ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Flying to Wake Island 岡和田晃公式サイト このページをアンテナに追加 RSSフィード

2050-01-01

『エクリプス・フェイズ』発売!

『エクリプス・フェイズ』発売!を含むブックマーク 『エクリプス・フェイズ』発売!のブックマークコメント

『エクリプス・フェイズ』日本語版ルールブックが、発売となりました。岡和田晃は翻訳チームに参加しています。スペースオペラとサイバーパンクが融合した本格SF-RPGの世界を日本語でご堪能下さい。A4変形フルカラー400ページです。圧倒的情報量にも関わらずプレイアブル。「Role&Roll Station」秋葉原店さんでも『エクリプス・フェイズ』発売記念イベントを予定。お気軽にご参加ください。

f:id:Thorn:20160606000054j:image

『ウォーハンマーRPG』復活!

『ウォーハンマーRPG』復活!を含むブックマーク 『ウォーハンマーRPG』復活!のブックマークコメント

・紹介に携わっている『ウォーハンマーRPG』に重版がかかりました。エラッタも適用済です!

ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

ウォーハンマーRPG 基本ルールブック

※重版分がようやくAmazonにも並びました。

ミドンヘイムの灰燼 (ウォーハンマーRPG シナリオ)

ミドンヘイムの灰燼 (ウォーハンマーRPG シナリオ)

※基本ルールブックから連続して遊べるゲームシナリオ。詳細な都市設定はそれだけでも資料的価値あり!

※『ウォーハンマーRPG』がいっそう面白くなる多角的なソースブック。こちらで内容一部を無料で読むことができます。

※オールドワールドの多神教的な宗教事情を語ったサプリメント。中近世ヨーロッパの信仰に関心のある方も読んで損はしません。

※謎に包まれたスケイブンの秘密がここに公開。こちらで内容の一部を無料で読むことができます

献本について

献本についてを含むブックマーク 献本についてのブックマークコメント

 アトランダムに献本いただいた作品を紹介しています(原則として商業媒体の新作。すべてを紹介できているわけではありません)。文芸時評をやっている関係上、文芸誌の献本については原則、ウェブログでの紹介はいたしません。時評や書評に間に合った場合、そちらに替えさせていただくこともあります。

単著&最新単行本or雑誌

単著&最新単行本or雑誌を含むブックマーク 単著&最新単行本or雑誌のブックマークコメント

※初の単著、自信作です。ロールプレイングゲームの可能性を引き出すべくつとめました。

※これまでに書いた評論を精選した単著が出ました(日本図書館協会選定図書になりました)。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。また、収録記事「二十一世紀の実存」に脱落がありますが、版元のサイトで完全版をPDF形式でダウンロードできます。

※第三単著が出ました。未來社のPR誌「未来」の連載を大幅に加筆改稿したもので、書き下ろしの第三章、詳細な作品リストもついています。帯は笙野頼子さんが書いてくださいました。

※編集、解説、年譜作成を担当しました(こちらも日本図書館協会選定図書になりました)。

※統括と編集を担当いたしました。特設サイトはこちら! 日本SF大賞最終候補&星雲賞参考候補となりました。

※アイヌ近現代思想史研究者のマーク・ウィンチェスターさんとの共編で、レイシズムとヘイトスピーチと歴史修正主義に反対する本を作りました。全国学校図書館協議会選定図書となりました。

※都甲幸治さん・阿部賢一さんとの鼎談で、J・R・R・トールキンから始まるファンタジーの面白さについて語っています。

※解説小説を寄稿いたしました。

※解説「アルス・コンビナトリアの復活」を寄稿いたしました。

新潮 2016年 06 月号 [雑誌]

新潮 2016年 06 月号 [雑誌]

※「「がんばれニッポンっ!」という空白を埋める――木村友祐『イサの氾濫』書評」を寄稿しています。

※「アリス&クロード・アスキューと思弁的実在論(スペキュレイティヴ・リアリズム)――《幽霊狩人カーナッキ》の系譜から逸脱、パラノーマルなオカルト探偵」を寄稿いたしました。

※サーカス特集のレビューにフェリーニ『道』等のレビュー、ロックとRPG文化についてのコラム、ボードゲーム『ゾンビタワー3D』評を寄稿しています。

SFマガジン 2016年 08 月号 [雑誌]

SFマガジン 2016年 08 月号 [雑誌]

※銀背総解説にC・M・コーンブルース『クリスマス・イヴ』、アルフレッド・ベスター『破壊された男』、サム・マーウィン・ジュニア『多元宇宙の家』、山野浩一『鳥はいまどこを飛ぶか』、荒巻義雄『白壁の文字は夕陽に映える』のレビューを寄せています。

Role&Roll Vol.140

Role&Roll Vol.140

※『エクリプス・フェイズ』特集に協力し、コミック『スピタのコピタの!』に出演しています。

Role&Roll Vol.141

Role&Roll Vol.141

※『エクリプス・フェイズ』のシナリオと、戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典のチェックをしています。

すばる 2016年7月号[雑誌]

すばる 2016年7月号[雑誌]

※「歴史修正主義に抗する、先住民族の「生存の歴史」――津島佑子『ジャッカ・ドフ二』書評」を寄稿しています。

f:id:Thorn:20160629220458j:image

「季報 唯物論研究」135号に批評「African American Agaginst the Bombと運動史の陥穽、〈核〉のイメージ批判について」を寄稿いたしました。

2016-07-28

「真空の開拓者――大江健三郎の「後期の仕事(レイト・ワーク)」」完結

| 「真空の開拓者――大江健三郎の「後期の仕事(レイト・ワーク)」」完結を含むブックマーク 「真空の開拓者――大江健三郎の「後期の仕事(レイト・ワーク)」」完結のブックマークコメント

 学術出版社・未來社のPR誌「未来」2015年秋号より「真空の開拓者――大江健三郎の「後期の仕事(レイト・ワーク)」」という批評の連載をしております。

 最新の2016年夏号では、その第4回、最終回が掲載されています。ぶじ完結。一年間のご愛読、本当にありがとうございました。

「未来」2016年夏号(No. 584)


星形の庭の明るい夢(1970-1989)――オペラ戦後文化論II (2)   小林康夫

民主主義の長い道程――興隆、失墜、再生そして空洞化?

マーク・マゾワー著『暗黒の大陸――ヨーロッパの20世紀』によせて   中田瑞穂

岸辺のない海――石原吉郎ノート 4 (四)単独者の祈り   郷原宏

《最終回》真空の開拓者――大江健三郎の「後期の仕事(レイト・ワーク)」 4   岡和田晃

伝統中国医学を科学哲学的に正しく理解する  中国論・論中国・On China 5   佐々木力

《リレー連載》オキナワをめぐる思想のラディックスを問う7

沖縄・全基地撤去へ渦巻く女性遺体遺棄事件の波動――辺野古新基地問題=裁判上の「和解」後の闘い   仲宗根勇

核超大国の通過儀礼  世相の森 18   町田幸彦

ドイツからみた福島原発事故五年  ドイツと私 81   永井潤子

二十周年の書物復権――いろいろ思い出すこと  出版文化再生 25   西谷能英

[新版]日本の民話 刊行中

f:id:Thorn:20160729045206j:image

f:id:Thorn:20160729045207j:image

 なお連載第1回の「付記」(「未来」2015年秋号、p.24)では、第51回群像新人賞評論部門とありますが、正しくは第52回でした。お詫びして訂正いたします。

『ウルトラQの精神史』

| 『ウルトラQの精神史』を含むブックマーク 『ウルトラQの精神史』のブックマークコメント

 彩流社さんから、小野俊太郎『ウルトラQの精神史』をご恵贈いただきました。

f:id:Thorn:20160729045205j:image

ウルトラQの精神史 (フィギュール彩)

ウルトラQの精神史 (フィギュール彩)

2016-07-14

国士舘大学アジア・日本研究センターの「Asia Japan Journal」11号に記録が掲載

| 国士舘大学アジア・日本研究センターの「Asia Japan Journal」11号に記録が掲載を含むブックマーク 国士舘大学アジア・日本研究センターの「Asia Japan Journal」11号に記録が掲載のブックマークコメント

 国士舘大学アジア・日本研究センターの「Asia Japan Journal」11号(2016年3月)に、昨年、岡和田晃がディスカッサントとして参加した「インドにおける日本研究の現在」の記録を掲載いただいています。コーディネートしていただいた目野由希さんに感謝。

f:id:Thorn:20160714112944j:image

f:id:Thorn:20160714112943j:image

「SF Prologue Wave」2016年6月20日号に仙田学「鬼門コンパ」と『エクリプス・フェイズ』情報が掲載

| 「SF Prologue Wave」2016年6月20日号に仙田学「鬼門コンパ」と『エクリプス・フェイズ』情報が掲載を含むブックマーク 「SF Prologue Wave」2016年6月20日号に仙田学「鬼門コンパ」と『エクリプス・フェイズ』情報が掲載のブックマークコメント

 最新号の「SF Prologue Wave」2016年6月20日号にて、仙田学「鬼門コンパ」の編集を担当しました。伝説のカルト映画「鬼畜大宴会」を彷彿させる光景ですが、思わぬ展開が待っています。何よりもまず、この描写の密度!


 ・仙田学「鬼門コンパ」(1)

http://prologuewave.com/archives/5464

Role&Roll Vol.141

Role&Roll Vol.141


 私は2003年、仙田さんが早稲田文学新人賞をとったときからのリアルタイムな読者でした。まだ仙田学論を書くほどの力が私にはないので、とりあえずはノートとして、私の作家観をブログにまとめています。

 もそも「鬼門コンパ」がなぜSF雑誌に掲載なの? と、疑問に思う方もいるかもしれませんが、仙田さんのスタイルの特異性は、この場所のほうがかえって見えやすくなるだろうから、という理由に尽きますね。全3回連載。お楽しみください。

 なお、仙田学さんは新作「愛と愛と愛」を「文藝」秋季号に掲載。乗りに乗っています!

文芸 2016年 08 月号 [雑誌]

文芸 2016年 08 月号 [雑誌]


 「SF Prologue Wave」には、おなじみ『エクリプス・フェイズ』情報も掲載。今回は「月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.141掲載「『エクリプス・フェイズ』シナリオ スクラッチ・インベントリー:明日の私に」のご紹介です。

Role&Roll Vol.141

Role&Roll Vol.141

 最新の更新

【ショートショート】

・「晴れ、ところにより魚」青木和

【中・短編】

・「秘め事」林譲治

・「マイ・デリバラー(9)」山口優

・「鬼門コンパ(1)」仙田学

 *仙田学氏は、このたび岡和田晃会員の推薦によりご参加頂きました。

【九十九神曼陀羅企画】 (九十九神曼陀羅についての説明は こちら)

・九十九神曼陀羅シリーズに新作が追加されました。

 (青木和/平谷美樹)

【Eclipse Phase企画】 (Eclipse Phaseについての説明は こちら )

・「月刊アナログゲーム情報書籍「Role & Roll」Vol.141掲載「『エクリプス・フェイズ』シナリオ スクラッチ・インベントリー:明日の私に」

2016-07-11

「季報 唯物論研究」135号に新作批評「African American Agaginst the Bombと運動史の陥穽、〈核〉のイメージ批判について」を寄稿いたしました。

| 「季報 唯物論研究」135号に新作批評「African American Agaginst the Bombと運動史の陥穽、〈核〉のイメージ批判について」を寄稿いたしました。を含むブックマーク 「季報 唯物論研究」135号に新作批評「African American Agaginst the Bombと運動史の陥穽、〈核〉のイメージ批判について」を寄稿いたしました。のブックマークコメント

 「季報 唯物論研究」135号に、批評「African American Agaginst the Bombと運動史の陥穽、〈核〉のイメージ批判について」を寄稿いたしました。特集枠とは別の、yuiken交差点という自由欄であります。Vincent.R.Intondiの『African American Against the Bomb』という批評の書がありますが、この本のアプローチを批判的に捉えて〈核〉をテーマに据えたSFや、竹谷悦子・山野浩一両氏の理論を援用し、運動史の記述に欠けているものが何かを考察していきます。書店では模索舎にて入手できますよ。

f:id:Thorn:20160629220458j:image

『モンロー・ドクトリンの半球分割』

| 『モンロー・ドクトリンの半球分割』を含むブックマーク 『モンロー・ドクトリンの半球分割』のブックマークコメント

 彩流社さんから、『モンロー・ドクトリンの半球分割』をご恵贈いただきました。

f:id:Thorn:20160711164147j:image

2016-07-02

「図書新聞」2016年7月9日号に「〈世界内戦〉下の文芸時評 第17回 表象の奈落を凝視し、そこから一歩踏み出す開拓文学」が掲載

| 「図書新聞」2016年7月9日号に「〈世界内戦〉下の文芸時評 第17回 表象の奈落を凝視し、そこから一歩踏み出す開拓文学」が掲載を含むブックマーク 「図書新聞」2016年7月9日号に「〈世界内戦〉下の文芸時評 第17回 表象の奈落を凝視し、そこから一歩踏み出す開拓文学」が掲載のブックマークコメント

 本日発売の「図書新聞」2016年7月9日号に連載「〈世界内戦〉下の文芸時評」の第17回「表象の奈落を凝視し、そこから一歩踏み出す開拓文学」が掲載されています。今回はバラク・オバマの広島訪問、沖縄の殺人・強姦致死事件などから始まり、以下の作品を取り上げました。

・「文學界」特集「民主主義の教科書」

・今村夏子「あひる」(「たべるのがおそい」)

・山下澄人「しんせかい」(「新潮」)

・円城塔「バベル・タワー」(「たべるのがおそい」)

・堀井拓馬「あまりに春で悲しい獣」(「早稲田文学」)

・諏訪哲史「幻聴譜」(「すばる」)

・アリエット・ドボダール「失踪した旭涯(しゅうや)人花嫁の謎」(小川隆訳、「S-Fマガジン」

 また、古川日出男「ミライミライ」、倉本聰『北の国から』、石川義正『錯乱の日本文学』、仁木稔〈HISTORIA〉シリーズにも言及いたしました。

 あまり知られていないようですが、「図書新聞」はコンビニから簡単に有償プリントアウトできますので、どうぞご利用ください。

文學界2016年7月号

文學界2016年7月号

新潮 2016年 07 月号 [雑誌]

新潮 2016年 07 月号 [雑誌]

早稲田文学 2016年夏号 (単行本)

早稲田文学 2016年夏号 (単行本)

すばる 2016年7月号[雑誌]

すばる 2016年7月号[雑誌]

SFマガジン 2016年 06 月号

SFマガジン 2016年 06 月号

『アステロイド・ツリーの彼方へ』

| 『アステロイド・ツリーの彼方へ』を含むブックマーク 『アステロイド・ツリーの彼方へ』のブックマークコメント

 東京創元社さんから、『アステロイド・ツリーの彼方へ 年刊日本SF傑作選2015』をご恵贈いただきました。ここには「SF Prologue Wave」より、林譲治さんの「ある欠陥物件に関する関係者への聞き取り調査」が掲載されています。

f:id:Thorn:20160702125027j:image