スマートフォン用の表示で見る

岡田尊司

一般

岡田尊司

おかだたかし

1960年香川県生まれ。精神科医医学博士東京大学哲学科中退。京都大学医学部卒。同大学院高次脳科学講座神経生物学教室、脳病態生理学講座精神医学教室にて研究に従事。

現在、京都医療少年院勤務。治療の最前線に立つ臨床家の一人である。

心のエクササイズのために、小笠原慧の筆名で小説を執筆。「DZ」で第20回横溝正史賞受賞。


著書である「脳内汚染」はゲーム脳説と同じようなトンデモ本としてネットで叩きの対象とされ、一般に注目されるきっかけとなったようです。