スマートフォン用の表示で見る

レシチン

体内で最も多く存在するリン脂質であり、脳、神経、細胞間の情報伝達物質の原料になります。脳の働きの栄養となるものです。レシチン大豆や卵黄に多く含まれ、細胞膜の主要な成分であり、脳・神経組織や筋肉の回りを覆う物質を形成している大切な成分です。レシチンが不足すると肝臓に脂肪が溜まり、やがて脂肪肝になる恐れがあることから、コレステロール値の高い方にもオススメです。動脈硬化の予防にも効果があると言われています。ビタミンEとの相性が良いので、組み合わせて摂るのがお勧めです。