スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

レッド

れっど

ポケモンシリーズの登場人物。赤・緑・青・ピカチュウファイアレッドリーフグリーンの主人公。

マサラタウンに住んでいる少年。オーキド博士からの依頼を受けグリーンとともに旅立ち、ロケット団をたった1人で壊滅させた。

3年後の金・銀・クリスタル・ハートゴールドソウルシルバーではシロガネやま山頂で修行中。話しかければバトルすることができる。同作の真のラスボスであり、非常にレベルが高い。一度撃破した後は消えるが、ワタルを撃破すれば再戦できる。手持ちは「ピカチュウ」バージョンに準じており、同作のストーリー中で必ず入手する機会のあるポケモンを使用する。

ハートゴールド・ソウルシルバー

天気が「あられ」状態での戦闘となる。レベルが7上がり、エーフィラプラスに変わっている。

使用ポケモンLv.タイプ
ピカチュウ88電気
ラプラス80水/氷
カビゴン82ノーマル
フシギバナ84草/毒
リザードン84炎/飛行
カメックス84

攻略(HGSS)

フシギバナが「ねむりごな」を持っている以外はフルアタック構成。4匹が使用した次のターンに動けなくなる技を持っているので、使ってきたら一気にしとめるとよい。

「でんきだま」で技の威力が上がっており、一撃で倒れやすい。地面タイプを出せば電気技は無効になるので、地面タイプを先発させること。

「ふぶき」が強烈。格闘タイプだと「サイコキネシス」の反撃にあうので、電気タイプで戦おう。

HP・特防が非常に高く、格闘タイプでも一撃では倒しにくい。「ギガインパクト」が脅威だが、そのあとは1ターン動けなくなるので、そのすきに倒したい。

特防が高いので、炎・氷・エスパー・飛行タイプの物理攻撃で倒そう。「ハードプラント」に注意。「ねむりごな」で眠らせてくることもあるので、眠らされたらすぐに起こすこと。

ブラストバーン」がかなり強烈。

「ふぶき」を持っているので草タイプは危険。電気タイプの方が無難。耐久力が結構あるので「ハイドロカノン」をぶっ放してきた後を狙うのも手。

マンガ

レッド

れっど

山本直樹の漫画。

講談社イブニング」にて隔号連載中。

2010年度(第14回)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。

この物語の舞台は1969年から1972年にかけての日本。ベトナム戦争公害問題など高度成長の歪みを背景に、当たり前のように学生運動に参加していった普通の若者たちが、やがて矛盾に満ちた国家体制を打倒するという革命運動に身を投じていく様と、その行き着く先をクールに描き出す、若き革命家たちの青春群像劇である。

http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000002992

マンガ

レッド

れっど
ポケットモンスターSPECIAL (1) (てんとう虫コミックススペシャル)

ポケットモンスターSPECIAL (1) (てんとう虫コミックススペシャル)

ポケットモンスターSPECIALの初代主人公。(1〜3巻)


オーキド博士からポケモン図鑑を託され、カントー中を旅したトレーナー。

最初は熱血で元気なだけの少年であったが、旅の中で新しいポケモンとの出会いや、

ロケット団との戦いなどを経験し、成長していった。(公式HPより抜粋)


2章(4〜7巻)と3章(8〜15巻)ではサブメインキャラだった。

しかしかなり重要な役割だったと思われる。

3章では、オーキド博士によると、ポケモンバトルに長けた「戦う者」である事が判明。


2003年より小学館の学年雑誌、小学二年生で新章ファイアレッドリーフグリーン編で

再び主人公で連載中。(2006年現在小学五年生で連載中)

マンガ

レッド

れっど

日本の漫画作品。原作は山本直樹。1960年代末から1970年代初頭にかけての、日本の新左翼運動について描かれている。

アート

レッド

れっど

red

英語でいう赤色。

戦隊物ではリーダーとなるのがお約束。