スマートフォン用の表示で見る

養老孟司

サイエンス

養老孟司

ようろうたけし

プロフィール

1937年(昭和12年)11月11日生まれ。神奈川県鎌倉市出身。栄光学園高校、東京大学医学部卒。

東京大学にて解剖学者として任官。脳関係の解剖体験や脳外科的見地から、どういったことを人は考えて、それはどう現代社会に影響しているか?また、逆に現代社会がどういったことを脳に影響を及ぼし人は脳で何を考えるか?ということを発端にして、人が現代にて何を考えて、考えることでどうなっていったか?いくかを著作にあらわしている。人は人となぜ分かり合えないのか、ということの本質を突いた『バカの壁』は、400万部の超ヒット作となった。

現在、北里大学大学院教授。東京大学名誉教授。

主な著作

amazon:養老孟司

* リスト::学者::自然科学