d1021の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-03-31-Sat

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

ザギトワ選手はオリンピックの前に新潟で調整を行っていた時に雑誌に掲載されていた秋田犬の写真を見て気に入り、日本の秋田犬保存会からメスの秋田犬を贈られることになりました。


贈られる犬の名前についてザギトワ選手は、「日本語で勝利を意味する『マサル』という名前をつける」と話していましたが、「マサル」は主にオスの名前になるため、どんな名前をつけるのか、さまざまな報道で話題になっていました。


そして、ザギトワ選手は、大阪で開かれるアイスショーに出演するため来日し、30日記者会見しました。会見の中で「秋田犬の名前は決まったか」と聞かれたザギトワ選手は、「今のところマサルにしている」と笑顔で答え、リンクの外でも大きな注目を集めていました。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180328#1522233671

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

https://pbs.twimg.com/media/DZiOcfFVQAET_to.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DZiOeAoU8AAPuAi.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DZiMUKNWsAEOtCj.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DZiMUPcWsAAYirt.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DZiMUOxXkAABP8H.jpg

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

https://pbs.twimg.com/media/DZkvSJZU0Ac-8MS.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DZkvSJNVMAA98v-.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DZkvSJUVwAA2fLO.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DZkvSJaVwAAAWH3.jpg

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

同じ思想。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180223#1519382951(気づかれ編み出したのがポストモダン(価値相対主義))

D

和央ようか, 宝塚歌劇団 & 花總まり「宙組 大劇場「Never Say Goodbye」」をiTunesで

[][] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

Someitmes, you feel totally isolated from others. Even your “lovers” or “wife/husband/children” don’t seem to understand what you mean to say and are wiling to do. From the depth of your heart, you can’t then help from getting angry and never stop blaming others who are, from your viewpoint, not doing the right things. Even though they tend to say, “Yes, we’re all lonving you”, you’re quite confident they aren’t, since they’re not capable of understanding you fully. Whenever you talk to them, you feel as if you talked to animals which can’t speak any languages…

You feel this loneliness, or rathr, are born to do so, because you’re extremely special.

because you’re quite sure you were born to change the world for the sake of not youself, but all the human beings.

only few people with extraordinary senses and talents can automatically grasp you’re someone extremely special. Whenever you encounter with these people by chance somewhere in the world, you’re given the opportunity for feeling a little bit satisfaction. And thanks to the network built opon this encounter, you’re stepping forward towards your vision, for the better world.

You never seek any wealth, social status, or even power. The only thing you’re keen to see and realize is the better world. The better world where everyone is allowed to live his/her own life decently.

The only way left for you to get rid of the situation is to look up into the sky and pray for the future. The feeling you have during praying must reach someone who is born to help you in the next step and will unconsciously come closer and closer to you in the very near future. Only this will change your life and make your dream true. Your dream to make the better world happen.

The entire history of the universe keeps on wathing you. Never stop loving others on the globe. It’s your destiny only YOU can enjoy. Just hold on. The day of victory you’ve been dreaming of will be soon coming.

[][] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180330#1522407944

#勉強法

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180329#1522320041(産廃土詐欺の発覚に、立憲民主党の辻元清美議員が貢献したことが、よほど許せないのだろう。)

キャリアは全体像はわかるけれど細かいことはわからない。そうすると、「悪知恵をつける」のは、意外とノンキャリアの仕事なんです。

「こういうふうにやったらごまかせますよ」とか、「この文書はヤバいから抜いちゃいましょう」というようなことは、意外とノンキャリアが言っている可能性がある。キャリアには、そこまで見えないわけです。


キャリアは圧倒的な権力を持ってはいるんだけど、細かいところはノンキャリアがサボるとできない、ということがたくさんある。だから、何か悪事が出てきたときは、ノンキャリアが相当深く噛んでいるわけ。彼らは「実行犯」として現場でやっているから、すごく自分の責任を痛感するわけです。「こんなことをやってしまった」と。

実は私、今回の文書の表紙をあるところで見せてもらったんですね。そうしたら、近畿財務局の次長までしか決裁が取れていなかったんです。近畿財務局長の決裁は取れていない。でも、近畿財務局長が知らないはずがないんですよ。


これは外務省の業界用語だから、役所によって違うので、財務省ではどう呼ぶのか知らないですけれど「ツイハイ」という言葉があるんです。

「追加配布」の略です。すなわち、ヤバい案件だから自分はサインしたくない。だから、下にサインさせておいて、コピーだけを幹部に配るんです。

それともう一つ、財務省が隠しているのは、この文書の秘密指定が何だったかということなんです。


通常この種の文書というのは、「取扱注意」──これは秘密文書ではないんですけれど、外に見せてはいけませんよということ、その次は「秘」──普通の秘密、それから「極秘」と、だいたいこの3段階に分かれるんです。


「極秘」の場合は、ひとつひとつの文書が誰のところに行っているかの記録が全部あるんです。ですから、この文書が極秘文書だった場合は、本当は誰に回っているか全部わかるので、その原簿があるはずなんです。「秘」の文書でも、配布先に関する資料はあるはずです。そこを隠していますよね。

今回は80枚のA4版の紙を配り、みんなの関心がそこに集中したわけですが、いちばん隠したい「表紙」と「配布先」に関する情報を出していないんですから、極めて悪質度が高いですね。こうした情報公開のしかたを見ても、まだ全然諦めていない。彼らは「逃げ切れる」と思っていますね。

強いて言うなら、「邦丸学園についてだけどな、特に公平にな」とか。これくらいですよ。


どうも、官邸は邦丸学園に関心があるらしい。「特に公平」にと言っているけど、そもそも「公平」なのに「特に」ってどういうことだ? とか、官僚はいろいろ考える。で、これはちゃんとやらないといけない、ということで調べてみると、どうもだいぶ近いようだと。

それと、検察につかまった時、問題になるのは「事実」だけではないんです。


ある政治家が「邦丸学園には特に公平に」と言ったという事実があるとする。それに対して、官僚がどう「認識」したか。


政治家のほうは「『特に公平に』と言っただけだから、何か特別な扱いをしろとは言っていません」と話すでしょう。でもそれを受け止めた官僚のほうは、「『公平』に『特に』が付いているなんて異常な言い方だから、優遇しろという意味に受け取りました」と「認識」を話す。そして裁判所が「評価」をする。


つまり物事は、「事実」「認識」「評価」の3つに分かれるわけです。そして、事実関係よりも重要なのは評価ということになる。


事情聴取で「邦丸前長官、これだけの騒ぎになって、国会は止まって、国際ニュースにもなっていますよ。今になって、あなたのやったことをどう思いますか?」と言われたら、どう答えますか?「今になって」と言われたら。


刑事事件では、実行した時点で違法という認識がなければ罪に問えません。その上で、「今になって」どう思うか。

たとえば、「これだけ世間をお騒がせして申し訳なく思います」と答えたとします。すると検事は「では、そう書いておきましょう。弁護士に相談してもいいですよ。これ自体は刑事責任を問われないですから」と調書に書いていきますよね。


そうしたら次は、「邦丸前長官、『申し訳なく思います』というのは、いつから思ったの?」と来ます。

「よーく考えてくださいね。実行した時にもう、心の奥底で『何かやましいことをしている』と思っていたんじゃないですか? 明確には意識していなくても、深層心理では。そうでなければ、何も悪いことをしていないのに、今になって悪いと思うはずがないでしょう?」


こういうのを「情理ある説得」と言うんです。「情理ある説得」と「不眠不休の努力」で、最終的には全面自供になるというのが、だいたいあの世界のパターンなんですね。


「情理ある説得」は今のような理詰めの話。「不眠不休の努力」というのは、ほとんど睡眠時間を与えずに朝から晩まで取り調べをする。情理ある説得と不眠不休の努力で20日間ほど攻防戦が行われる。検察に身柄を持っていかれるとこういうことになります。

逆に、「邦丸前長官、どうですか、あなたの思っていることを率直に全部おっしゃってください」と言われて、「やってないし、どんな指示もしていませんし、何も関係ありません」と答えて、検察が「はーい」と全部調書に書く。すんなりハンコも捺す。これ、何だと思いますか?


実は、逮捕状請求の準備なんです。こういう場合は、聴取を受けた他の人から「確かに指示を受けました」という調書をもう取ってある。その中で1人だけ違うことを言っていると、「こいつウソついてるから、早く身柄を拘束しなければいけないので逮捕状を出してください」ということになるんです。


言いたいことをそのまま言わせてくれたら、確実に逮捕されるということです。

https://pbs.twimg.com/media/DZiPnhLVoAAAnGq.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DZiPnhIVAAA-4Eg.jpg

自民党とアメリカのCIAと読売新聞の関係を教えて下さい。首相だった岸信介と... - Yahoo!知恵袋

他の方も回答されていますが、岸氏、正力氏がCIAエージェントであったことはアメリカの公式機密解除文書で明らかになっています。

自民党への政治献金については、すでに、1994年、ティム・ワイナーというニューヨークタイムズ記者がその存在を明らかにし、日本の新聞全紙が後追いしています。もちろん読売もです。

ワイナー氏は「CIA秘録」という著書を出版、そのなかで、自民党への秘密献金について詳細に記しています。

日本の統治構造が、そもそもこうしたアメリカの国策、決して日本を自立させない、日本政府でありながらアメリカのコントロール下におくというものであることは、元外務官僚である孫崎氏が、「戦後史の正体」で明らかにしています。

同じ外務官僚である天木直人氏が常にこの視点でブログを書いています。

戦後70年近くになろうとしながら、未だ実質アメリカの隷属下にある、それを由として依存する官僚、財界、政治家、御用機関のマスコミが支配層を形成している、それが日本の現実です。

原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書) | 有馬 哲夫 |本 | 通販 | Amazon

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180329#1522320041

#政界再編#二大政党制

[][] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

アメリカ通商代表部は30日、アメリカの貿易や投資を妨げている、各国の関税や規制を指摘する「貿易障壁報告書」を公表しました。


報告書は、中国に対して、貿易赤字が去年3752億ドルに増えたと批判したうえで、「中国の貿易慣行がアメリカにとって懸念材料になっている」として知的財産の侵害や鉄鋼の過剰生産の問題などを挙げています。


また、日本に対しては、貿易赤字が去年688億ドルに上ったと指摘し、牛肉やコメなど農産物の市場開放を求めています。さらに、「さまざまな非関税障壁によって日本の自動車市場への参入が妨げられ、アメリカ製の自動車の売り上げは低迷したままだ」と懸念を示し、日本政府に対して広範囲にわたる障壁を撤廃するよう求めていく方針を強調しました。


ライトハイザー通商代表は「トランプ大統領は外国の不公正な貿易障壁に対処する。われわれはアメリカが公正に扱われるようあらゆる手段を使う」と述べました。


来月中旬には日米首脳会談が予定されており、トランプ大統領が貿易の問題で日本に厳しい姿勢で臨むことも予想されます。

トランプの安倍排除とドル安による中国軍の近代化阻止 | カレイドスコープ

秘密裏に進められている人民解放軍の近代化を阻止することを第一の目的としたトランプ政権のドル安政策。

アベノミクスの本質は経済政策というより「ドル買い円安」によってNYダウを買い上げるための金融政策の色合いが濃い。

だから、トランプ政権は、パラダイムの転換をいまだに理解できないアベノミクス真理教の教祖・安倍晋三の排除に動かざるを得なくなった。

みーんな役者・・・新しいトランプ劇場の開幕。

オバマの「アジア・ピボット」は、中国と協調しながらアジアの覇権をコントロールしようという「中国ありき」の外交戦略でした。


これに対して、トランプのそれは、人民解放軍の強大な軍事力を背景としてアジアに勢力を拡大する中国に対して、周辺国の自立的防衛意識を高めることによって、その覇権に対抗しようという外交戦略です。

反面、米国の影響下から脱して国家としての主権を取り戻したいと考えてきた国にとっては、まさに千載一遇のチャンス到来です。


特に、フィリピンのように、長い間、ワシントンのディープステートが打ち立てた傀儡政権によってグローバリストに隷属されられてきた国家においては、ロドリゴ・ドゥテルテという革命家を生み出して「反米親中」への傾斜をいっそう加速させることになりました。

このフィリピンの歴史的大転換は、安倍内閣の「セキュリティー・ダイヤモンド構想」を破綻させました。


・・・その論文こそが、ワシントンが日本の自衛隊に「アジア版NATO」としての地位を与え、南シナ海・東シナ海を含む西太平洋の防衛構想を担わせるものだったのです。

トランプの登場によって、今まで、ブッシューオバマ路線を踏襲してきた日本政府は完全に梯子を外されてしまった格好ですが、現政権は、いまだにアベノミクスの失敗を認めるどころか、「改革は道半ば」を呪文のように繰り返しながら、出口なき日銀の異次元の金融緩和にすがり付いているのです。


アベノミクスの本質とは、日銀の量的金融緩和によって新たに生み出された膨大な日本円でドルを買い支える「ドル買い円安政策」に過ぎないのです。


・・・アジア諸国の中で、日本だけが、このパラダイムの大転換に対処できていません。

人件費の安い中国に米国籍の企業が進出する際に、中国側が条件としているのが米国の先進技術の移転と供与です。

中国は、米国企業から手に入れた民生技術を人民解放軍の近代化のために転用してきたのです。

トランプ政権が火をつけた関税戦争は、通過関税の問題ではなく、本質的には、中国人民解放軍の近代化を遅らせ、中国の覇権拡大を阻止することにあるのです。

・・・韓国が、鉄鋼とアルミの追加関税を逃れることができたのは、ぎりぎりになって米韓FTA再交渉が妥結に至り、韓国が通貨安誘導政策を取らないよう、米政府側から付属文書を押し付けられたからです。


トランプ政権は、貿易戦争を避けながら静かな通貨戦争を仕掛けてドル安に誘導しようとしているのです。


しかし、連邦準備制度には、これ以上、量的金融緩和をする余地が残されていないので、「FRBプット」は限定的にならざるを得ず、米国の金融政策だけではドル安に誘導できなくなっているのです。


したがって、韓国と同じように、日本に対する5%の追加関税措置が解除されるためには、日本政府が米国の要望である円高ドル安に協力することが前提条件になるのです。

救いがたいほどの外交オンチで、国際情勢の変化がまったく理解できない日本の総理大臣の首を挿げ替えたいと思うのは、トランプだけではないでしょう。


・・・トランプは、次に「沖縄からの米軍の撤退」を言い出すはずです。


そのとき、自衛隊を国防軍に昇格させて、地球の裏側でも戦争ができる軍隊にしようとしている我が国の首相が、実はもっとも日本の国防をないがしろにしてきた張本人であることが、国民にもやっと理解することができるでしょう。

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

熊本と宮崎、鹿児島の3県を管轄する陸上自衛隊第8師団は、今月27日、島しょ部に対する攻撃といった重大な事態に対応する高い機動力と警戒・監視能力を備えた「機動師団」に全国で初めて改編されました。


これを受けて、31日、第8師団が司令部を置く熊本市北区の北熊本駐屯地で式典が開かれ、隊員などおよそ2000人が参加しました。


式典では、防衛大臣の代理として出席した福田防衛政務官から機動師団の中核部隊として組織された「即応機動連隊」の連隊長に隊の旗が手渡されたあと、第8師団の吉田圭秀師団長が福田政務官に部隊の改編が完了したことを報告しました。


このあと開かれた記者会見で、吉田師団長は「改編してすぐに任務遂行に当たれるよう訓練を重ねてきた。南西地域の防衛における抑止力の要として、この改編を絶対に成功させたい」と述べました。


今回改編された第8師団には、戦車並みの火力を備えながら時速100キロで走行でき、空輸もできる最新式の機動戦闘車が配備され、有事の際には管轄範囲を越えて対応に当たるということです。

[][] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

3月29日から北朝鮮の首都ピョンヤンを訪問しているIOCのバッハ会長は、現地でAP通信の取材に応じました。この中でバッハ会長は、30日、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長と30分にわたって会談したことを明らかにしました。


バッハ氏によりますと、キム委員長は再来年の東京オリンピックと4年後の北京オリンピックへの北朝鮮の参加に前向きな考えを示したということです。


キム委員長は、今月28日まで中国を訪問して習近平国家主席と会談したばかりで、対外的に活発な動きを見せています。


北朝鮮としては、東アジアで開催される一連のオリンピックに参加する意向を示すことでIOCとの関係も強調し、国際社会との融和的な姿勢を印象づける狙いがありそうです。

IOCのバッハ会長は31日まで3日間ピョンヤンに滞在し、一連の日程を終えたバッハ会長を乗せたと見られる北朝鮮国営のコリョ(高麗)航空機が中国・北京の空港に到着しました。


AP通信によりますと、バッハ会長は30日、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長と会談し、キム委員長は再来年の東京オリンピックと4年後の北京オリンピックへの参加に前向きな考えを示したということです。


31日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は1面に会談の写真を掲載し、この中で、キム委員長が「凍りついていた南北関係がオリンピックを契機に劇的に雪どけしたのは、全面的にIOCのおかげだ」と述べ、ピョンチャンオリンピックへの北朝鮮選手の出場について感謝の意を示したと伝えています。

そのうえで、「IOCとの協力関係が引き続き発展することを願う」と述べて、バッハ会長が今後も北朝鮮を訪問するよう求めたとしています。


北朝鮮としては、IOCとの関係強化を図るとともに、一連のオリンピックに参加する意向を示すことで、国際社会との融和的な姿勢を印象づける狙いがあると見られます。

この中で、ムン特別補佐官は、来月27日に行われる南北首脳会談について「北との協議では、優先順位を決めなければらない。核兵器、人権、化学兵器などさまざまな問題があるが、今は核問題を優先しなけれならない」と述べ、北朝鮮に対し、非核化を強く求めていく姿勢を強調しました。


そのうえで、「北が非核化に向けた具体的な行動を見せれば、われわれも制裁を緩和できる」と述べ、非核化に向けた一定の行動があれば、国際社会に対して制裁を緩めるよう働きかける可能性を示しました。


また、ムン政権は去年発足したばかりで、まだ4年以上の任期が残っていることから、南北の首脳会談を定例化し、北朝鮮との協議を重ねることで「多くの成果が得られるのではないか」として、時間をかけて北朝鮮と交渉を行っていくことにも意欲を見せました。

これは、安保理が採択した北朝鮮制裁決議の実施状況を調べる北朝鮮制裁委員会が、アメリカ政府から先月提出された追加制裁の対象リストを検討した結果、発表したものです。


それによりますと、制裁委員会は、北朝鮮をはじめ、中国、パナマ、それにシンガポール船籍の石油や石炭を運搬する27隻のタンカーと、これらの船舶を所有する21の海運会社などが、安保理の制裁決議に違反して洋上で北朝鮮船籍の船舶に石油精製品などを積み替える、いわゆる「瀬取り」に関与していた疑いがあるとして、入港禁止や資産凍結の対象に追加指定しました。


この中には、ことし1月、海上自衛隊のP3C哨戒機が東シナ海の公海上で横付けしているのを確認した北朝鮮船籍とドミニカ船籍のタンカーも含まれています。


アメリカのヘイリー国連大使は声明を発表し、「北朝鮮への圧力を最大化し、海上での密輸を封じ込めるわが国と安保理による努力の結果だ」と述べたほか、日本の安保理外交筋も「対話が進行するこのタイミングで、安保理が圧力強化に向けた一致した意思を示せたのは大きな成果だ」と述べて、北朝鮮による制裁逃れを封じることに期待を示しました。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180330#1522407947

 河野太郎外相は31日、高知市で講演し、北朝鮮が新たな核実験に向けた準備と受け取れる動きを見せていると明らかにした。「(過去に)核実験をした実験場で、トンネルから土を運び出し、次の核実験の用意を一生懸命やっているのも見える」と述べた。米国提供の衛星画像を踏まえた発言とみられる。


 実現の見通しが立っていない日朝首脳会談について、河野氏は「日本は何もしなくていいのかという評論家がいるが、別に何もしなくても構わない」と強調。「北朝鮮から『さあ、平壌へ来てください』と言われ、みんながこぞっていくようなことになったら足元をみられる。焦る必要は全く無い」と説明した。

[][][] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

[][][] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

#ロン・ポール

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

国連では2016年、当時のオバマ大統領が主導して採択された移民支援などの国際的な枠組み「ニューヨーク宣言」をもとに、ことし9月の国連総会で初の国際規範を盛り込んだ合意文書の採択を目指しています。


このほど草案が公表され「人の移住はグローバルな時代における、繁栄と革新と持続可能な発展の源泉だ」として、移民に対して医療の基本サービスや職業訓練を提供すること、母国への送金手数料を低く抑えること、さらに集団での強制送還を禁止し自発的な帰国に向けて条件を整えることなど、22項目の目標を定めています。


合意文書の作成に向けた各国間の交渉は来月3日から国連で始まる予定ですが、アメリカのトランプ政権が交渉から離脱しているほか、ヨーロッパでも移民に厳しい政策をとる国が広がっていることから、国際社会が移民を支えていく体制を築けるかどうか、今後の議論が注目されます。

[][] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

70年前のイスラエル建国とそれに続く第1次中東戦争で家を追われたパレスチナ難民は、現在、その子孫を含めると530万人に上ります。難民はガザ地区や周辺国に分散して暮らしていて、ふるさとへの帰還は問題解決の糸口すら見つかっていません。


こうした中、30日、ガザ地区ではイスラエルとの境界付近で「帰還の行進」と名付けた抗議デモが呼びかけられ、パレスチナ人1万人以上がバスなどに分乗して駆けつけて気勢を上げました。


このうち一部の若者たちが、イスラエル軍が厳重に展開する境界付近に接近したところ、イスラエル軍は実弾や催涙弾を発射し、現地の医療機関によりますと、これまでに4人が死亡、365人が足などを撃たれてけがをしました。


デモに参加したパレスチナ人女性の1人は「70年前、ユダヤ人が世界各地から押し寄せてきてふるさとを奪われてしまった。私たちにはふるさとに帰る権利がある」と話していました。


パレスチナ側は難民の発生から70年の節目にあたることしの5月15日まで、テントを張るなどして抗議行動を続ける構えで、事態のさらなる悪化が懸念されています。

パレスチナ暫定自治区のガザ地区では30日、1万人以上の難民がイスラエルへの抗議デモを行い、一部がイスラエルとの境界付近に近づいたところ、イスラエル軍が実弾を発射して少なくとも15人が死亡し、1400人以上がけがをしました。


この事態を受けて、国連の安全保障理事会では30日、メンバー国のクウェートの要請で緊急の会合が公開で開かれ、国連のゼリホウン事務次長補は「発砲は最後の手段であり、経緯を調査すべきだ」と述べて、国連として、イスラエル軍の行為を独立した機関によって調査すべきだという考えを示しました。


また、イギリスやフランス、ロシアからイスラエル軍の発砲に対して懸念する発言が相次ぎ、スウェーデンの代表は厳しく非難しましたが、イスラエルの後ろ盾のアメリカの代表は「悪い集団が抗議を隠れみのにして暴力を振るっている」と述べて、抗議デモの側に問題があったと示唆し、イスラエルを非難する声明はまとまりませんでした。


安保理では引き続きこの問題を協議するとしていますが、事態の沈静化に向けた具体的な行動を迅速に打ち出せるかは見通せない状況です。

難民の抗議デモにイスラエル軍が発砲して多数の死傷者が出たことについて、アメリカ国務省のナウアート報道官は30日、ツイッターに「われわれは深く悲しんでいる」と書き込みました。

そのうえで、「国際社会は、パレスチナ人の生活の改善に焦点を合わせ、和平のため取り組んでいる。暴力はそうした目標のためにならない」と指摘し、緊張緩和に向けて当事者に自制を促しました。

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント

フランスのマクロン大統領は29日、シリアで過激派組織IS=イスラミックステートと戦うクルド人勢力を支援するとともに、これを自国の脅威と捉え「テロ組織」とみなして敵対するトルコとの間を、仲介する用意があると表明しました。


これに対して、トルコのエルドアン大統領は30日、首都アンカラで演説し、「トルコに仲介の必要はない。フランスの間違った態度は悲しいことだ」と述べ、フランスの申し出を拒否しました。そのうえでトルコがシリアに越境し、クルド人勢力に対して行っている軍事作戦を、範囲を広げて今後も続けていく考えを強調しました。


一方、これまでクルド人勢力を支援し、トルコと対立してきたアメリカのトランプ大統領が29日、シリアからの撤退を示唆したことについて、トルコのチャウシュオール外相は記者会見で、「アメリカの本当の目的は何か知る必要がある」と述べ、トランプ大統領の発言の真意を見極める必要があるという認識を示しました。

[] 19:41 を含むブックマーク のブックマークコメント