スマートフォン用の表示で見る

長野まゆみ

読書

長野まゆみ

ながのまゆみ

作家。

1959年東京生まれ。女子美術大学卒業。

1988年『少年アリス』で第25回文藝賞受賞。

代表作『天体議会』『テレヴィジョン・シティ』『新世界』。

初期の少年たちの友情をテーマにしたメルヘン調の作品から、

中期の肉体と精神のアイデンティティーを追究したSF風の作品、

近年の同性の恋愛を軸とした現代小説までその作風は幅広い。

10代の少年たちを主な登場人物とし、小道具や設定に趣向を

凝らす耽美的な作風が、10代の少女たちを中心に支持されている。