スマートフォン用の表示で見る

人的補償

スポーツ

人的補償

じんてきほしょう

プロスポーツにおいて、移籍選手の補償として、移籍金の代わりに選手を獲得すること。

FA制度の補遺的な要素として扱われる。

日本プロ野球界における人的補償について

概要

野球協約第205条の2に規定されている。

当該年度において、FA宣言により他球団に移籍した選手が存在する場合、戦力的低下の補償として、以下を要求できる。但し、ランクC*1の選手の場合2009年以降、補償を要求することができなくなった。

  • 移籍選手の年俸の60〜80%*2から最大1.5倍の金銭
  • 移籍選手人数分の選手

移籍前の球団は金銭か選手を選択する事が可能である。

通常は交渉時に希望を伝えるが、移籍前の球団が取り消さない限り、移籍先は拒否できない。

なお、移籍先の球団は、一軍登録選手の人数と同数の28人*3をプロテクトにかけることができる。

よって、人的補償要求した移籍前の球団が選択可能な選手は、

新人選手・外国人選手・プロテクト選手以外である。

日本プロ野球界の人的補償*4(太字はFA移籍・FA人的補償の両方を経験した選手)

年度FA対象選手移籍前の球団移籍先の球団補償選手
1996年河野博文日本ハム・ファイターズ読売ジャイアンツ川邉忠義
2002年前田幸長中日ドラゴンズ読売ジャイアンツ平松一宏?
2002年加藤伸一オリックス・ブルーウェーブ大阪近鉄バファローズユウキ
2006年野口茂樹中日ドラゴンズ読売ジャイアンツ小田幸平
2006年豊田清西武ライオンズ読売ジャイアンツ江藤智*5
2007年小久保裕紀読売ジャイアンツ福岡ソフトバンクホークス吉武真太郎
2007年門倉健横浜ベイスターズ読売ジャイアンツ工藤公康
2008年石井一久東京ヤクルトスワローズ埼玉西武ライオンズ福地寿樹
2008年新井貴浩広島東洋カープ阪神タイガース赤松真人
2008年和田一浩埼玉西武ライオンズ中日ドラゴンズ岡本真也
2011年小林宏之千葉ロッテマリーンズ阪神タイガース高濱卓也
2012年村田修一横浜DeNAベイスターズ読売ジャイアンツ藤井秀悟
2012年大村三郎サブロー読売ジャイアンツ千葉ロッテマリーンズ高口隆行
2013年平野恵一阪神タイガースオリックス・バファローズ高宮和也
2013年寺原隼人オリックス・バファローズ福岡ソフトバンクホークス馬原孝浩
2014年大竹寛広島東洋カープ読売ジャイアンツ一岡竜司
2014年鶴岡慎也北海道日本ハムファイターズ福岡ソフトバンクホークス藤岡好明
2014年久保康友阪神タイガース横浜DeNAベイスターズ鶴岡一成
2014年片岡治大埼玉西武ライオンズ読売ジャイアンツ脇谷亮太
2014年涌井秀章埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズ中郷大樹
2015年相川亮二東京ヤクルトスワローズ読売ジャイアンツ奥村展征

*1日本人選手の旧年俸が11位以下

*2:1度目のFA権利行使選手の場合。2度目以上は同額となる。

*3:2004年までは30人+1・2年目の選手であった。

*4:2005年、オリックス・バファローズは移籍した大村直之人的補償要求したが、後日撤回した。

*5FA移籍・FA人的補償の両方を経験した初の選手