スマートフォン用の表示で見る

室生犀星

読書

室生犀星

むろうさいせい

詩人小説家。石川県出身、金沢生まれ。明治22年(1889年)〜昭和37年1962年)。

北原白秋の引き立てで詩壇に登場。萩原朔太郎らと交流を結び、哀愁孤独をうたう抒情詩人として活躍。のち小説に転じ、自らの苦しい半生を題材に自伝的小説を数多く発表した。代表作は詩集に「愛の詩集」「抒情小曲集」、小説に「幼年時代」「性に眼覚める頃」「あにいもうと」「杏っ子」「蜜のあはれ」「かげろふの日記遺文」等。朝湯を好んだ。