スマートフォン用の表示で見る

マンハッタン計画

社会

マンハッタン計画

まんはったんけいかく

第二次世界大戦中に米国が行った、原子爆弾製造研究のコードネーム

ロスアラモス国立研究所の初代所長ロバート・オッペンハイマーが主導した。

この計画によって3個の原爆が製造され、そのうちの“Little boy”が広島に、“Fat man”が長崎に投下された。