スマートフォン用の表示で見る

クロール

キーワードの候補

2件

1880年代、オーストラリアの現地人であったアレック=ウイカムの泳法をフレデリック=キャビル(イギリス)が改良し広め始めたのがクロールの発展の始まりと言われる。

そのクロールは1ストローク1ビートであったといわれ、その後バタ足を追加したキャビルの家系アメリカに渡りさらなる発展を遂げることとなる。

(その前1870年代に水泳指導のために訪れたトラジオン(イギリス)が手を左右交互に動かしリカバリーを空中で行う南米のぬき手泳法と、はさみ足を組み合わせ開発したトラジオン泳法というものもあったが、クロールとは別系統。)

その後1903年、幼児が這い歩く姿に似ていることからクロール(crawl)という名前が使われるようになる。

その名のとおりに左右非対称に身体を左右に揺さぶるローリングにあわせて手足を左右交互に動かす、現在最も速度の出る泳ぎとなっている。自由形というとこの泳ぎで泳ぐ選手がほとんどなのはこのためである。

また、四泳法中ストリームラインが最も効率的であるため長距離を続けて泳ぐのにも向いており、競泳で200mを超える種目があるのはクロールだけである。

クロールが日本に普及したのは、当時北海道大学予科学生であった内田正練らによる活動が発端であった。その活動は大正10年(1921年北海道大学水泳部の設立前後に活発に行われた。

(以上、http://www.hokudai.ac.jp/bureau/news/jihou/jihou0506/615_26.htmより)

競泳

「クロール」という種目は無く、自由形(フリー・Fr)が事実上クロール競技である。

  • 50mフリー
  • 100mフリー
  • 200mフリー
  • 400mフリー
  • 800mフリー
  • 1500mフリー
  • 200mフリーリレー
  • 400mフリーリレー
  • 800mフリーリレー
  • マラソンスイミング?

音楽

クロール

くろーる

DEENのアルバム。

クロール(初回生産限定盤)

クロール(初回生産限定盤)

クロール

クロール