スマートフォン用の表示で見る

鎌倉大仏

アート

鎌倉大仏

かまくらだいぶつ

神奈川県鎌倉市の高徳院(こうとくいん・大異山高徳院清浄泉寺(浄土宗))にある大仏、金銅阿弥陀如来像のこと。高さ11.35m、重さ124トン。

歴史書吾妻鏡」などによると、鎌倉幕府の三代執権北条泰時の時代に、修行僧の沙門浄光が日本各地をまわって寄付を集め、1238年から大仏大仏殿の建立を開始。これに泰時が協力したとされている。

大仏の開眼式は、5年後の1243年。当初の木造の大仏は暴風雨で崩壊。現存するのは1252年から青銅で作り直されたもの。完成当初は全身金箔を施した姿で、現在も一部にその跡が見られる。

もとは大仏殿のなかにあったが、1369(応安2)年、1495(明応4)年の水害で殿舎が流され、今のような屋外の大仏になった。

境内には、歌人与謝野晶子大仏の魅力を詠った歌碑もある。