粟田口吉光

アート

粟田口吉光

あわたぐちよしみつ

鎌倉後期の刀工京都粟田口に住した。名は藤四郎。有国の子である国吉の弟子と伝える。生没年未詳。岡崎正宗・郷義弘と?ともに「三作」といわれる。「平野藤四郎」「一期一振」などの名物の作者で、特に短刀にすぐれた。