スマートフォン用の表示で見る

悪魔城ドラキュラ

ゲーム

悪魔城ドラキュラ

あくまじょうどらきゅら

コナミコナミデジタルエンタテインメント)より1986年9月26日に発売されたファミリーコンピュータディスクシステムアクションゲーム。もしくは、同作を第一作目とする一連のシリーズ作品のこと。

サブタイトル等が付かない同名作品としてMSX2版、アーケード版、スーパーファミコン版、X68000版があるが、単なる移植ではなく、それぞれゲーム内容は異なる。

シリーズ解説

ドラキュラ伝説が残る中世ヨーロッパのトランシルヴァニア地方を主な舞台として、ヴァンパイア・ハンターの一族である主人公が吸血鬼ドラキュラを討伐するため、数々の怪物が巣食う悪魔城内を、敵を倒したり様々な仕掛けをかいくぐりながら進んでいく、横視点スクロールのステージクリア型アクションゲーム。攻撃はメインウェポンのムチと、短剣や聖水、十字架などのサブウェポンで行なう。体力(バイタリティ)+残機制。ゴシックホラーを基調にしたキャラクターや背景などのグラフィックデザイン、重厚かつ荘厳な音楽が特徴。全般的に難易度は高い。

当初はステージクリア型のアクションゲームだったが、『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』以降、広大なドラキュラ城の中を探索して装備品やアイテムを収集したり、敵から経験値を得てレベルアップをするなど、アクションRPG的な要素が強い作品が多くリリースされるようになった。

また、初期作品の主人公は基本武器がムチで、ジャンプ中に軌道を変更できないなど重い操作感となっていたが、作品を重ねるに連れて、ムチ以外の武器を扱い、より多彩で軽快なアクションを行うキャラクターが登場している。

1999年に発売された『悪魔城ドラキュラ黙示録』からは、フルポリゴンの3Dアクション作品も制作されている。

海外版のタイトルは、Castle(=城)とTransylvania(=トランシルヴァニア地方)を組み合わせた造語で、『キャッスルヴァニア』(Castlevania)。日本でも2002年からシリーズタイトルを海外版と同じ『キャッスルヴァニア』に改題したが、日本ではこの名前があまり定着しなかったため、2005年に再び『悪魔城ドラキュラ』へと戻された。

また、広大なステージを探索してキャラクターをパワーアップさせていくという『月下の夜想曲』以降のゲームデザイン(ジャンル)は、先駆者である『メトロイド』を組み合わせた造語で、「メトロイドヴァニア」(Metroidvania)と呼ばれている。