スマートフォン用の表示で見る

壁画

アート

壁画

へきが

壁画(へきが)

建築物や洞窟の壁面に描かれた絵画旧石器時代洞窟美術に始まり,各時代,各地を通じて絵画の重要部門であった。一種の装飾が目的であったが,寺院,神殿,墳墓では宗教的意味をももつ。