オンリーコンベンションのゲームマスター」(主催:サークル閑話堂、2018年2月11日)

・【アンケート】「ベストSF2017 国内編・海外編」(『SFが読みたい! 2018年版、早川書房)

・【エッセイ】「2018年のわたし」(『SFが読みたい! 2018年版』、早川書房)

・【対談】山城むつみ×岡和田晃「歴史の声に動かされ、テクストを掘り下げるということ 第一回 『文学のプログラム』の衝撃」(シミルボン)

・【対談】山城むつみ×岡和田晃「歴史の声に動かされ、テクストを掘り下げるということ 第二回 北海道とロシアの一八七〇年問題」(シミルボン)

・【対談】山城むつみ×岡和田晃「歴史の声に動かされ、テクストを掘り下げるということ 第三回 〈アイヌ〉の強制移住、鹿野武一、エスペラントと「連続する問題」」(シミルボン)

・【監修】朱鷺田祐介著、岡和田晃、待兼音二郎監修「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ 宇宙要塞『神龍(シェンロン)』の悪夢」(「Role&Roll」Vol.161、新紀元社)

・【監修】待兼音二郎著、見田航介イラスト「戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典」第43回 労働力不足なのに待遇悪化ってどういうこと? ワット・タイラーの乱」(「Role&Roll」Vol.161、新紀元社)

・【監修】待兼音二郎「古椿姫」(「SF Prologue Wave」2018年2月20日号)

・【紹介】「月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.160「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ スペース闇金道――情報難民をさいなむドラッグ」」(「SF Prologue Wave」2018年2月20日号)

・【サイト開設】山野浩一公式Webサイト(新)(http://koichiyamano.blog.fc2.com/

・【書評】「来るべき世代の秘密諜報部員」に向けて記した手引書――ウォルフガング・ロッツ『スパイのためのハンドブック』書評」(シミルボン)

・【電子書籍】『日本現代卓上遊戯史紀聞 [1]安田均』(聞き手:岡和田晃、沢田大樹、山本拓、ニューゲームズオーダー)

・【対談】山城むつみ×岡和田晃「歴史の声に動かされ、テクストを掘り下げるということ 第四回 検閲されたものを検閲し返す、「プロパガンダ・ウォー」ではない批評」(シミルボン)

・【対談】山城むつみ×岡和田晃「歴史の声に動かされ、テクストを掘り下げるということ 第五回 「不一致」という理論、「怪道をゆく」との出逢い」(シミルボン)

・【批評】「幻想文学批評と「宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)」――自らの姿を反映する言語」(「ナイトランド・クォータリーvol.12 不可知の領域――コスミック・ホラー」、アトリエサード)

・【対談】山城むつみ×岡和田晃「歴史の声に動かされ、テクストを掘り下げるということ 第六回 偶然性の自由と、加害の問題」(シミルボン)

2018-03-07

2018年1月の仕事

| 2018年1月の仕事を含むブックマーク 2018年1月の仕事のブックマークコメント

・【書評】「断念の感覚の漂着点――中原清一郎『人の昏れ方』書評」(「文藝」2018年春号、河出書房新社)

・【書評】「真なる暗黒を求める昏い熱気を継承すること――包括的な「ベルギー文学」としての幻想文学再評価 岩本和子・三田順編訳『幻想の坩堝』書評」(「図書新聞」2018年1月13日号)

・【イベント】「対論「北海道文学」の可能性」(川村湊との対論、於:北海道立文学館、2018年1月13日)

・【批評】「拡張現実を過去にも適用する、「弱い」インターフェイス」(「〈世界内戦〉下の文芸時評」第35回、「図書新聞」2018年1月20日号)

・【小説】「X橋」(ショートショート、「SF Prologue Wave」2018年1月20日号)

・【紹介】「『月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.159「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ 歯車の音 あるいは多元宇宙の崩壊」』(「『エクリプス・フェイズ』」情報、「SF Prologue Wave」2018年1月20日号)

・【監修】待兼音二郎著、朱鷺田祐介、岡和田晃監修「『エクリプス・フェイズ』入門シナリオ スペース闇金道」(「Role&Roll」Vol.160、新紀元社)

・【イベント】「北海道文学集中ゼミ 第1回 「北海道文学」とタコ部屋労働」(於:双子のライオン堂書店、2018年1月18日)

・【書評】「異議を申し立てる文学――木村友祐『幸福な水夫』書評」(「デーリー東北」2018年1月26日号)

・【書評】「ジョン・ヴァーリイ『汝、コンピュータの夢』レビュー」(「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」No.73、アトリエサード)

・【書評】「サックス・ローマー『魔女王の血脈』(「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」No.73、アトリエサード)

・【批評】「山野浩一とその時代(2) サンリオ闘争という苦難」(「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」No.73、アトリエサード)

 「TH」No.73では、その他、田島淳、待兼音二郎、石和義之、高槻真樹、松本寛大、西村遼の各氏の仕事の監修もいたしました。

2018-02-18

2017年の仕事(その4)イベント出演・学会発表・イベントレポート等

| 2017年の仕事(その4)イベント出演・学会発表・イベントレポート等を含むブックマーク 2017年の仕事(その4)イベント出演・学会発表・イベントレポート等のブックマークコメント

 以下、基本的にゲスト参加のものを挙げています。

・「伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』と「継承」の問題」(平成28年度筑波大学比較・理論文学会年次大会、筑波大学、2017年2月18日)

・「はるこんで新世紀のポストヒューマンRPG『エクリプス・フェイズ』を体験しよう!」(はるこん2017、2017年4月22〜23日、横浜市開港記念館)

→「ポストヒューマニズム、紀貫之、ロールプレイングゲーム――ケン・リュウと『エクリプス・フェイズ』を語る」(「ナイトランド・クォータリー」Vol.9、アトリエサード/書苑新社)でレポート

・「シミルボンの世界」(「SFセミナー2017」合宿企画、2017年5月4日、鳳明館森川別館)

→「「シミルボンの世界」in「SFセミナー2017」レポート!」(シミルボン)でレポート

・「ナイトランドの部屋」(「SFセミナー2017」合宿企画、2017年5月4日、鳳明館森川別館)

・「岡和田晃、新刊を語る――『世界にあけられた弾痕と、黄昏の原郷』について」(「SFセミナー2017」合宿企画、2017年5月5日、鳳明館森川別館)

・「第10回TRPG文華祭」へのゲスト参加(トークショーほか)(TRPG文華館、2017年7月16日、鳳明館森川別館)

・「荒巻義雄最新作『もはや宇宙は迷宮の鏡のように』を語る」(第56回日本SF大会ドンブラコンL、2017年8月26日、静岡アーツコンベンションセンターグランシップ)

・「追悼 山野浩一」(第56回日本SF大会ドンブラコンL、2017年8月26日、静岡アーツコンベンションセンターグランシップ)

・「『エクリプス・フェイズ』のゲームマスター」(「R-CON in TRPGフェスティバル 2017」、2017年9月1日〜2日、熱海ホテル大野屋)

・「『ガンドッグ・リヴァイズド』のゲームマスター」(「R-CON in TRPGフェスティバル 2017」、2017年9月2日〜3日、熱海ホテル大野屋)

・「SF-TRPGを語る」「R-CON in TRPGフェスティバル 2017」、2017年9月2日、熱海ホテル大野屋)

・「『ハーンマスター』のゲームマスター」(「サンセットゲームズ『ハーン』体験会 in TRPGフェスティバル 2017」、2017年9月2〜3日、熱海ホテル大野屋)

・「「Role&Roll」新作発表会」(「TRPGフェスティバル2017)、2017年9月3日、熱海ホテル大野屋)

・「Verses Calling:An Evening with Indo- Japan Poetry」(Indo-Japan Association for Literature and Culture、2017年9月15日、ジャワハルラール・ネルー大学)

・「INTERNATIONAL SEMINAR ON JAPANESE LITERATURE」(Indo-Japan Association for Literature and Culture、2017年9月16日、デリー大学)

・「Workshop on Reading Japanese Literature」(Indo-Japan Association for Literature and Culture、2017年9月17日、ジャワハルラール・ネルー大学)

・「映画『kapiwとapappo〜アイヌの姉妹の物語』特別上映会&トークショー」(SF乱学講座、2017年10月1日、高井戸地域センター)

・「『エクリプス・フェイズ』のゲームマスター」(「幻界堂『エクリプス・フェイズ』オンリーコンベンション」、2017年11月5日、イエローサブマリン秋葉原RPGショップ)

・「『エクリプス・フェイズ』のゲームマスター」(「ゲームマーケット2017秋 アークライト・ブース」、2017年12月2日、東京ビッグサイト)